旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


現地宮沢湖を偵察!第3回メッツァ アンバサダーミーティングへ行ってきました【メッツァビレッジ・ムーミンバレーパーク】


宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

先月末に、第3回メッツァ アンバサダーミーティングへ行ってきました!

ムーミンのテーマパーク等を含むmetsä (メッツァ)のアンバサダーとしての活動、第3回目の今回は11月のオープンに向けて現在建設中の現場に実際に赴き、そのついでに飯能市の名所を回るというツアー形式。バスを貸し切って、さながら大人の遠足のような感じで行ってきました!

一度オープンの時期が延期になったので、工事の進行状況がどうなっているのか気になっていた方も多いと思いますが、現在の宮沢湖の様子を偵察しつつ飯能の自然やムーミンとの縁を写真に収めてきたので、今回は写真メインでレポートします。



metsä (メッツァ)とは


まずメッツァについて、既にブログでは何度も紹介していますが、検索でくる方もいるので再度ザックリと説明を。metsä (メッツァ)というのは埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに開業する、北欧をテーマとするパークです。

第2回metsa (メッツァ)アンバサダーミーティング

無料で入れ北欧のライフスタイルを体験できるメッツァビレッジと、フィンランド以外では初となるムーミンのテーマパークムーミンバレーパークの2つのゾーンで構成。メッツァビレッジの方が今年の11月開業、ムーミンバレーパークは2019年春グランドオープン予定です。

ということで現在絶賛工事中の現地宮沢湖へ、初めて行ってきました。


絶賛メッツァ建設中の、宮沢湖視察


まずは飯能駅に集合、大の大人50名ぐらいでバスを貸し切って、遠足気分で宮沢湖へ出発!

第3回メッツァ アンバサダーミーティング

駅からバスで…10分ぐらいだったかな?目的地へ到着。

今回はパークの入り口ではなく、大きな桜の根元に繋がる小道から入ります。青空に桜がとても映える、絶好のお散歩日和。

第3回メッツァ アンバサダーミーティング 宮沢湖視察

湖の周りにぐるっとできるmetsä(メッツァ)は、まだ工事の真っ最中です。

宮沢湖 桜 メッツァビレッジ ムーミンバレーパーク

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

この辺が入場料無料で入れるメッツァビレッジの、レストラン棟や催事スペースができる場所だったような気がする。

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

広い湖の対岸から見ているので、工事現場も大きな自然に紛れてとてものどかな風景です。こんな景色を横目に見ながら、湖の周囲にある遊歩道を歩いていきます。

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

列になって歩いて行く様は、まさに遠足。

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

遊歩道に入ると、背の高い木々に一斉に囲まれます。自然にスッポリと”囲まれる”という気分の味わえる大きさ。これだけの木から落ちるとなると、落ち葉の量も大量です。

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

今はもちろん春ですよ。

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

半年遅れの記事がデフォになりつつあるこのブログですが、今回はほぼリアルタイムw

さて、対岸のどこに何ができる、という説明を聞きながら進んでいたものの、はしゃぎながら歩いていたのでほぼ頭の中から消えてしまいました。とりあえずこの先にできるのがムーミンバレーパーク、ムーミンのテーマパークです。ここから先は工事中の為、中には入れず偵察はここまで。

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

どんな風になっているのか、中はうかがい知れず。ムーミンバレーパークの方は2019年、1年遅れて開業するので、まだまだ先ですね。

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング

元来た道を戻ります。オープン後またこの自然を満喫するのが楽しみです。

宮沢湖視察 メッツァビレッジ metsa(メッツァ)アンバサダーミーティング


ランチを食べつつミーティングやムーミングッズなど


さて、次は街中に戻って、ランチを食べつつディスカッションのお時間。

第3回メッツァ アンバサダーミーティング


飯能市のふるさと納税に、あらたなムーミングッズ登場


と、その前に、飯能市のふるさと納税の返礼品を見せてもらいました。

飯能市 ふるさと納税

返礼品がもらえるということで人気のふるさと納税、飯能市にはもちろんムーミングッズが貰える「ムーミン基金」があります。そこに最近、さらに新たなムーミングッズが登場したとのことで、会場に展示されていました。

その中でも目をひいたのが、これ。

飯能市 ふるさと納税

横浜元町のに本店を構える有名ベーカリー『ポンパドウル』による、ムーミン柄のライ麦入りフランスパン3柄セット。

飯能市 ふるさと納税

でかい。なんか小さい時に見た世界名作劇場的アニメに出てきそうな、大きなライ麦パンです。ランチのついでに試食もさせてもらったのですが、ふかふかで美味しかった。チーズをのせて食べたら、この大きさもあっという間になくなりそう。


ランチ&ミーティング


さて、前回に引き続きまたまた可愛く飾られた―

第3回メッツァ アンバサダーミーティング

美味しいランチを食べながら―

第3回メッツァ アンバサダーミーティング

またまた議題はムーミンバレーパークの “ウェルカムアート” について。前回話し合ったのから、さらに予算等を考慮し具体的な案を出し合いました。

第3回メッツァ アンバサダーミーティング

私は前回も今回も、同じ案を推してきたのですが…さて、何が実現するかな?


