旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


初めてのクルーズ旅行の、終日航海日の船内での過ごし方―船上イベントおすすめ一覧【ダイヤモンド・プリンセス】


クルーズ旅行の過ごし方

ダイヤモンド・プリンセスに乗船したクルーズ旅行記の続きです。クルーズ旅行中は、どこかの港に泊り上陸して観光する寄港日と、どこにも寄らずに1日中海洋を航海している「終日航海日」があります。私の乗船した9日間のクルーズ旅行では、終日航海日は2日目と8日目の2日間ありました。

終日航海日はもちろん1日中船の中、どこにも行けないとなるとこれは退屈するのではないか、慣れないクルーズだしどうやって過ごしたらいいのかわからないし…と乗る前はちょっと心配だったのですが、実際に行ってみたらもうとにかく参加したいイベントや見たいところが沢山で、退屈している暇がない。2日では全く遊び尽くせた気がしないw

もちろん何もせずにのんびりと過ごすのも良いですが、なかなかない機会なのでできる限り船の上を楽しみたい、ということで、私は船内で行われる色々なイベントにめいいっぱい参加して来ました。船内イベントの見どころと楽しみ方・おすすめの過ごし方をご紹介します!




その日の船内の予定はプリンセスパターに


まず船内で行われるイベントは、船内新聞「プリンセス・パター」を確認します。

船内新聞「プリンセス・パター」

毎晩、客室の前のチラシ入れにこんな風に届けられる。

船内新聞 プリンセス・パター

プリンセス・パターは船の入出港時間、日の出・日の入の時刻をはじめ、1日のプログラムやイベント・アクティビティのスケジュール、食事の時間、夜のドレスコードなど、その日のクルーズ中の情報が網羅された船内新聞です。ちなみに、航海中ならスマホでも見れます。

プリンセスパター

下に敷いているのが寄港日、上に乗せているのが終日航海日のパターのイベント一覧。密度が違うよね密度が。終日航海日はもう、午前から夜中までぎっしり。

ここに乗っているイベントは、基本的には予約や事前申し込み不要で、時間になったら開催場所へ行けば参加できるタイプ。たまに、カラオケやブラックジャック(カジノ)のトーナメントなど、クルーズ日程の初めのほうで行われる予選に出ていないと参加できないものなんかもある。

イベントやアクティビティが行われる場所は船内各所に散らばっていますが、主にプールのあるデッキ14(≒14階)を中心とした上部のオープンエアのゾーンか、船中央のデッキ5~7にかけてある吹き抜け「アトリウム」とその周りのショップやバー、この辺りが中心になります。

アトリウム 吹き抜け 生演奏

毎晩寝る前に翌日のパターに目を通し、観光や夕食(時間が決まっている)との兼ね合いをみながら行きたいイベントに目星をつけて翌日の予定を立てて、ワクワクしながら寝るというのがクルーズライフの夜のパターン。

なかでも終日航海日は、特にイベントが目白押し。終日航海日の夜にはウェルカムシャンパンタワーパーティーやバルーンドロップ(後程別記事で紹介)といったクルーズ旅行における一大イベントが行われる場合が多いのでそれに参加するのは絶対として、その他にも朝から晩まで船内のいたるところで行われており。これら全てに参加するのは難しいので、狙いを定めて参加しましょう!


船内イベントの花形、本格的なショー


船内で行われるアクティビティ・イベントと言われて真っ先に思い浮かべるものは、やはりショー。


一番のメインは、夜に行われるシアターでのショー


毎日日替わりで行われる数々のショーの中でも、一番の見どころはデッキ6~7の船首部分にある大きなプリンセスシアターで夜に行われる、ラスベガスさながらのショーです。

プリンセスシアター、船上での自由時間の過ごし方ブログ

この規模の客席が、毎晩ほぼ満席に。クルーズでは夕食の時間が2部制に分かれて決まっていますが、それぞれの時間帯の人が見られるようにこの夜のショーは2回行わるので、どちらかでは必ず見れるはず。基本的にどのショーも席は早い者勝ち。

ダイヤモンド・プリンセスのプロダクションショー

ショー プリンセスクルーズ

1つのショーは1時間半ぐらい。ミュージカル形式だったり、マジックショーや社交ダンス、ラスベガス・スタイルのプロダクションショー(専属のダンサーやシンガーによるショー)、バイオリンの演奏などが日替わりで行われます。

