旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


あけましておめでとうございます



あけましておめでとうございます。とご挨拶する前にさっさとLa Casta(ラ・カスタ)福袋を買った報告をするという年の明け方でしたが、改めまして本年もよろしくお願いいたします。

今年はお正月花にはピンポン菊をいけました。

ピンポン菊

さて、殆ど旅行に行けなかった一昨年の反動か、昨年は結構旅行にいく機会に恵まれ。ジェット船で行った2月の伊豆大島に始まり、3月の沖縄、5月の箱根、8月の軽井沢レンタサイクリング旅行、12月の大分と国内が5回、そして長期旅行が10月のダイヤモンド・プリンセスで行ったクルーズ旅行

改めて振り返ると国内旅行(特に九州)、そして船というこれまでほとんど縁のなかった分野を重点的に、しかも念願だった富士屋ホテルの花御殿に泊まったり夢だったクルーズ旅行が実現したりと、非常に濃い旅ができた年でした。

富士屋ホテル ティーラウンジオーキッド

が、しかしこのブログのメインテーマであるはずだった海外旅行はというと、クルーズで寄った釜山(滞在時間約6時間)のみ。クルーズ自体が海外みたいなものなので(通貨はドル、公用語は英語)、一応海外旅行と言えなくもないかもしれませんが、それにしてもこれではもう看板倒れですな。今年はもうちょっと海外旅行らしい旅行がしたい。



そして旅行記をはじめコスメ使い切りレビューやイベントレポが全く追いついておらずいろいろな記事が中途半端になってしまっていて、たまに「探したのですが続きの記事が見当たりません」みたいな拍手コメントを頂いて申し訳ないことになっていたりするのをどうにかしたい。すいません、続きの記事へのリンクがないのではなく、書けていないだけなんです…。

興味のあること何でもかんでも書き散らかさずに、今年はブログに載せることをもっと厳選してある程度リアルタイムに追いついた更新を目標にしようと思っています。

そして一番は、旅行にはやっぱり広角レンズが必要だし!と奮発して買ったものの、旅行直前過ぎて慣れないせいもありせっかくの初クルーズなのに案の定ボケボケの写真を連発してしまったOLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0を、どうにか使いこなしたい

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
レンズクリーニングキット:カメラクリーニングセット
トレー:ブラススタンドトレー

これ、広角なのにボケやすい、というのが特徴のレンズで、室内で小物撮る時やレストランで使うと雰囲気の良い背景がブワッと入るので便利かなと選んだのですが、旅行もその調子でとってしまったので、もうこんなん↓ 

ダイヤモンド・プリンセス船内写真

広角レンズは背景が広い範囲映るので、こんな風にへんな位置にある小さいものに焦点を合わせて背景をぼかしてしまうと、写真全体がぽやっとした印象になってしまうようです。

しかもなぜにこれにピントを合わせたのか、我ながらわからん。ことごとく手前のランプに焦点を合わせている妙な癖はなんなんだ。別にランプが撮りたいんじゃないんだ、船内の全体的な様子が撮りたいんだ!と後からPCに取り込んだ写真を見て思ったよね。カメラやスマホの液晶画面じゃ、ここまでモヤッとした印象になっているのが分からなかったの…。

ダイヤモンド・プリンセス船内写真

ダイヤモンド・プリンセス船内写真

”ぼかすと色々なアラが飛んで上手い人っぽく見える!”ということでやたら手前の物に焦点当ててぼかす習性がついてしまっていたようです。せっかくの船内写真が、こんな具体で背景ボケボケでひたすらランプを撮っている人みたいな写真ばっかり。使い道がないので、ここに載せて自分を慰めます…。

面倒で一度セットした設定を変えずそのままとっていたのも、大きな敗因の一つですね。いつでもF値最小。何のためのミラーレスやら。何年か前は、とにかく背景ボケた写真がとりたいんじゃ!を目標に頑張っていたような気もしますが、今年は「ボカせばいいってもんじゃない」を合言葉に、開設当初に目指した”きれいな旅行写真のあるブログ”を目標にしていきたいと思います。本年もよろしくお願いいたします。


【関連エントリー】

ダイヤモンド・プリンセスで、夢の豪華客船クルーズ旅行に行ってきました - 2017ダイヤモンド・プリンセスのクルーズ女子旅

いつかこんな体験ができたらなんて幸せだろう…と思いながらも、自分とはあまりにかけはなれた世界のことでやってみようとすら考えつかない。そんな夢のまた夢の一つが、クルーズ旅行でした。私は海外旅行のツアーの国間移動でよくあるようなほんの数時間のカジュアルなクルーズはしたことがありましたが、いわゆる豪華客船的なクルーズの経験はこれまで皆無でした。船上のプールに入ったり、夜にはフォーマルな恰好をしてディナー...

 
       
 
         
関連記事

 カメラ,,生け花,和文化,