旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


顔面全てクレ・ド・ポー ボーテという幸せ ― ルージュアレーブル カシミアのカラー診断&スキンケアのフルコースをしてもらいました



先日、クレ・ド・ポー ボーテの「ルージュアレーブル カシミア」の発売を記念して行われた、スペシャルワークショップに参加して来ました。

メイクを落としてすっぴんになり、パックを含めたスキンケアから始まりパーソナルカラー診断、そしてパーソナルメイクの提案までしてもらえるという、なんとも贅沢なもの。

私は去年の個人的なベストリップにあげるぐらいクレ・ド・ポー ボーテのルージュアレーブルnが気に入っていたので、新たなリップ、しかもこの秋の主流マットリップが発売されるとあって結構前からチェックしていました。

Instagramやブログでスウォッチを探し、どれを試すか狙いを定め、カウンターに行った時に舞い上がって忘れないようチェックしていたところにこのワークショップへの参加できるとなって、もう非常に嬉しかったですね。もちろんリップはお買い上げ。他にもいろいろ買ってしまいました。

クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル カシミア購入品

すごく充実した体験だったのと、そしてやはり大好きなクレ・ド・ポー ボーテへの思い入れがあって記事がとても長くなってしまったのですが、お付き合いください。いや、長文はいいからリップのみの感想が見たいんだ!という方は、↓の目次から「3-3」のメイクの章の後半へどうぞ。

クレ・ド・ポー ボーテについて


「クレ・ド・ポー ボーテ(CRE DE PEAU BEAUTE)」は、いまさら書く必要もないかもしれませんが、泣く子も黙る資生堂のプレステージブランド。国内のコスメブランドの最高峰と言っても過言ではない気がする。

クレ・ド・ポー ボーテ コスメカウンター

家族がずっと使っていたので、学生の頃はここぞという時はそれをこっそり借りては、憧れの女性になったようなひっそりとした高揚感を味わっていましたw 社会人になって自分で買えるようになっても、やはり別格のブランドとして君臨していますね。

レオスールデクラ ルージュアレーブルn

パッケージの見た目の素敵だったり、高価だったり、美しい仕上がりになるメイクアップブランドは他にも確かにありますが、クレドのようにじっと眺めて使うことを考えるとだけで気分が高揚してくるブランドというのはなかなか無い気がします。

子供の頃に将来こうなりたいと思いっていた”メイクをする素敵なお姉さん像”に、クレ・ド・ポー ボーテを使っている女性というのが近いイメージなのかも。ステータスとか価格等の話ではなく、それを持っている自分が誇らしくなるような、理想の女性像に近づいたようなそんな特別感のあるブランドです。


新マットルージュ「ルージュアレーブル カシミア」


さて、そんなクレ・ド・ポー ボーテから7月21日に新たに発売になったのは、マットルージュの「ルージュアレーブル カシミア」。

ルージュアレーブル カシミア

ルージュアレーブル カシミア 全8色 各6,000円(税抜)7月21日新発売

しっとりとなめらかなカシミアの様な、ラグジュアリーなマットルージュ、というのをコンセプトに、本格的なマットでありながら、光沢としなやかな軽さ、自然な立体感、心地よいしっとり感など、相反する要素の両立を可能にしたルージュになっています。

色味は、完全に管理された人工的な庭園ではなく自然の力強さのあるネイチャーガーデンにインスパイアされ、色名にはそれぞれ花の名前が付いて全8色展開。


「ルージュアレーブル カシミア」スペシャルワークショップ


さて参加したワークショップは、cle de peau BEAUTE for your Radiant Journeyのイベントです。場所はクレ・ド・ポー ボーテ 表参道ヒルズ店。お店に入ったとたん、リップの印象的なBAさんたちの華やかな姿が目に飛び込んできて、きっとあのリップがそうなんだ!とテンションが上がり。

クレ・ド・ポー ボーテ表参道ヒルズ店 タッチアップ

ワークショップでは、まず肌やメイクの悩み、普段使い or パーティメイクなどの知りたいメイクイメージの問診表からスタート。

私は普段カウンターに行くと、あまり時間をかけさせるのは気が引けてしまって買う予定のアイテムの悩み1点集中でしか聞けないため、今日はここぞとばかりにいろいろリクエストしてしまったw

