旅行鞄にクリスティ

物語の世界へ入り込むような旅、心ときめくストーリーのある物を愛でるブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


【ポーラ新ブランド】ディエム クルール カラーブレンドファンデーションとプライマー使ってみました


ディエム クルール カラーブレンドファンデーション

ポーラは私がここ数年ハマって、今最も信頼しているブランドの一つです。毎年個人的なベストコスメをアイテム別にブログでアップしているのですが、その中には2年連続でスキンケアのBAシリーズ、そして去年はファンデーションと、毎年ポーラはどこかしらに入っていますね。

POLAをずっと愛用している ブログ感想

ポーラの化粧品と聞くともうそれだけで信頼を感じる人は結構多いと思いますが、それは科学的な商品開発をしている、という点も大きいと思います。なんといっても日本では数少ない独自の研究所を持っている化粧品メーカーであり、独自の研究結果から理論を作り、それに基づく成分を開発できるメーカー。

美容雑誌等の商業的な賞の常連というだけでなく、世界中の化粧品技術者・研究者がその場で発表、受賞をすることを目指す「IFSCC (国際化粧品技術者会連盟)」で何度も最優秀賞を受賞している世界的に認められた肌科学研究機関でもあります。

毎回ポーラのプレスリリースを読むたびに感じるのが、「研究によって色々な肌に関する悩みの原因に〇〇があることを突き止め、そこから××理論を立て△△という成分を開発した」という流れの、非常に科学的・理論的な発表になっているということ。辺境の地で採れる聞いたこともない”希少な”植物をとりあえず配合してこれで肌にハリと艶を…みたいなふわっとした商品説明とは、説得力が段違いなわけですよ。

そういった理由から、以前からブログで何度も書いているのですが私はまずスキンケアでどっぷりとポーラにハマり。こちら↓の記事でもポーラについて熱く語っているのでご参考まで。セラムレブアップ、ものすごく良いです。

私がPOLA(ポーラ)B.Aセラムレブアップをずっとリピートしている理由 - スキンケア

POLA B.A の美容液セラム レブアップ、使い切ったのでリピートしました。これもう何本目になるかな。私の最愛の美容液です。いま一番好きなスキンケアブランドであるPOLA(ポーラ)の中でも、一番好きなアイテムで、改めて振り返ると最近ここまでリピートしているアイテムは無いと思います。これを使い続けてちょうど1年ほどたったので、改めてリピートして使い続けている理由を考えてみました。ポーラ最高峰ブランドらしい極上の...


で、そういったポーラの肌の研究は、スキンケアだけでなくメイクにも遺憾なく発揮されているんだということが昨年の私のベースメイクのベストコスメであるB.A クリーミィファンデーションMを使って分かって、ポーラのベースメイクにもハマりつつあるところに発表されたのが、これです。

ポーラからこの春新ブランドが登場、ファンデーションとプライマーが発売されたのです。

ディエム クルール カラーブレンドファンデーション

これフェイスパウダーのように見えますが、ファンデーションなんですよ!もうこのビジュアルを見ただけでワクワクしますね!ポーラのモニターに参加し、発売前に使わせてもらうことが出来ました。



ポーラの新ブランド「ディエム クルール」


新ブランドの名称はディエム クルール。「ワタシを遊ぼう。」というキャッチコピーの元、20代後半から30代をターゲットに、ポジティブで高感度な女性に向けて展開されます。ということで、高級感が溢れるPOLA B.A ベースメークシリーズとはガラッと違った、パステルカラーでカラフルな色遣い。

ディエム クルール カラーブレンドファンデーション

ファンデのケースは淡いピンク。しかもひと面がパステルブルーになっていたりとポップな、でもPOLAらしい上品さもあるパッケージ。そして中身は上に乗せた通りのカラフルなファンデーション。

多彩な色の世界が、感受性のスイッチをオンにする。”ということで、どうやら色がキーになったブランドのようですね。

商品ラインナップは、この2点。

ディエム クルール カラーブレンドファンデーション

ディエム クルール カラーブレンドファンデーション
ディエム クルール プライマーL(化粧下地)


ディエム クルール プライマーL(化粧下地)の特徴・感想


ディエム クルール プライマーL(化粧下地)

25g ¥5,000( 税込¥5,400)
SPF37・PA+++
すりガラスのように素肌の質感を整えながら、透明感のある肌を演出する化粧下地。気になる特徴は2点。

  • ラスティングポリマー配合で、その名の通りカラーブレンドファンデーションの仕上がりを高め、透明感・奥行き感のある肌を持続。

  • 光を多角的に拡散させるニュアンスブライトリング粉体により、素肌をカバーするのではなくソフトフォーカスし、素肌そのもののような自然なツヤ感を与える処方を採用

ディエム クルール プライマーL(化粧下地)

ピンクなので透明感が出るのですが、色でカバーというよりツヤ感でアラをとばし透明感を出してくれるような印象です。この辺は、後半で紹介するファンデーションと似た仕上がり。色でガッツリカバーしてしまうタイプの下地だとあのファンデーションの特徴を活かせずきれいな仕上がりの邪魔になりそうなので、あのファンデを使うならこの下地はセットで使ったほうが良いと思う。

その他も保湿成分配合で、 肌のうるおいを守りながら美しい仕上がりが続く処方になっています。そうそう、この下地に限らずポーラのベースメイクは、さすがポーラというべきか使っていて乾燥しないんですよね。