これらが全部無料で見られる機会なんてなかなかないですよね。贅沢な体験なので、できる限り時間をやりくりして毎晩見たいところ。

KATEI ショー プリンセスクルーズ

基本は英語メインなのですが、ショーなので言葉が分からない人でも楽しめると思う。私は特に有名どころの洋楽を集めたノリノリの ”I Got The Music” というプロダクション・ショーと、ロックバイオリニストKATEI の公演が楽しかった。情熱大陸の曲やColdplayのViva La Vidaとか演奏してくれたり。あの曲大好き。


おすすめのショー


このプリンセスシアターでは、終日公開日は昼間もショーを開催しています。その中でも私のお気に入りが、クッキングショー。これは、客室の記事のところでちょろっと書いた”モーニングショー”での投稿コーナーで、面白いので楽しみしているというクルーズ常連の方の投稿があり、司会のミキコさんとリンちゃんもおすすめしていたので見に行ってみたものです。

クッキングショー プリンセスシアター 終日航海日の過ごし方・船内の遊び方

プリンセス・クルーズのヘッドシェフが舞台の上で実際に料理していくわけですが、一見真面目そうに慣れた手つきで淡々とすすめめつつ、そこら辺のものを適当にぽいぽい放り込んでいったりと結構滅茶苦茶w 確かに面白いです。終わる頃には、大きなシアターいっぱいに漂うニンニク臭w これはシェフの隣にいる司会兼通訳のミキコさんが、日本語に訳してくれる。

そしてクッキングの後はそのまま厨房見学ツアーにも行けます。何千人分もの乗客の料理を朝から晩まで作り続ける、巨大な厨房。

クルーズ厨房ツアー"

そうそう、裏側を見ると言えば、このシアター自体の裏側を見れる舞台裏ツアーも最後の終日航海日に行われました。

プリンセスシアタ

舞台裏ツアー クルーズ旅行のイベント

ステージの上にも立てちゃう。これもおすすめ。


バーやレストランでもショーや公演が


ショーが行われるのはプリンセスシアターだけではありません。船内に数か所あるバーや吹き抜けのアトリウムでも、ピアノやバンドの生演奏だったり、小さな公演、夜になるとDJショーなどが行われています。

アトリウム 演奏 クラシック

混み具合はそれぞれ。生演奏系は、これ目当てにと言うよりこれをBGMにお茶やお酒をと言う感じでそこまで混んではおらず。

一方私が乗る前からひそかに楽しみにしていた落語は、ほぼ8割がた埋まっていたような。私が見た回は日本語で、その後の回は英語で行っていたようです。この時の旅程は日本人が少なかったらしく、日本語系のショーはそこまで人があつまらず満席になるのを気にせずにのんびり参加できました。

落語 ダイヤモンド・プリンセス感想

落語中は撮影禁止だったので写っていませんが、落語家はイギリス人のダイアン吉日さん。面白かった。


屋外プールをはじめとする運動系


さて、多々ある終日航海日のイベントですが、もっとも朝早く始まるものはというと、なんとラジオ体操w しかもプールデッキに設けられた大型スクリーンに写された映像を見ながら、360度海に囲まれた中で腕を振り回す、なんとも爽快なラジオ体操です。

クルーズ旅行 終日航海日の過ごし方 ラジオ体操 

朝7時から9時まで、10分ごとに繰り返し。船の上でまでそんなことする人がいるのか…?!と思いましたが、実際結構参加している人いました。それを横目に見ながら毎朝ビュッフェに朝食を食べに通っているうちに、だんだんと参加してみたくなってくる不思議。しかしなかなか早く起きれず、私は結局参加できませんでした。

船上には、その他にも沢山運動する場所があります。運動系は大概がプールのある15階以上のオープンデッキのエリアにあるので、晴れた日には空と海の青に囲まれてとても爽快な気分が味わえます。プールそばには卓球台に―

ダイヤモンド・プリンセス クルーズ旅行記 卓球

そしてスパ併設のフィットネスセンターもあり、さらに上部にはパターゴルフにバスケットコートが。

ダイヤモンドプリンセス 船内の過ごし方 バスケットコート 運動場

これらは自由に使ってよし。人数を集めたい時なんかは、パターに「バスケットプレイヤーの集まり(主催者なし)」みたいな感じで乗客有志で参加者を募るイベントが書き込まれていたので、その時を狙っていくとよさそうです。

こんな具合で、運動する場所には事欠きません。ただし、ウェアやシューズのレンタルは無いと思う。ショップにも、Tシャツ等は売っていましたが靴は無かったような。なので運動をしたい人は最低限運動靴はマストです。


【重要!】晴れたらネプチューンズリーフ&プール最優先で!