  • 夏は特に毛穴と皮脂崩れが気になる
  • なりたいメイクイメージは、上品な仕上がり
  • 頬の赤みが気になるのでカバーしたい
  • チークやアイシャドウの自分の顔に合わせた塗り方が知りたい

クレ・ド・ポー ボーテのメイクアイテムには、華やかな女性らしさがありながら、どんな色、どんな質感のものを使ってもその根底にあくまでも凛とした上品さが漂っているのが特徴なのではないかと思います。そのイメージに近づきたく、上品な仕上がりのメイクをお願いしました。

どんなふうになるのか、ワクワク…の前に、今日はとても贅沢なことにスキンケアからたっぷり時間をとってやってもらえるのです。夢の様だわ…。


肌チェックと至福のスキンケアタイム


クレ・ド・ポー ボーテ お手入れ カウンター スキンケア

まずはメイクを全部落として、肌チェックをしてもらいます。私の肌は、キメや透明感は良かったのですがハリと水分不足。OH…。身に覚えがあります。

ずっとハリ重視でケアをしていたら、何かくすんでない…?!ということで、今年初め辺りから美白重視に切り替えていました。ハリを重視するとくすみがちで、慌てて美白ケアをするとハリが落ちてくる、この悪循環をどうにかしたい。

しかしスキンケアの効果が出やすい肌質であるとのことで、わかりやすい肌のようです。しっかりお手入れをすればそれだけ返ってくる。

ということで、診断結果に合わせたアイテムを使ってスキンケアをしてもらいます。私はクレ・ド・ポー ボーテではこれまでメイクアイテムのみ、特にベースメイクを中心に購入していたので、スキンケアをしっかり試したのはこの日が初めてかも。

クレ・ド・ポー ボーテ お手入れ カウンター

化粧水「ローションイドロ」、モイストとクリアの2種類あって、私にはクリアがいいとのこと。これを肌にひたひたに満たしてもらった後は、なんと美白マスクまでしてもらえます。

マスクエクレルシサン クレ・ド・ポー ボーテ

マスクエクレルシサン 6包10,000円 1包1,800円

これがすごいんですよ。突然家の中の写真になったことからもわかるように、終わった後これ買いましたw

顔の上半分と下半分では肌悩みが異なる、上はくすみや小じわ、下はたるみ等…。ということで、上下に分かれて、顔の部位ごとに現れる悩みに合わせた効果的なお手入れができるようになっている。つまり1包でもそれぞれのケアができるので、2種類のパック付けている様なもの。

そう考えると高くはないのかも…そしてこの気持ちよさは病みつきだわ…。買ってしまおうかな、でも私は面倒くさがりなので普段パックはめったにしないんだけど…。

そんなことを考えながら夢見心地で顔に張り付けること5分~10分程。猛暑の日でしたが、ヒンヤリと肌温度が下がって、赤みも落ち着き、フワッと明るい肌トーンに。これがクレ・ド・ポー ボーテの力…!もうころっと買ってしまうよね。


カラー診断から見るルージュアレーブル カシミアの似合う色味


さて美容液と乳液もプラスしお肌が整ったところで、メイクに移ります。まずはきれいになった肌にドレープをあてて、カラー診断から私に似合う「ルージュアレーブル カシミア」の色を提案してもらいます。

8枚ほどのドレープで診断する簡易なもので、出た結果はスプリング。10年ぐらい前にカラー診断の方にチェックしてもらったとき時もスプリング。その時は「一応スプリングだけれども、典型的というのではなくどのシーズンの色も割と大丈夫なタイプなので気にしなくていい」みたいな診断で、今回もやはりいろいろなシーズンの特徴が混ざっているようでした。

そんなスプリングの私にあった新しい口紅「ルージュアレーブル カシミア」の色は

101 パウティ:スパイシーなミディアムベージュ。
107 コクリコ:コケティッシュなブライトオレンジ

写真を撮り忘れてしまったのですが、101は温かみを感じ黄みよりのミディアムベージュ。とてもベーシックで、1本あるとどこにでも、何色にも合わせられそう。一方107は、私は普段選ばないオレンジカラーです。

クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル カシミア 107 コクリコ

いつものクレ・ド・ポー ボーテのイメージからもちょっと珍しい、オレンジ味の強い赤。でも朱赤ではなく、ピーチオレンジでもなく、ブラッドオレンジやルビーグレープフルーツを連想させるような赤みがかったオレンジ。

