旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


2018年11月開業決定!第2回メッツァアンバサダーミーティングへ行ってきました【metsa】


メッツァアンバサダーミーティング

2018年秋に飯能に開業予定の「metsä (メッツァ) 」 、先月第2回アンバサダーミーティングが行われたので行ってきました。以前にもチラッとブログで書いたことがありますが、私はメッツァのアンバサダーをしているのです。リンツにメッツァ等、北欧やヨーロッパ関連でいろいろ縁をもらえることが増えていてうれしい限り。

これまでもミーティング以外でちょこちょこと飯能の方でイベントはあったようなのですが、私はなかなか第1回のミーティング以外は予定が合わず、久しぶりの参加です。今回は部外秘の内容も多くかけることは少ないのですが、ざっくりとご紹介していきます。

第2回metsa (メッツァ)アンバサダーミーティング

と、その前に念のため今回も一応metsäの紹介を。ムーミンのテーマパークが日本にできるというニュースを聞いたことのある人も多いと思いますが、そのテーマパークはmetsä(メッツァ)の一部です。

メッツァは北欧のライフスタイルを体験できるメッツァビレッジと、ムーミンの物語を主題としたムーミンバレーパークの2つのゾーンから構成され、メッツァビレッジの方が今年の11月開業、ムーミンバレーパークは2019年春グランドオープン予定。

第2回metsa (メッツァ)アンバサダーミーティング

この11月開業という情報はミーティングの時に教えてもらっていましたが、公には今日2/8に情報解禁になったばかり。プレスリリースは、こちらをご参考まで。アンバサダーに決まった時はオープンまですごく時間があるような気がしていましたが、もう1年もないんですね。ドキドキです。

ミーティングが行われたのは、目黒にある株式会社ムーミン物語の本社。

株式会社ムーミン物語 本社 第2回metsa (メッツァ)アンバサダーミーティング

今年(つまりひとつ月足らず前)に移転したばかりで、まあたらしい匂いがする綺麗なオフィスです。

今回集まったアンバサダーは50人前後? アンバサダーは日本全国、北から南まで100人ぐらいいるそうで、今回も泊りがけで来られた方が多数。熱意がすごいです。

第2回metsa (メッツァ)アンバサダーミーティング

ミーティングでまずはスライドにて、現在のメッツァの工事の進み具合や、パーク内の各施設の予想図なども見せてもらいます。これはもう本当に楽しみ。

第2回metsa (メッツァ)アンバサダーミーティング

リリースが出るまで書けることと書けないことがいろいろ混ざっていて、万が一間違えるとアレなので詳細は省略しますが、単に公園にムーミン的な要素があるというのでなくて、まさにムーミンの世界に入り込んだ様なすごく本格的なテーマパークで、かつ、子どもだけでなく大人も、ここでの体験やここにいることを通して心の中に何か響くことのあり、それを日々の日常生活に持ち帰れるような、そんな特別な場所になりそうな予感がします。とても楽しみです。

また、中にはもちろんカフェやショップもあるのですが、入ってくるお店のラインナップ、そしてカフェの内装、食器等、北欧好きにはたまらないラインナップになりそうです。これはかなり期待してよいですよ!

さて、その後は各グループに分かれてブレインストーミング的なグループワークに入るのですが、その前にまずは腹ごしらえを。用意して頂いたランチビュッフェが、これ!もうこれ見てくださいよ~!

ランチビュッフェ メッツァアンバサダーミーティング

ランチビュッフェ メッツァアンバサダーミーティング

ランチビュッフェ

ランチビュッフェ メッツァアンバサダーミーティング

ランチビュッフェ メッツァアンバサダーミーティング

単なるミーティング前の軽食、というだけでこのプロデュース力。可愛い…!

この素敵なビュッフェの盛り方の正解がこれ↓

ビュッフェ

そして私のお皿がこれ…。

ビュッフェ

あまりの惨状に、一部だけ暈して写してごまかしちゃうよね。ビュッフェ形式で綺麗にお皿に盛れるスキルが欲しいわ…。

そんなことはさておき、フィンランドの郷土料理、カレリア・パイもありました。

カレリア・パイ フィンランド郷土料理

カレリアパイというのは

このパイは、もともと、フィンランド東部のカレリア地方のものです。カレリア地方は、フィンランドの国のアイデンティティとして欠かすことのできない、19世紀の叙事詩カレワラの神秘的な発祥地でもあります。

カレリア地方のパイ。コンパクトに手に収まるサイズで、口の中でとろける味。皮は、ライ麦で作られ、ジャガイモや米、ニンジンなどが詰められます。エッグ・バターを載せて食べるのが最高!

初めて食べたのですが、中にはご飯が入ってました!卵バタースプレッドを付けて食べるのが一般的だとのこと。モッチリしてて美味しい。

フィンランドの郷土料理、カレリア・パイ

ちなみにカレリアパイについて調べていたら、詳しいレシピの載ったすごい素敵なブログが見つかったのでおまけで貼っておきます。すっごいフィンランドに行きたくなるよ。

フィンランドの伝統的なカレリアパイのレシピ - SaimaaLife

カレリアパイは、その名の通りフィンランド東部のカレリア地方の郷土料理でした。そう、Saimaa湖水地方がカレリアパイの発祥地なのです。 まず初めに、ひとつお伝えしておきます!この有名で(そして最高に美味しい)フィンランドのカレリアパイの作り方は、難しくないです。見た目は難しそうですが、実際にはそうでもないので


食事の後はグループワークへ。

グループワーク

メッツァビレッジからムーミンバレーパークへ至る道のウェルカムアートについて意見を出し合い、その後グループごとの発表へ。

グループワーク

これも詳細は伏せますが、その中でどれかが実現しそうかな?

今回のミーティングのお土産に、非売品のハンカチをもらいました。

お土産

とっても嬉しい。そういえば、前回のミーティングで貰もらったIDケースは、去年のダイヤモンド・プリンセスでのクルーズ旅行でクルーズカード(船内での支払いや身分証明書として使う、乗客が常に携帯するカード)入れにしていました。

クルーズ旅行 ダイヤモンド・プリンセス

ワンピース:Comptoir des Cotonniers Vネックタイリボン付7分袖ドレスicon


船内のSPAを利用する時などはIDケースごと預けるのですが、利用のたびに毎回預けるので、10日間のクルーズの最後の方は顔を見ただけで ”ああ、ムーミンのかた…”と呼ばれるようにw 約3000人いたダイヤモンド・プリンセスの乗客の中でも、ムーミンのIDを持っていたのは私だけに違いない。ここぞとばかりに、国内外の人にmetsä(メッツァ)についていろいろアピールして来ましたよ~。

ムーミン

なお、3月には、ついにオープン場所で工事中の宮沢湖へ偵察に行って来る予定です。とても楽しみです。行ってきたらまたブログで報告します。





フィンランドから届くムーミンのベイビー・マタニティーグッズ!
 
       
 
         
関連記事

 metsa(メッツァ),アウトドア,