トラベルブロガーmugiの大人女子旅ブログ「旅行鞄にクリスティ」

トラベルライター兼フォトグラファーによるラグジュアリー女子旅、ウェルネス旅行と美容の口コミレポ。 忙しい日常はちょっと見て見ぬふりをして、ご褒美旅行や偏愛コスメの世界に逃避行し元気をチャージして戻ってくる現実逃避ブログです。当ブログはプロモーションを含みます。


コントワー・デ・コトニエの2018春夏展示会に行ってきました―思いのままに試着し倒しレポ

※当ブログはプロモーションを含みます



※2018/4/13追記
インスタのストーリには一足早くアップしましたが、この記事を書いた時に欲しいと言っていたリネンのスカート、先日買ってきました!コトニエのメルマガで入荷待ちメールの人気ナンバー1アイテムと書かれていたので、これはうかうかしていたら買い逃すかもしれないと、発売開始と共に速攻買いに行きました。

コントワーデコトニエ リネンドレープリボンミドルスカート 

リネンドレープリボンミドルスカートicon

す~ごい可愛いです。厚みのあるリネンで、涼し気で活動的な素材ながら、トロンと揺れる裾が上品。裏地はついていませんが、薄目の下着なら透けたりもせずそのまま着れる。色味は、この写真よりもうちょっと黄味がかっています。

私は普段SSサイズかSサイズで、これは試着の上で34サイズを選んだのですが、店頭ではラスト1点でした(その後再入荷はあるとは思いますが)。コントワー・デ・コトニエ公式通販サイトiconでは、大きいサイズが売り切れですね。ちなみにコトニエは、一旦売り切れてもちょこちょこと在庫が復活することがあるので、こまめにチェックするとまた買えるかも。

でも全体的に品薄な感じなので、狙っている人は自分のサイズの在庫があったら迷わず買ったほうがいいと思います。
※追記ここまで


2018/01/19
先月の事ですがコントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)iconの2018春夏展示会に行ってきました。大好きなブランドなのでもう非常に楽しみに。前回は舞い上がりすぎて試着を丸ッと忘れていましたが、ここぞとばかりに試着して来ましたからね!

コトニエの服は特に、吊るしてある状態よりも着た時の方が絶対に素敵です。畳まれた状態だとテロっとしてしまって何だかわからない服が、着ると体のラインを拾いすぎない程度に流れ落ちてとても女性らしい。また、自分が買う時もネットに誰かの着用画像がないか検索しまくるので、参考になればと(というか自分のために)沢山試着し、写真に撮ってきました。

展示会なのでサイズは157cmの私には大きく全体的に合っていませんが、そこは想像力で補ってくださいw



コントワー・デ・コトニエ2018春夏コレクション


今シーズンのテーマは『原点回帰』。エッセンシャル、タイムレス、イージー、ナチュラル、フェミニニティの5つをキーワードにコレクションを構築しているとのこと。

コントワーデコトニエの2018春夏展示会

ここ数年の雰囲気とはちょっと異なり、昔からのコトニエファンからは懐かしいとの声も聞かれるようなコレクションになっているようです。

パッと目についたのがナチュラルな色遣い。中間色と言うんでしょうか、パキッとした色ではなくニュアンスカラー中心で、大地や草木、鉱物を思わせるような色合いに。たとえば、緑だけでもこんなにバリエーションが。

コントワーデコトニエの2018春夏展示会

そして素材も、そんな色に合うコットンや麻といった天然素材中心に。自然へ立ち返り、普遍的な服としての在り方を考え、そして「母と娘」という世代や時代を超えた女性ファッションというブランドの原点へ帰る、という意味の込められたコレクションになっているようです。

そんな春夏の軽やかな新作の中でも特に気になったものを、大体発売されるであろう順にザックリと並べつつ、着用画像中心でご紹介。


プリーツ


まずは春夏コレクションのの最初の方、1月2月あたりに出て来るであろうゾーンにあって、一目ぼれぐらいの勢いで気に入ったのがこの黒いプリーツドレスicon

コントワーデコトニエ 2018年春夏新作プリーツワンピース着用画像

プリーツドレスicon カラー:1色

シャツっぽい感じの前ボタンで、そこ以外は等間隔のプリーツになっています。サイズが大きめなので腕まくりしていますが、袖の長さは普通に長袖です。

コントワーデコトニエ 2018年春夏新作プリーツワンピース着用画像

ハリのある軽やかな素材なので、ウエストでキュッと縛るとそこからフワッと広がるフィット&フレアのシルエットがとってもきれい。試着室から出てくる時は、そのままターンしたくなるぐらい浮かれていましたわw たとえ黒いワンピースを既に何個持っていようとも、それはそれ、これはこれ。