BAさんからは、内面の明るさからも107 コクリコが合いそうと提案されました(このイベントが嬉しくて、やってもらっている間じゅう喋っていたからかもw)。

自分ではわりとこれまでベージュやピンクベージュなどの肌馴染みの良い色を選びがちで、でも年齢とともに馴染み色だと顔が地味に見えるようになってきた気がする…ということでここ数年は赤やローズなどの鮮やかなカラーを選ぶようにしていました。しかし鮮やかとはいっても、ピーチオレンジみたいのはあっても、オレンジみの強い色はなかなか手が出せず。

でもBAさんというプロの方の後押しがあるなら、ちょっと試してみたくなるよね。せっかくならいつもは使ったことのない色を試してみたい、もしかしたら似合うのかもしれない、ということでこの「107 コクリコ」に決定!楽しみです。




クレ・ド・ポー ボーテのフルメイクでメイクマジックを堪能する


さて、診断結果と肌悩みから、口紅以外のものも選んで頂いたのがこの一式。すべて使ってメイクをしてもらいます。顔面全てクレ・ド・ポー ボーテ、なんという贅沢…! という感慨を、この日何度目かに噛みしめ。

クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル カシミア

ファンデーションは、みずみずしいツヤ肌のタンフリュイドエクラ。赤みカバーにはベージュ系ということで、「ベージュオークル20」番。塗った瞬間にサーッと赤味が消えたのは、これはもう手品ですかね? やはりクレ・ド・ポー ボーテのベースメークは素晴らしい。

私はクレ・ド・ポー ボーテのアイテムの中でも特に好きなのがベースメークアイテムです。特に、クレドにはまったきっかけで、そして10年以上リピートしているものが「プードルコンパクトエサンシエル」というパウダー。これを付けている時は、写真に写った時の肌のきれいさが段違いなので、ここぞという時は必ずこれを持ち歩いている。

肌を美しくみせ、上品に仕上げる、ということではクレ・ド・ポー ボーテの右に出るブランドはないのではないでしょうか。そんな愛してやまないベースメイクの中で、今回感動したのがこれ。

クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールルリエフ

コレクチュールルリエフ(部分用ファンデーション)SPF15・PA++
6,000円(税抜)

部分用ファンデーションとありますが、部分用下地みたいなものです。下地の後、ファンデーションの前に使うと、毛穴や小じわなどの肌の凹凸サッと消えて、しかもサラサラに。とっても綺麗です。

今の時期、どれだけ埋めてもテカリ崩れて現れてくる毛穴にうんざりしていたので、これは思わず購入してしまいました。この日35度越えの猛暑の中汗だくで帰ってきたのに、いつもよりテカリ・崩れがすくなかったよ!

クレドポーボーテ メイクレシピ

そうそう、テカリと言えばパウダーは、Tゾーンからのせていくのだそう。私はつい面積の広い頬からのせてしまっていたのですが、やはり皮脂の気になるTゾーンにまずしっかりのせ、頬は、その後チーク等をのせるのでパウダーで抑えすぎず軽くのせる、と。なるほど、わかりやすい。

そんな具合にきれいに赤みや色むら・毛穴をカバーしてもらった肌に、チークを乗せていきます。上記のとおり、「自分の顔に合わせた塗り方が知りたい」というリクエストをしていたので、また細かく教えていただきました。

今回は口紅をメインにしたメイクであるということから、色味はベージュ系(105)を使用。私の顔型は頬骨に高さが元からあるため、頬の一番高いところではなく気持ち下側に沿っていれ、そしてそのままこめかみやあごのラインにシェーディングの様な感じでEの字に入れる。

クレドポーボーテ メイクレシピ

また、もともと頬の赤みがあって、ファンデでカバーしても笑った時や上気した時に現れてくるので、赤みの強い頬の一番高いところには入れず、そのちょっと外側から、赤みからつなげるようにして入れはじめる。

