旅行鞄にクリスティ

物語の世界へ入り込むような旅、心ときめくストーリーのある物を愛でるブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


お手頃価格のヴェレダの日焼け止めがリニューアル!エーデルワイス UVプロテクト使ってみました


ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

ヴェレダの日焼け止め「エーデルワイス UVプロテクト」が、2/20にリニューアルして登場しました。これは日本限定で販売されているものです。

夕方になってもしっとり感が持続する日やけどめになり、かつお手頃価格は継続とのことで、早速試してみました。これは特に乾燥肌の人にぴったりな日焼け止めですね。



オーガニックの元祖、ヴェレダ


ヴェレダは、ニールズヤードやジュリークといった他のオーガニックコスメよりも何十年も早く、1921年にスイスで誕生したオーガニックブランド。ナチュラル・オーガニックコスメブランドのパイオニアであり世界50カ国以上販売されています。

WELEDA(ヴェレダ) 比較ブログ

ヴェレダを創始者は、いろいろなオーガニックブランドのフィロソフィーの中でも度々出てくるシュタイナー博士、そしてオーガニックブランドを調べていると良く出てくるバイオダイナミック有機栽培農法というのはそのシュタイナーやが考案したもの、といったように今数多くあるオーガニックブランドの源流の様な存在がヴェレダです。

100%天然由来成分のネイトゥルー認証(主なオーガニックの認証の一つ)のボディケアやスキンケア化粧品を開発、バイオダイナミック有機栽培農法を基本に、高品質な自然の恵みを使って自然化粧品を作っているブランドです。


エーデルワイス UVプロテクトについて


ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト
50mL ¥2,484(税込)
90mL ¥4,104(税込)

日本限定の日焼け止め(顔・からだ用)。
柑橘系の爽やかな香り、すっとのびて肌にフィットするテクスチャー。紫外線をしっかりと防ぎながら*、エーデルワイスを中心とした植物エキス(保湿成分)が乾燥ダメージを受けた肌をしっとりと包む込み、キメを整えます。石けんで落とせます。



特徴


エーデルワイス UVプロテクトの主な特徴をあげて見ると以下の通り。

  • 紫外線散乱剤の酸化チタン使用
  • SPF38、PA++
  • しっとりタイプの高保湿日焼け止め
  • デリケートな敏感肌や、赤ちゃんにもつかえるやさしい使い心地
  • 白浮きせず、化粧下地にも使える薄ベージュのクリーム
  • 石鹸で洗い流せる


ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

SPF値や使用感、そして石鹸で洗い流せるという特徴から、アウトドア等ではなく日常使いにちょうど良さそうな、マイルドな使い心地の日焼け止めです。クリームタイプではなくゆるい乳液状で、するすると伸びます。

これもネイトゥルー認証を取得しており、合成保存料、合成香料、鉱物油不使用で天然由来成分100%。色付きタイプで、顔・体両用で使えます。

なお、使用期限は開封後の場合3~4ヶ月なので、ワンシーズンで使いきる必要がありますね。


リニューアル前の物との相違点・比較


リニューアル以前のものと比べて見ると、まずSPF値がちょっと高くなっています((SPF33⇒SPF38)。そして植物成分があらたに加わり、保湿成分が1.3倍に増量になっているところが大きな相違点。

夕方になってもしっとり感が持続するよう、肌の水分蒸発を防ぐ植物オイルと植物エキスの配合率を見直したとのこと。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

かなりしっとりするタイプの日焼け止めになっています。日中用乳液のカテゴリーに入れてもよさそうな保湿感。でもベタつきはさほどでもなく、また被膜感もなし



オーガニックの日焼け止めで気になるあれこれ


さて、オーガニックの日焼け止めを使う時に気になるのが

・白浮き
・ベタつき
・におい
・汗水に弱い

このあたりだと思います。

順にみて行くと、まず白浮きについてはほぼ気にしなくていいと思います。白浮きしがちな酸化チタンの紫外線散乱剤を使っているとは、わからないぐらい自然な色味。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト 実際に使ってみた