※追記 このドレスについての詳細はこちらの記事で

パリジェンヌのリアルクローズ、コントワーデコトニエのプリーツドレス着てみました【ワンピース】 - ファッション

何度も何度もブログで書いているので、前から読んでくださっている方からしたらもう飽きるぐらい聞いているかもしれませんが、私のお気に入りの洋服ブランドはフランスのコントワー・デ・コトニエ。SNSのプロフ画像は、ずっとコトニエのワンピ画像ね。コトニエはフランスの...


プリーツは今期のコレクションの中で結構見かけました。

コントワーデコトニエ 2018春夏展示会
ドットプリントシフォンプリーツスカートicon 2色

細かいアコーディオンプリーツから、フレアにちかいボックスタイプまで。スカートにトップス、そして―

2018春夏新作 プリーツブラウス

バックプリーツブラウスicon

このマネキン、下がプリーツスカートなだけでなく、ハンガーにかかっているようにシャツの後ろ側もプリーツになっています。これもすごく素敵だった!これを着る時は上に何も羽織らずに着たいな~。



小技の効いた切り替え


上のブラウスのように同素材でも背面や側面が凝っていたり、一部変わり編みになっていたり、同色で異素材切り替えだったりと―

コントワーデコトニエ 2018春夏展示会

シンプルな服にさりげない小技が効いていたりするのがコトニエの服。そんな中で特に気に入ったのがこのニット。

メッシュ

リネンドレープサイドメッシュニットicon

袖の部分が一部メッシュになっていて肌が見えるようになっています。吊るしてあるのを見た時は普通に可愛いな~程度に思っていたのですが、着るとさらに可愛いんですよ。

コントワーデコトニエ 2018春夏 メッシュニット

透けて見える腕のラインが女性らしいけどそんなセクシーすぎず。また藤色というのでしょうか、この色もきれいで。

コントワーデコトニエ 2018春夏リネンスカート 着用画像

ふんわりスカートと合わせると上品な感じ。

コトニエ 麻のスカート着用画像

リネンドレープリボンミドルスカートicon

このトップスもスカートも、軽やかで涼しい素材に優しい色合い、春が待ち遠しくなるような組み合わせで大好きです。


ざっくり気取らない天然素材


上のニットと合わせた麻のスカートは、マネキンが来ていたものの色違いです。

コントワーデコトニエ 2018春夏展示会

今シーズンのキーワードの一つにナチュラル、とあるように、素材も麻やコットンといった天然素材が目立ちます。それも、目の細かいものではなく、ザックリとした素材感を目立たせ、より自然で素朴な印象の素材。例えば

コントワーデコトニエ ステッチブラウス 2018春夏新作

ザックリとした生地にステッチが効いていてかわいいブラウス。洗いざらしのようにほんの少ししわが寄っているのが味があり。気取らずに、より自然体で着られる服。

ステッチブラウス 2018春夏新作着画

ステッチブラウス 2018春夏新作着画

これも素朴でシンプルなジーンズのスカートと合わせるとぴったり。

ステッチブラウス 2018春夏新作着画

ワークデニムボタンダウンスカートicon

またこのデニムも濃色で厚みがあって、昔ながらのシンプルなデニムという感じ?なんとなくどこか懐かしいような。

コントワーデコトニエ 2018春夏新作 シーンズ ワンピース

デニムのワンピースも形がとっても可愛く、後で試着しようと思ったのに忘れてしまった。活発な印象のワンピースで、どことなくアメリカの50年代調のダイナーのウェイトレスさんの制服っぽいイメージもw すっごい好みだわ。このデニムは2月・3月ミックスゾーンあたりあった気がする。

コントワーデコトニエ 2018春夏展示会

この辺はもう4月あたりだったかな。本格的な春になるにつれて、色も明るく鮮やかに。


トラベルワードロープ


そしてそういった月別とは別に、女性にとって必要なワードロープを考え抜かれて作られた今回のコレクションには旅行用のラインが!バカンスの好きなパリジェンヌらしい。

コントワーデコトニエの旅行用トラベルワードロープ

旅行に持って行くとなるとリラックス感があり、スーツケースに入れてもしわにならず、リゾート地で映え、かつ少ない点数で着回しのできる服という、普段とはまた違った視点が必要に。。意識して選んでおかないと、いざ旅行にぴったりな服を普段着る服の中から探そうとするとなかなかなかったりするんですよね。

