旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


ロサンゼルス&ラスベガス旅行 ファッション・服装編


ロサンゼルス&ラスベガス旅行中のファッション、参考までに着ていたものをいつもどおりご紹介…なんですが!

この2カ月後に行った香港旅行記の時も書きましたが、この年は前年末に発覚したバセドウ病の治療で体重増がものすごいことに。バセドウ病は代謝が良くなりすぎるので食べても食べても異様にお腹が減って体重が減るのですが、治療を始めると当然のことながら代謝が元にもどったり悪くなったり、加えて食欲の方は戻りが鈍いため、当然のことながら太ります。2011年はベトナム&カンボジア、ロサンゼルス&ラスベガス、香港と海外旅行三昧だったのですが、体重を戻すのに1年以上かかり、せっかくの旅行なのに写真はどれも封印したいものばかり。そしておそらくこのロサンゼルス&ラスベガス旅行中が体重MAXで、発病前プラス10㎏(発病後に-2・3㎏減ったので、合計すると10㎏以上)いって、増えた体重に合わせて服を買うのが嫌だったので、オシャレやら気候やら旅行に便利やらよりも何より、まず手持ちの中で体が入る服という観点で選んでいるため、旅行中の服装としては参考なるかどうか。上着はどうにかなってもパンツ類とかことごとくアウトで…。

さて、前置きが長くなりましたが、旅行で着ていたものです。


海外旅行街歩きかばん
まずは街歩きかばんは、なぜかよく出てくるグッチのレザーショルダー。ガイドブックとペットボトルが入る大きさだけど、重いし、口がチャックで閉まらないので飛行機内で足元に置くと中身が出てしまう、そして何よりも減点ポイントはスリ対策ができない、よって海外旅行には向かないのに。そしてなぜかいつもアメリカ行く時(ハワイ2回)に持っていっている。特別アメリカっぽくもないのに。

でもまあ、海外旅行時での私の最大の服選びポイント、仕事で着れない(持てない)服・鞄というのは満たしてはいる点が高利用率の所以か。



機内持ち込みバッグもいつものこの子↓。「海外旅行に持っていくバッグの選び方」にも載せた愛用品。下の写真は私が買った時とは、若干色遣いがリニューアルしているようですが。かわいいので、3日目ゲティーセンターへは、この子を街歩きバッグにして持って行っています。お気に入り。


初日 飛行機搭乗時のファッション
2005_0101_000000-P10400031.jpg

 トップス:ユニクロのCath KidstonコラボTシャツ
 カーディガン:ユニクロ
 ボトムス:REAL CUBE ZIPデザインステッチボーイフレンドチノ



いきなりユニクロ2連発。まだまだ続くよ!
そして映ってないけど、下はボーイフレンドチノ(2日目の写真と一緒)。ボーイフレンドタイプで腰履きなので、飛行機内も楽ちん、そして緩めなので太っても履けた、というか緩すぎて太い時期しか履けなかった。今はぶかぶかで無理です。でもボーイフレンドチノ便利だったので、今は似たようなデザインでサイズの合うものを買って旅行に履いています。

2日目9月16日 ロサンゼルス、グリフィス天文台観光
2005_0101_000000-P104004611.jpg

 トップス:Selectshop mahna mahnaオリジナルカットソー
 インナー:無印良品のブラトップみたいなやつ
 カーディガン:ユニクロ
 ボトムス:REAL CUBE ZIPデザインステッチボーイフレンドチノ
 靴:いつもの Marie femmeのゴールドサンダル



分かりづらいけどトップスはいつものもSelectshop mahna mahnaの今は無きオリジナルカットソー。着るだけでこなれ感が出て、しわにもなりにくいし、旅行にも普段にも優秀な子で、色違いで揃えた大のお気に入り。旅行には大体1点はかならずSelectshop mahna mahnaオリジナル商品があるw

カーディガンとボトムスは1日目と一緒。

サンダルは、おなじみいつもの Marie femmeのゴールドサンダル。いつも旅行中のドレスアップ兼街歩きで活躍しているやつ。ドレスアップの予定は無かったけど、街中の観光だしきれい目な格好にするか、とこれにした気がします。安物ながら1日歩いても疲れない優秀ヒール靴。

3日目9月17日前半 ゲティ・センター、ショッピング

2005_0101_000000-P1040266 - コピー

 トップス:QUEENS COURTの半そでアンサンブルのノースリーブだけ
 羽織もの:ユニクロパーカー
 ボトムス:ユニクロカーゴパンツ



Oh…!上下ユニクロ。そんなんに合わせたインナーは、QUEENS COURT(クイーンズ コート)のインナー。全然見えないけど、ピーチオレンジで色がかわいかったので。