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト 使用感 白浮き加減

ほんのちょっと塗ったところと塗らないところに境目が分かる程度で、顔に使っても上からメイクすれば顔のみ白いということは全然感じず。

色付きで下地としてもつかえるとのことで、実際に下地として使ってみると、シミや色ムラをカバーする程の補正効果はありませんが、くすみを飛ばして若干肌に透明感がでるような仕上がりです。

べたつきについてはやはり多少はあります。ですがケミカルの使用感の良さにはかなわないものの、オーガニックの日やけ止めにしてはべたつきは抑え目。上からパウダータイプのファンデーションやお粉を付ければ、下地としてもちょうどいい具合に。

ただ、混合肌の私がリキッドタイプのファンデーションの下地として、真夏に顔に使うにはちょっと重く感じます。Tゾーンは崩れやすいかな。なので私は主に体に使用していて、顔にはメイクするほどでもなくちょっとそこまで出かけたい時メインで使っています。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

また、ウォータープルーフではないので、汗水に対してはさほど強くない気がします。試しに水洗いでしばらく流すと、肌の上にキュキュッと残っている感触はしますが、玉になって水をはじいたりはせずちょっとずつ溶けだしているような。

香りは少し強め。顔周りでこの強さは好みが分れるかもしれません。ただ日焼け止め独特のにおいではなく、柑橘系なので個人的には結構好き。


この日やけ止めが向いている人、お勧めの使い方


ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

ということで、この日やけ止めは特にこんな人↓に特に向いていそう。

  • 日常使いにようどよい、被膜感なく石けんでおちる使い勝手の良い日焼け止めを探している
  • 柑橘系の香りが好き
  • こまめな塗り直しのできる人
  • 顔に使う場合は乾燥肌の人向け


また、ちゃんとしたオーガニック認証を受けている日やけ止めでこの価格というのはかなり安い方だと思います。せっかく肌に良いものをオーガニックを選んでも、価格が高いとどうしてもついケチってしまって充分な日焼け止め効果がなくなってしまい結果肌に悪いことになってしまうので、こういうけちらず使える価格という点も結構重要。

赤ちゃんでも使えるぐらいマイルドな使い心地なのも相まって、日常的に気兼ねなく使えるオーガニック日焼け止めですね。

ヴェレダ エーデルワイス UVプロテクト

※2018/08追記 この日やけ止め、気に入ったので使い終わってからまたリピートしました↓

ヴェレダの日焼け止めリピートしました -エーデルワイス UVプロテクト - ボディケア

石鹸で落とせ、使い心地の良いオーガニックの日焼け止めということで、今年の4月あたりから気に入って使っていたヴェレダの日焼け止め「エーデルワイス UVプロテクト」、2つ目リピートしました。これは今年の春にリニューアル発売したものですが、リニューアル前からもちょくちょくその評判の良さは目にしていて気になっていたものです。ちなみに8月7日放送の『ヒルナンデス!』の『気になるカバンの中身覗くンデス』にて、 モデル...


【関連エントリー】
初めてヴェレダを使う人におすすめのヴェレダアイテムとおすすめしないアイテム―どれを使ったらいいか迷ったらこれ
ヴェレダのバスミルクミニセットでWELEDAのバスミルク5種類試してみました―外れのない女性向けギフト
泡立たず長時間磨けるオーガニック歯磨き粉、WELEDA(ヴェレダ)歯みがきハーブ 

メルヴィータのブースター「光のオイル」今年限定バージョン使ってみました ―ネクターブランウォーターオイルフレッシュデュオ
日焼け止めの絶対条件 ―琉白ビューティーセミナーと月桃UVボディヴェール
福袋並みのお得感!ETVOSミネラルファンデーションスターターキット ―エトヴォスでファンデを買う気ならまずこれを買え!というキット


 
       
 
         
関連記事

 オーガニック,メイク下地・日焼け止め,