天覧山周辺の「飯能春まつり」見学


食事の後は、会場傍で「飯能春まつり」が行われていたので、それを自由に見学。

飯能春まつり

写真に写していないのですが、広場にシートをひいてお花見をする沢山の人たちがいて、屋台なんかも出ていました。

飯能春まつり

飯能春まつり

そしてそのそばには、片道10分ちょっとで登れる、天覧山の登山コースが。

天覧山

そこに山があるから、というわけで登頂です。おかげで現在筋肉痛です。

天覧山

…ミーティング?


まるで童話の世界!「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」


さて最後は、メッツァとは直接の関係はないのですが、同じ飯能市内にあり、同じくムーミンに関連した施設へ。3/31にリニューアルオープンする直前の「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」を、見学させてもらうことが出来ました。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

ここは1997年より、ムーミン童話の世界を感じられる児童公園として親しまれてきた「あけぼの子どもの森公園」が、その名称を正式に「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」と改めリニューアルオープンするもの。

当時の本市の職員がトーベ・ヤンソンさんに送った1通の手紙がきっかけでスタートしたというこの公園は、飯能とムーミンとの以前からの縁を表す場所でもありますね。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

この写真は、特に加工やフィルターはかけていないのですが、なんか色鉛筆でかいた絵画みたいにも見えません?まさに童話の世界!こんな場所が日本にあるなんて。

そしてこの小屋はムーミンの水浴び小屋にそっくり。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園 水浴び小屋

中は空っぽ。

トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園 水浴び小屋

一方、キノコの様なムーミン屋敷は、小さな仕掛けがいっぱいです。

きのこの家 ムーミン屋敷
靴:Comptoir des Cotonniers SLASHスニーカーicon

【関連エントリー】

コントワー・デ・コトニエのVOGUE掲載おされスニーカーSLASH、ついにゲッート! - ファッション

数か月前の2015 A/W展示会での写真を見てからずっとずーっと気になっていたComptoir des Cotonniers(コントワー・デ・コトニエ)のレザースニーカーをついにゲットしてきました!その名も ”SLASH”。コントワー・デ・コトニエは、1995年にフランスで誕生した、「母と娘」をコンセプトにするファッションブランドで、シンプルかつフェミニンな世代を問わ...


土足厳禁。靴をぬいで上がります。

きのこの家 ムーミン屋敷

手すりにはカタツムリが。

きのこの家 ムーミン屋敷

物語の世界にありそうなお家。

きのこの家 ムーミン屋敷

ですがいろんなものがちょっとずつ小さい、子供サイズです。

こんな小さな穴を潜って通るのは、大人にはちょっとキツイ…w と言いながらもちろん潜る。

きのこの家 ムーミン屋敷

きっと子供なら楽々通れるこの通路の先には―

きのこの家 ムーミン屋敷

ミニミニサイズのテント!これはきっとスナフキンのですね。そしてミニミニサイズのベッド等々。

きのこの家 ムーミン屋敷

子どもとムーミンたちがはしゃぎまわる姿が目に浮かぶような、可愛く面白い小さな家です。

きのこの家 ムーミン屋敷

階段の途中には、ムーミン谷の住人たちの名セリフの書かれたイラストボードのような物も飾られていたり。

こんなお家に住みたい。でも手入れが大変そうw

きのこの家 ムーミン屋敷

このムーミン屋敷だけでも相当な時間の過ごせる、ムーミンファンにはたまらない公園でした。メッツァがオープンしたら、ぜひ一緒に立ち寄ってみてください。最寄り駅は、飯能駅の隣、元加治駅です。

 トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園
 埼玉県飯能市大字阿須893-1

ちなみに地下には、ムーミn…

きのこの家 ムーミン屋敷

え…?

きのこの家 ムーミン屋敷

…誰?

【metsä (メッツァ)】
メッツァビレッジ
ムーミンバレーパーク

follow me♪
 Instagram:mugi_mugi333
 twitter:@mug_333





フィンランドから届くムーミンのベイビー・マタニティーグッズ!
 
       
 
         
関連記事

 metsa(メッツァ),アウトドア,