理由と一緒に指導して貰えたので、すごくわかりやすかった。これなら忘れない。

そしてその後は、アイメイク。

クレ・ド・ポー ボーテ カウンター タッチアップ

オンブルプードルソロ 201と204

選んでもらったのは、カーキ系のカラー。かっこいいですね! 実際にメイクした写真は記事下部に。ベージュ系の204を、まずアイホールのくぼみまで入れて、上へ暈す。しかし私は目と眉毛の間は狭まめなため、ベースカラーはあまり広くは上に暈さない。

このベージュは下瞼にも。また、お直しの時にクマ等ちょっとした赤みが気になるところにいれると補正できる。

そして、二重の線がしっかりあって幅も大きめなので、二重の線から気持ちちょっと上にはみ出るぐらいのところまで締め色のカーキ201を塗る。

そして最後はリップメイク。まずはこの、新発売になったばかりのリップクリームを。

クレ・ド・ポー ボーテのリップクリーム マニフィカトゥールレーブル 

マニフィカトゥールレーブル

リップクリームがこんなに美しいなんて。これはすっごい人気で、表参道店ではイベント用にいくつか確保しているようでしたが他の店舗では品切れ状態らしいです。

透明ではなく、ほんのちょっとピンク色が付いたリップクリームで、唇のアミノ酸に反応して発色するとのこと。自分の唇がそのままほんの少し濃くなったような自然な色味で、とても可愛いです。

そして最後に本日の主役、ルージュアレーブル カシミアの107 コクリコを。

ルージュアレーブル カシミアの107 コクリコ スウォッチ 実際に使った感想

マットでありながらツヤとしっとり感がある、という説明を受けていたのですが、たしかにしっとりしています。付け心地だけみるとマットとは思えないかも。パサパサ感や縦ジワに入り込む感じがない。

私には新境地の、107 コクリコは―

クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル カシミア 107 コクリコ スウォッチ

つけた瞬間、元気な、ぱ~と明るい雰囲気に。でもやっぱりクレド、大人の上品さがあって。ちょっといつもと違う色、違う雰囲気の自分の顔が嬉しい。

コスメのカウンターに行く時はいつもちょっと緊張しますが、メイクの悩みを解決してくれるだけでなくて、こういう風に自分では思いつかない色・アイテムで、いつもとちょっと違った自分、いつもよりきれいな自分に変えてもらえるのははやり素敵な体験で。

こういう高揚感はコスメカウンターならではで、そしてそれがクレ・ド・ポー ボーテだった日にはもうもう至福の極みです。月並みな言葉ですが、メイクは魔法だなと思う幸せな90分でした。この日の私はいつもより確実にきれいだったわ。


購入品紹介とリップの刻印


ということで、家でも魔法を維持したく、買ってしまいました!

クレ・ド・ポー ボーテ リップ 刻印 イニシャル名前

右端のもの。モザイクをかけたのでちょっとわかりづらいですが名前入りです! 現在、GINZA SIX店、表参道ヒルズ店に限り、名前やイニシャルを刻印するサービスを9月20日(木)まで実施しているとのこと。嬉しい。

クレ・ド・ポー ボーテ ルージュアレーブル カシミア購入品

ついでに、ベースメイクで感動した部分下地と、そしてそして美白マスク「マスクエクレルシサン」も1包だけ買ってしまいました。クレドのスキンケアデビュー。しかしちょっともったいなくて、しばらくは取っておきます。いつ来るかどうかもわからない、ここぞという日に備えてw 

その他スキンケアサンプルセットに口紅パレット、ルージュアレーブル 103 レジェントもお土産に付けてもらえるというなんとも天国な体験でした。

「ルージュアレーブル カシミア」の方は、早速使っています。マットなので、ルージュアレーブルnより落ちにくい気がする。長時間つけていても乾燥してくることがないので、使いやすいマットです。ちょっと違う自分の顔が新鮮。周りの評判もとても良いです。

それに化粧ポーチを開けると、クレドのリップが入っているというのは気分が良いものです。あのカウンターでのワクワク感がずっと続いている様な幸せ。

ルージュアレーブル カシミア 

そういえば聞き忘れてしまったけれど、リップクリームも刻印してもらえるのかな? あれ、すごく自然な血色感で、色落ちとかきにしなくていいしとても便利そうだった。リップの刻印をしてもらえる期間の内に、また行こうと思っています。

資生堂公式オンラインショップ ワタシプラス

follow me♪
 Instagram:mugi_mugi333
 twitter:@mug_333

 
       
 
         
関連記事