これも試着された方の素敵な写真が。



その他水着の上に羽織るのによさそうなガウンもあったりで、この辺はもう一式詰めて旅行に行きたいです。

コントワーデコトニエ 2018春夏 トラベルワードロープ


女性にとって本質的な服


さて、ラストにとっておいたのが、今回のコレクションの中で特に印象深かったこのワンピース。吊るしてあるのを見た時は、30代ではさすがに無理だろう…と思ったギンガムチェック。

コントワーデコトニエ 2018春夏新作 ギンガムチェックドレス

でも可愛いのでやっぱり気になり試着してみたら、意外と大人っぽく着れました。というか多分、それぞれの年代の人が着れば、それに合った着こなしができるワンピースなのだと思う。もともと「母と娘」というのがブランドテーマにあるコトニエの服では、年齢にとらわれず着たいものをきて大丈夫なんだ、と改めて感じたと共に、今シーズンのテーマもなんとなく納得がいった気がする。

コトニエの2018春夏のテーマは「原点回帰」。母と娘という、年代という枠組みを超えてどの女性にも合う自由でベーシックな服、そして時代を超え、いつまでも着れる女性のワードロープの根本的なものに立ち返る、といった意味もあるようで、聞いた時はモヤッとしたイメージしかわかなかったものの、着てみて実感できたのがこのワンピースでした。改めて、コトニエの服がやっぱり好きだなと感じた服。

ちなみに、このワンピースは藤色もあり、また同じ柄のブラウスタイプもありました。

コントワーデコトニエ 2018春夏新作 ギンガムチェック

その他にも、秋冬から人気だったホールガーメントは引き続き登場。

コントワーデコトニエ ホールガーメント
(左)コットンミックスホールガーメントリブニットicon
(右)コットンカシミヤホールガーメントロングニットicon

この秋冬に、袖口が長いリブになった恰好良いシルエットのカシミヤニットiconがありましたが↓、それと似たような袖の形で素材がコットンカシミヤになっていました。この袖の形、着るとほんと素敵なんですよ。



等々、ベーシックな必須アイテムも引き続き出てきます。気になるものは語りつくせないコントワー・デ・コトニエ2018年春夏のコレクション、上の方に上げたのは多分もうすぐ発売になると思うので楽しみです!…と終わる前に

オーバーサイズトレンチコート 着用画像

ファッショントレンチコートicon

これからの時期に大事な大事なトレンチコート。アウターについては、長くなったのでまた別記事で、年明けぐらいに。

※追記 書きました

【発売開始】コントワー・デ・コトニエの2018春夏展示会、トレンチコート・アウター編【試着画像あり】 - ファッション

大好きな大好きなパリのブランドコントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)の2018年春夏新作展示会レポート、本編は既にアップしており、こちらはアウター編です。ここ数日の寒さの山場を超え2月になれば、おそらく日差しが一気に春めいて、そうなると気になるのがスプリングコートですね。公式通販サイトを見てみると、ちょうど1/31から続々とトレンチコートが発売開始になるようです。私は展示会で一足お先に試着し写...


ブランド詳細
ブランド名Comptoir des Cotonniers(コントワー・デ・コトニエ)
創業1995年(フランス)
日本上陸2006年
公式サイトコントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)公式通販サイトicon

【コントワー・デ・コトニエ関連エントリー】
コントワー・デ・コトニエの2018春夏展示会、トレンチコート・アウター編
パリジェンヌのリアルクローズ、コントワーデコトニエのプリーツドレス着てみました【ワンピース】
コントワー・デ・コトニエ2017年秋冬展示会に行ってきました―トレンチ、マドプリュがグレードアップ、そしてSLASH販売終了
ダウン嫌いの人にもおすすめ!畳めてリバーシブルで、しかもパリジェンヌも認めるスタイリッシュダウン
コントワー・デ・コトニエの女性らしさ5割増しカシミヤニットドレス
Comptoir des CotonniersのVOGUE掲載おされスニーカーSLASH、ついにゲッート!
コントワーデコトニエで買ったリトル・ブラック・ドレス届きました
 
       
 
         
関連記事

 コントワー・デ・コトニエ,