さて、下地を付けたら、いよいよファンデーション。


ディエム クルール カラーブレンドファンデーションの特徴


ディエム クルール カラーブレンドファンデーション

ディエム クルール カラーブレンドファンデーション
4色 各8g ¥5,300(パフ付き、ケース別売) SPF23・PA+++
ディエム クルール カラーブレンドファンデーションケース¥1,200

プレイフルピンク、ウォームイエロー、プリムグリーン、ピュアブルーの4色がモザイクのように詰まったこのファンデーションは、「素肌そのものがキレイと感じる肌色」を表現するために色彩効果に着目し開発されたものです。私はN3、標準色を使用。

ポーラR&M研究所では素肌を解析した結果、綺麗な素肌はばらつきのあるカラフルな肌色で構成されている(つまり肌色の均一化=きれいな肌ではない)ことを発見。この辺の研究の詳しいことはこちらのリリースに載っているので、気になる方はご参考まで。

進出・後退色を組み合わせた4色のカラフルなファンデーションで、「素肌そのものがキレイ」と感じるカラフルな肌色を表現。点描画のように肌の上にのることで、独特の透明感とやわらかな奥行き感のある肌を演出するファンデーションになっています。


使い方


見た目が変わったファンデは、やはり使い方もちょっとかわっています。付属のパフは、スポンジ面と起毛面の2wayになっており。

  1. パフのスポンジ面を、ファンデーションの上で直線にすべらせる(円を描いて取らない)
  2. パフに虹色のように不着しているのを確認。
    ディエム クルール カラーブレンドファンデーション
  3. そのまま頬にすべらせる(頬が虹色に)
  4. そんな感じで広い部分から外側に向かって伸ばし、虹色が肌色になったら塗布完了
  5. 好みで、ツヤを出したい部分をパフの起毛面で軽く円を描くようにみがく


仕上がりと感想


ということで、円を描いて混ぜて取るのではなく、縦に虹色になるようにスポンジにとってそのまま肌に伸ばします。

ディエム クルール カラーブレンドファンデーション
※この写真は、虹色が分かりやすいように彩度強めに加工しています

肌も虹色に。きめ細かな粒子がふわっととしたスポンジについて、溶けるように肌に伸びます。

これを内から外に何度も付ければ混ざって肌色になるわけですが、実際に塗っていると肌色を塗っているという感じがしない。塗った後のスポンジや、落とした後のコットンを見れば肌色なので、混ぜれば肌色なのだとは思いますが、体感的には肌に色がのるというより明るいベールをかけたように感じます。塗った時ののっぺり感がない。

ディエム クルール カラーブレンドファンデーション

これだけ薄付きで、伸ばしたあとは写真には全然写らず、付けているのかつけていないのかわからないぐらいなのに、でもなぜかアラはカバーされるのが不思議です。特に毛穴とくすみ。ただし、私は濃い目のが無いのでわかりませんがシミは別途コンシーラーが必要だと思う。フルカバレッジのファンデを望む人には、これはしっくりこないかも。

一言で表すと紗をかけたようなふわっと明るい肌。でもそれだけだと魅力を言い表せず、素肌っぽいといっても、決してカジュアルな仕上がりではなく上品さがあり、でも上品肌の代名詞のしっかりマット肌ではなくごく軽いマットで、明るくみせるといってもいっても白浮きはせず。なんともこれまでのファンデとはちょっと違う仕上がりです。さすがポーラ、期待を裏切らない。そして見た目にメイク塗りました感がなく時間がたってもきれいです。

私はこれまでパウダーは結構粉っぽく乾燥するのとカバー力がないのが気に入らないことが多くあまりチェックしていなかったのですが、この仕上がりは見方が変わりましたね。しかもパウダーだから手軽で肌負担感がない。これはちょっと乗り換えたくなりました。今愛用している同じくポーラのB.A クリーミィファンデーションMは作り込んだ端正な肌、という仕上がりに対し、ディエム クルール カラーブレンドファンデーションは健康的で透明感があり輝く肌、という印象。これからの季節はこのパウダーをメインに使っていこうかな。

ポーラの新ブランド「ディエム クルール」は3月1日、あさって発売開始です。
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

【POLA】公式通販サイト


【ポーラ関連記事】
■私の中でこの数年ずっと美容液のベスト、POLA(ポーラ)B.Aセラムレブアップについて。ポーラB.Aを試すなら、まずはこれから始めるのをお勧め。

私がPOLA(ポーラ)B.Aセラムレブアップをずっとリピートしている理由 - スキンケア

POLA B.A の美容液セラム レブアップ、使い切ったのでリピートしました。これもう何本目になるかな。私の最愛の美容液です。いま一番好きなスキンケアブランドであるPOLA(ポーラ)の中でも、一番好きなアイテムで、改めて振り返ると最近ここまでリピートしているアイテムは無いと思います。これを使い続けてちょうど1年ほどたったので、改めてリピートして使い続けている理由を考えてみました。ポーラ最高峰ブランドらしい極上の...


■昨年のベストコスメのファンデーションには、POLA B.A クリーミィファンデーションMを入れました

質重視で試した2017年の個人的ベストコスメ ―メイク、スキンケア、ボディケアコスメ編全部まとめて - 美容法・美容全般・セール

その年使ったコスメの中から個人的なベストを選ぶという、毎年やっている個人的ベストコスメの2017年版です。雑誌等のベストコスメはその年に新たに発売されたものを選んでいますが、私的なものなので今年の発売されたものだけにこだわらず、使ったコスメの内最も気に入ったもの...



 
       
 
         
関連記事

 ポーラ(POLA),