旅行鞄にクリスティ

物語の世界へ入り込むような旅、心ときめくストーリーのある物を愛でるブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


カバーマーク フローレス フィット―隠したいものがある時のお守りファンデーション



久々にカバーマークのフローレスフィットを使ってみました。フローレスフィットは、カバー力がとても高いので、以前気に入ってよく使っていたのです。

しばらく薄付き系の仕上がりにはまっていたため離れており、薄付きのものはやはり赤みや毛穴のカバー力はほとんどなくコンシーラーなど重ねて苦労して隠していましたが、久々にフローレスフィットを使ってみるとこれだけで楽にサッと隠せるので、朝のメイクの時間のストレスがどっと軽減。コンシーラーもコントロールカラーもなしで平気。あの苦労はなんだったんだ。

カバーマーク フローレス フィット

カバーマーク フローレス フィット SPF35 PA+++
リフィル 5,400円 コンパクトケース 2,160円

このフローレスフィットはクリームファンデーションで、肌に触れると液状化し一体感を出し、また、肌から蒸散する水分を抱え込み、つけている間中うるおいを保つつくりになっています。

カラーは9色。私は標準色のFN30使用。基本的には数字が小さいほうが明るいカラーチャートになっていますが、FN20は黄みが強いため、FN30よりも暗めに感じられる色となるため、FN30が暗いと感じられる場合にはFN10がおすすめとのこと。

カバーマーク フローレス フィット

レフィルには内蓋がついて乾かないように。

カバーマークのルーツは、ニューヨークのリディア・オリリー夫人が開発した、アザ、傷痕、皮膚の変色を自然に隠す化粧品にあります。なのでカバー力は絶大だし、ヨレにくい。

特にこのフローレスフィットは濃厚なクリームタイプ。なのでしっかり付く為、スポンジにとる量はごくごく少量で、一旦手の甲で馴染ませてから顔に塗ります。顔につけてから薄くのばすのはちょっと難しいので、ここだけは気を付けたほうがいいです。少量で本当にシミもちょっとした毛穴もきれいにカバーしてくれます。

カバーマーク フローレス フィット スウォッチ

艶っぽさはあるものの、沢山つけると”化粧しています”感が濃く出てしまうため、より自然に仕上げたい時は付属のスポンジよりはブラシを使って塗る方がおすすめ。

突然の肌荒れや、頬の赤みが気になるときに、何度助けられたことか。ちょっと前に流行っていたロースキン系の仕上がりを好む人には向かないと思います。でもカバーしたいものがある人にとっては、これは本当に助かるファンデーション、お守りの様な存在ですね。


取り扱いショップ
[カバーマーク]フローレス フィット<リフィル> FN30 クリームファンデ小田急オンラインショッピング
カバーマーク フローレス フィット大丸松坂屋オンラインショッピング


 
       
 
         
関連記事

 ファンデーション,