そしてクルーズと言ったら、なんといってもプールですね! 先ほどの巨大スクリーンそばにある屋外プール「Neptune's Reef&Pool(ネプチューンズリーフ&プール)」の他に―

ソフトクリーム

室内プール 船上での過ごし方

船最後部で航跡を見ながら入れる小さなプールや、小さいジャグジーですが一応温水プールもあり。

クルーズ旅行

雨が降ったら室内プールも。

室内プール 船上での過ごし方

クルーズと言ったらやはりプール、特にこの屋外の開放感あふれる洋上のプールに入れるかは天気に左右されるため、昼間に時間があり天気のいい日を見つけたら最優先で入ることをおすすめします!

私の旅程は昼間は観光に出ていることが多くなかなかプールに入れなさそうだったので、運よく晴れた初回の終日航海日の午前はこのネプチューンズリーフ&プールをメインに過ごしました。ちなみに私のクルーズ旅行は10月でしたが、旅程の前半は晴れ&高温続きでプール日和、後半は雨続きで全く入れず。また後で…と先伸ばしていて結局入り損ねたと言っている人もいたので、とにかく最優先で。

クルーズ旅行 終日航海日の過ごし方 プール

プールサイドには軽食やソフトクリームのお店があるので、それらを食べながら、スクリーンの映像を見ながらのんびり洋上のプールを楽しむのは、至福のひと時。これぞ夢にまで見たクルーズライフ。


終日航海日のみにサーブされるアフタヌーンティ


さて、運動してお腹が空いたら頃合いを見て船上の好きなレストランに入るのですが、お昼は軽めにしてアフタヌーンティを楽しむというのも終日航海日の楽しみの一つ。もちろん無料。アフタヌーンティが行われるのは終日航海日だけで、3時半から4時半まで、ダイニングルームで食べられます。

終日航海日の過ごし方 アフタヌーンティ

といっても、こういう3段プレートは入り口に飾っているだけで、ウェイターの方がお盆を持って配って回るスタイル。

終日航海日の過ごし方 アフタヌーンティ

スコーンが美味しかった。

ちなみにホライゾンコート(ビュッフェ)では午後に毎日スイーツが並んでいるのですが、やはりビュッフェだと騒がしいし雰囲気がでないので、たまにはこういうのも。


各ショップが主催するイベント


船内には様々なお店があって、それぞれのお店ごとに色々なイベントが行われます。

ダイヤモンド・プリンセスクルーズのコスメの免税店(エッセンス) 

アートギャラリーではタイトル当てクイズ、ジュエリーショップでは宝石のの作られる舞台裏の説明、コスメの免税店(エッセンス)ではエスティ・ローダーのスキンケアイベント、船内のスパ(ロータス・シパ)ではマッサージ方法の講習なんかも。

お店の主催するイベントなので、要は商品の宣伝なのですが、別に押し売りしてくるわけでもないし、みな抽選目当てで押し寄せて一斉に帰っていくので気軽に参加できますw 普段の時間帯だと気兼ねして入れないような宝石店とかもじっくり見れるし。

ダイヤモンド・プリンセスクルーズのショップ、エフィ


ショップの抽選には参加すべし


この手のイベントで必ずと言っていいほど行われるのが、くじ引きによるプレゼントの抽選。それ目当てに行っているといっても過言ではありませんね。

美術品抽選会 アートギャラリー

なんじゃこれ?というものから豪華なものまで。 コスメの免税店ではエスティ・ローダーの美容液フルサイズが当たっていました!これは羨ましい!

ちなみに私は2つあたりました。乗った初日の夜に、いきなり大きなシャンパンと

シャンパン

ワンピ―ス:レジーナ
カーディガン:Private Grace【Joint Space】

そしてクルーズ旅行終盤でジュエリーショップで詰め合わせが。

抽選会 当選 ジュエリー エフィ

…これは内容的には販促品という感じですがw 溢れ出るおもちゃ感w でもやっぱり当たると嬉しい。周りの人が ”Congratulations!” 言ってくれます。


大々的なショップイベントも


これは終日航海日に、と言うわけではありませんが、吹き抜けのアトリウムを使った各ショップ主催の大きなイベントも行われます。乗客参加型の、免税ショップ主催のファッションショーや