ユニクロのカーゴは普通に外出着として売っていたけど、いやいや外出着にしちゃユニクロ感があって恥ずかしい、でも部屋着ならいけるか、と思い部屋着用に買って部屋着として着古していたもの。でもそんなんしか脂肪の事情で入らなかったので、開き直って外で着てみました。腰が紐で縛るタイプなのでどんなに太っても大丈夫w というか、痩せた今はぐいぐい締めないとずるずる落ちてきます。そして限界まで締めるとトイレのたびに締めなおさなければならなくて面倒ではある。でも取りあえず今も履けるし、汚れても平気だし山系のアクティビティにも履けるしカジュアル服に合うし、海外ならこれで外出も平気かな、と意外と海外旅行に重宝している。

でも国内ではとても履けません。ユニクロの、特にボトムスは外出時に着るには日本国内だと厳しい事が多い気がする、質感やシルエットが、ああユニクロだなという感じで。日本ではみんな格好がきれい目だから。と、こんなに毎回旅行でユニクロを着てるユニクロフリークの私が言うのもなんですが。

9月18日後半は、写真はありませんが、ワンピースにヒールサンダルに着替えて、Lawry's The Prime Ribにプライムリブを食べに。


4日目9月18日 サンタモニカ、ラスベガスへ移動
2005_0101_000000-P10403241.jpg

 トップス:ユニクロのCath KidstonTシャツ2
 羽織もの:ユニクロパーカー2
 ボトムス:BIGJOHNJEANSで買ったGEORGIA LOVEのショートパンツ
 スニーカー:オニツカタイガー メキシコ66


ちょっと!さっきあれだけユニクロ馬鹿にしてて、ユニクロばっかじゃないですか、やだ~。酷いことになっています。1日1ユニクロどころじゃないです。 トップスは1日目とは別物です。Cath Kidstonコラボは型違いで結構買いました。ユニクロのパーカーも、3日目のパーカーと色違い素材違いのものです。

ボトムスはいつもの。いつもの、なのに体が入ったのか?はい、入ったんです。サイズが大きいので、普段水着の上から履いていたので。でもこの時はジャストサイズですな。

4日目9月18日後半 シルク・ ドゥ・ソレイユ観賞
2005_0101_000000-P1040484 - コピー


ワンピース:STRAWBERRY-FIELDSのラメワンピ
羽織もの:ZARAのフリルカーディガン
ポーチ:カンボジアで買ったシルクサテンバッグ



夜には着替えてシルク・ ドゥ・ソレイユ。ワンピースは、この間ブランディアに510円で売った(⇒ブランディアにいらないブランドバッグ・服を売ってみる参照STRAWBERRY-FIELDSのラメワンピです。かわいかったので着る機会があってよかった。

ポーチは、「海外旅行に持っていくバッグの選び方」でもホテル内用ポーチとして載せた、カンボジアで買ったピンクのシルクサテンのバッグ。写真だと分かりづらいけど、シルクだし挿し色になって華やかで良い。シルク・ ドゥ・ソレイユは泊っていたベラージオで見れたので、こんな小さいバッグで充分。

なお、シルク・ ドゥ・ソレイユ「O」を見に行く人には、もっと厚着をお勧めします。冷房でかなり寒いです。

5日目9月19日 グランドキャニオン
2005_0101_000000-P1040519 - コピー2

 トップス:alternative apparelのTシャツ
 インナー:ユニクロ
 ボトムス:ユニクロカーゴパンツ
 スニーカー:オニツカタイガー メキシコ66


またまたユニクロに逆戻り。パンツは3日目と一緒。

6日目9月20日 ショッピング
2005_0101_000000-P1040714 - コピー

 トップス:ベトナムのememで買ったいつもの
 インナー:ユニクロのブラトップ
 ボトムス:BIGJOHNJEANSで買ったGEORGIA LOVEのショートパンツ


これはいつもの組み合わせなので説明省略。

ブラトップは、露出が多くて海外で着たい服の下に着るのにちょうど良くて便利なので、かさばるけど旅行時必ず1枚は持って行くんだけど、この年(だかもっと前に買った)のユニクロのブラトップは、胸下がきつくて喰い込んで失敗だった。でも今年(2014年)買ったエアリズムタイプのは喰い込みもなく快適。

最終日 帰国
2005_0101_000000-P1040731.jpg
 ワンピース: OZOC



飛行機に乗るので、楽で丈の長い格好が必須。ということで、 OZOCコットンロングワンピ。ジャージ素材で全身締め付け感ゼロで楽ちん、しわにもなりにくい。いつ買ったんだか記憶にないぐらい昔に買ったワンピで、最初はもう着ないし捨てようと思っていたのですが、海外旅行にジャージ素材ロングワンピが便利なことに気づいてからは復活しました。こういうことがあるとなかなか服が処分できない…。なお、飛行機ではもちろん上着羽織ってます。


…あれ、おかしいな。太って服装に苦労したはずなのに、あらためて見るといつもの服が多いわw 今も海外旅行中に良く着るやつばっか。旅行中はカジュアル楽ちん服を選びがちなので、太っても入る余裕のある服は結果的に定番化したんでしょうね。

ファッション通販サイト MAGASEEK

 FOREVER 21 Japan
 
       
 
         
関連記事

 旅行ファッション,海外旅行ファッション,ロサンゼルス,ラスベガス,バセドウ病,