ファッションショー アトリウム

アートギャラリー主催の船上オークション。

船内オークション 美術 絵画

私はなんとなくしり込みしてしまって吹き抜けの上から眺めるのみでしたが、買わない人でも気軽に参加できるようでした。オークションなんて目にするのは初めてて、見ているだけでもとても楽しかった。でもやっぱり記念に参加すればよかったかな? 次乗ることがあったら、ぜひ参加してみたい。買わないと思うけど。


終日航海日なら免税ショップも一日中開いている


ちなみに、免税するには日本の陸を離れてから、ということで、免税店等は開いている時間がある程度限られています。終日航海日は朝から晩までオープンしているので、時間を気にせずショッピングができる。

バッグ・アパレル系のブティック「Limelight(ライムライト)では、品数はさほど多くはないもののバーバリーやコーチやフルラ、フェンディ、サルヴァトーレ・フェラガモ、等があり。

プリンセスクルーズの免税店ブティック、ライムライト

後はスワロフスキーのアクセサリーや雑貨も。日によっては2個買うと〇%オフ、みたいなのもやっていて、ついつい買い物してしまうのよね。


セミナー、講習会は人気で席が限られる


しかしそんな欲にまみれたイベントばかりではなく、たまにはお勉強を…とまではいきませんが、いくつかセミナーや講習会形式のイベントも行われます。Goproを使った写真講習会やウクレレ教室、日本発着のクルーズだけだと思いますが浴衣の着付けをしてくれるのもありました。

クルーズ旅行の過ごし方、セ方ミナー講習 

これらは結構人気がある上に、講習という性質上参加する人数もある程度限られるため、早めに行って席を確保しないと満席に。私は出遅れてどれも参加できなかったわw


気軽に参加できるゲームも


さて、こういったちょっと気合いを入れて参加するものだけでなく、近くを通ったついでに参加できるような、軽いゲームも行われています。たとえば輪投げゲーム。

輪投げゲーム

人気のイベントへ行くのも良いですが、長く船上にいると後半はこういうフラッと行って5分程度で終わる、ゆるく参加できるゲームが気分的にもちょうど良くなってくるw 

20問程度のクイズとか。

クイズ 抽選会

場合によっては、エコバッグやゲーム用品なんかのちょっとしたグッズが賞品でもらえたりします。私はクイズで最多正解数だったので、プリンセス・クルーズのエコバッグを貰いました。

景品 抽選会
パンツ:PLST
ハイネック:LANDS' ENDicon



カジノも一日中やり放題


一方こちらは気軽にしちゃダメなゲーム、カジノ。カジノは、免税店と同じように日本の領域ではできないので、陸を離れた時のみ営業しています。なので日によってはかなり夜遅くしか開いていなかったり。終日航海日なら一日中やり放題です。いや、やり放題してはいけませんが。

カジノ

カジノ内は撮影禁止なので、外側の写真だけ。私もちょっとだけやってちょっとだけ勝ちました。見ていたら、朝から晩まで入り浸っていそうな人もいましたw


夜は星空の下の大スクリーンで映画を


さて、夜のお楽しみはムービーズ・アンダー・ザ・スターズでの星空映画館。私はクルーズに行った人のブログで、この夜のプールサイドでの映画鑑賞の写真を見て、クルーズ旅行に憧れたといっても過言ではないかも。

ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ

星空の下、海の上に浮かぶ船の上で、ブランケットにくるまりながら大きなモニターで映画を見るのです。上映される映画は日替わりで、主にハリウッド映画、ただし最新作にあらず。上映される映画は、前日に配られるプリンセスパターに載っています。

ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ

これも2部制に分かれたディナーの指定時間を考慮し、夜に同じものが二回上映されるのですが、大抵プリンセスシアターでのショーの時間と重なってしまうのでどちらかを選ばなければならず、そして星空の下と言うことで天気にも左右されます。雨でもデッキの下に椅子を引き込んで上映はしていますが、雰囲気が出ないし何より寒いのでちょっと辛い。

晴れた夜で、そして見たい映画が上映される日、という条件がそろったら、プリンセスシアターでのショーではなく、こちらにGO!

ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ

海の上でパイレーツオブカリビアン、もうこれだけで非常に満足w 上映後も、バーでは生演奏やDJプレイが行われているので、好きな時間まで遊び疲れたら、客室に戻っておやすみなさい。


初めてのクルーズでのおすすめの終日航海日の過ごし方まとめ


その他、終日航海日でなく毎日開いているけれども時間をとってゆっくりやりたいことを、楽しむという手もあり。例えばフォトスタジオでプロに写真を撮ってもらうとか、せっかくどこにも行かない日なので、スパでマッサージを受けてゆったり過ごしたり。

女子旅的ダイヤモンドプリンセス乗船記、 ロータス・スパ利用感想

でも私はめいいっぱい船内イベントを楽しみたかったので、いつでもできるスパは終日航海日ではなく、寄港日のうち観光から早めに船に戻ってくる日に入れました。寄港日にも数は少なくなれど船内イベント開催はされますが、それよりも終日航海日の方が花形のイベントが多い気がするので、そちらに参加できるようにね。

やはり初めてのクルーズ旅行、頭に描いていたような船上でゆったりと優雅に時を過ごすなんてことはできず、ついあれもしたいこれもしたいでめいいっぱい詰め込んで遊ぶことに。そんな初めてのクルーズで、終日航海日のおすすめの過ごし方として私があげるなら―


終日航海日の夜にはウェルカムパーティーやバルーンドロップ(後程別記事で紹介)といった乗下船の一大イベントが行われる場合が多いので、まずはそれに参加するのを最優先で。

バルーンドロップ

その他に優先するものとしては、天気が良かったら午前は屋外プールをはじめとする運動で爽快感を味わい、お腹がすいたらメインダイニングでのアフタヌーンティーを食べ、夜は天気がよく上映内容が好みならばムービーズ・アンダー・ザ・スターズ、そうでなければプリンセスシアターのショーへ。

空いた時間と体力を見ながら、小さなイベントや免税ショッピング、カジノをたのしむ。

プールサイド ハンバーガー


終日航海日でないとできない、やりにくいこと、天気や時間に左右されるのでチャンスを見つけたら優先的にやりたいことをまとめるとこんな感じになりますね。


参加しきれいないので、優先順位をつけて予定を立てて挑もう!


実際に私が参加したのはこれ↓

  • 初回の終日航海日
    午前は屋外プール、午後はショップの抽選にアフタヌーンティ、ウェルカムパーティ(別記事で)、ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ

  • 2回目の終日航海日
    ショー(昼のクッキングショー、舞台裏ショー、夜のプロダクションショー)、アフタヌーンティー、バルーンドロップ(別記事で)

前日にプリンセスパターを読んで、こんな具合で優先で参加したいものを列挙し、あとは開いた時間ににちょこちょこと小さなアクティビティに参加していきました。予定は立てたものの、船内の移動も結構時間がかかるし体力もいるので、結局参加できなかったものもあり。

終日航海日は、この記事の書ききれないぐらいのイベントが同時進行で、船内のいろいろなところで行われているわけで、とても9日間のクルーズでは遊びつくせた感じがせず。なので、特に初めてのクルーズ旅行の人は、前日にプリンセスパターをじっくり読んで、行きたいイベントを優先順位をつけて絞り込んで、食事の時間との兼ね合いを考えながら一日の計画を立てて挑むことをお勧めします!

プリンセスクルーズ公式サイト
クルーズ専門旅行会社【ベストワンクルーズ】

【ダイヤモンド・・プリンセス乗船記】
ダイジェスト
ダイヤモンド・プリンセスで、夢の豪華客船クルーズ旅行に行ってきました

クルーズ乗船記編
ダイヤモンド・プリンセスでのフォーマルナイト【女子旅クルーズ乗船記】
【クルーズ乗船記】宮崎・油津で念願の鵜戸神宮観光へ ―ダイヤモンド・プリンセス女子旅
【クルーズ乗船記】寄港地韓国での出入国手続きと無念の雨の釜山観光【ダイヤモンド・プリンセス女子旅】
【クルーズ乗船記】境港で鬼太郎たちにまみれ水木しげるロードを観光しました【ダイヤモンド・プリンセス女子旅】
【クルーズ乗船記】敦賀観光と船内スパ「ロータス・スパ」でアロマストーンマッサージ ―ダイヤモンド・プリンセス女子旅
【クルーズ乗船記】アンティークな秋田角館武家屋敷観光と2度目のフォーマルナイト、そして帰港

クルーズの豆知識編
初めてのクルーズ旅行のチェックイン時に気を付けること
ダイヤモンド・プリンセスの客室と海側バルコニーに実際に泊った感想
初めてのクルーズ旅行の、終日航海日の船内での過ごし方―船上イベントおすすめ一覧
女性向けクルーズ旅行のフォーマルナイトの服装の選び方と注意点
ダイヤモンド・プリンセスの客室バルコニーでのシャンパンブレックファストをオーダーする方法



 
       
 
         
関連記事

 クルーズ,