トラベルブロガーmugiの大人女子旅ブログ「旅行鞄にクリスティ」

トラベルライター兼フォトグラファーによるラグジュアリー女子旅、ウェルネス旅行と美容の口コミレポ。 忙しい日常はちょっと見て見ぬふりをして、ご褒美旅行や偏愛コスメの世界に逃避行し元気をチャージして戻ってくる現実逃避ブログです。当ブログはプロモーションを含みます。


100%ヴィーガンの植物フレグランスブランドに ―新生「クヴォン・デ・ミニム」のプレス発表会に行ってきました

※当ブログはプロモーションを含みます


フランスの、17世紀に創設された修道院に伝わるレシピを元に作られたボタニカルスキンケアブランド「クヴォン・デ・ミニム」。伝統的なコスメレシピで有名で、ロクシタンの姉妹ブランドとして記憶にとどめている方もいると思いますが、じつは昨年初めにロクシタングループからは抜けています

HLDグループの傘下となり、植物原料と展開物の排除にこだわった100%ヴィーガンの植物フレグランスブランドとしてリブランディング。その新生「クヴォン・デ・ミニム」のプレス発表会が先日行われ、お邪魔させてもらいました。

ちょっと驚くぐらい、これまでとイメージもパッケージもガラッと変わっていますよ!

がらりと変わったクヴォン・デ・ミニムの特徴


クヴォン・デ・ミニム  プレス発表会

16414年に南仏プロバンスに建立されたミニム修道院(=クヴォン・デ・ミニム)は、400年もの間修道僧たちがさまざまな植物や薬草を育て続け、現在は修道院としての歴史は終えたものの、その継承されたボタニカルの知識を元に作られたのがこの「クヴォン・デ・ミニム」ブランドです。ここまでは従来と同じ。

新生「クヴォン・デ・ミニム」では、その修道院の歴史の中に登場する植物学者ルイ・フュイエに注目。ルイ14世に任命され、世界各地を旅して新種の植物の情報を収集した、王の植物学者です。彼が王に献上した3冊の図鑑の内、現存する2冊にインスピレーションを受けて、新たなコレクションを展開しました。

クヴォン・デ・ミニム  プレス発表会

生まれ変わったクヴォン・デ・ミニムの特徴は―

  • 個性ある香りの創造
  • 希少な植物原料にフォーカス
  • 100%ヴィーガン
  • フランスで継承されてきた製法により香料を抽出

特に100%ヴィーガンというのが大きな特徴ですね。動物実験を行わないことはもちろん、成分に牛乳や卵、動物性コラーゲンといった動物由来成分が含まれていないということ。最大98%の自然由来原料が使われた、ボタニカルフレブランスブランドとなりました。

新たに取り入れられたルイ・フュイエのストーリーにインスパイアされ、ロゴもパッケージも一新。

リマーカブル パルファム

これが「クヴォン・デ・ミニム」か?!

これまではどちらかというと、伝統と南仏の自然を感じさせる、ナチュラルで古典的なパッケージ↓でしたよね…?

クヴォン・デ・ミニム  オーデミニム

それが、伝統を感じさせながらも、黒を基調とした都会的で高級感のある雰囲気に。となると気になるのは値段ですが、やはり以前より若干は上がりつつも、フレグランスブランドとしては比較的親しみやすい価格帯は維持。

ロゴには、フランス王家の冠に、ミニム修道院のシンボルのアカンサスの葉、修道院の建立された1614年の年号、そしてそれを取り囲むのがルイ・フュイエの出会った動植物たちが。

クヴォン・デ・ミニム ロゴ

ちなみにHLDグループには、LookfantasticビューティBOXをチェックしている人ならおなじみの、SVRやFILORGAなどが傘下にいます。ちょうど直近の7月のルックファンタスティックビューティボックスに、タイミングよく両方とも入っていましたね。

7月のLOOKFANTASTICビューティーボックス定期便 ルックファンタスティック


エルベ・ガンブスによる香りのデザイン


フレグランスは、2シリーズ、10種類。植物のプロフェッショナルである著名なフレグランスデザイナー、エルベ・ガンブスによるデザインの元、10名の調香師により完成させたものです。

  • リマーカブル パルファム~旅への誘い:ルイ・フュイエが旅で寄港した、世界各地の香りを再現したオーデパルファム
  • ボタニカルコロン~修道院の庭園での散策:ミニム修道院の庭園での一瞬を閉じ込めたボタニカルコロン


リマーカブル パルファム

リマーカブル パルファムは、パナマのポルトベロや、チリのヴァルパライソといった、世界各地の名前が付いています。吸い込むと何かの風景が浮かんでくるような、全体的に個性的で、かつ男女兼用で使えるような植物の爽やかさのある香り。

このルイ・フュイエの旅をフィーチャーしたリマーカブルシリーズには、ボディオイルやボティバームもあり。

リマーカブル ボディオイル

特にボティオイルは、真っ赤なアマランサスの花の浮かぶ美しいオイルです。

ボタニカルコロン~修道院の庭園での散策シリーズは、リマーカブル パルファムに比べるとライトで、さらに手軽に使える香りです。

ボタニカルコロン

10種類の中から一番好きな香りを選んでくださいと言われ、時間をかけてじっくり試香。

試香

私はリマーカブル パルファムの「サンタクルス」に決めました。

おなじくリマーカブル パルファムの、ワイルドベリー&ベンゾインの甘ずっっぱい香りの「フォートロイヤル」と、そしてボタニカルコロンの清楚な女性らしさのある「アクアサクラエ」と悩みましたが、ベルガモット&ユーカリの太陽を感じるような爽やかな柑橘系の香りに心惹かれてこれに。

全体的にリマーカブル パルファムの方が深みがあって複雑で好きでしたね。ちなみに、一番人気は、やはりリマーカブル パルファムの「サンタクルス」だそう。確かに万人に好印象を与えそうな香りです。



従来からの人気アイテムは健在


なお、ボタニカルコロンはそれぞれの香りのハンドクリームやソープも展開。

ボタニカルコロン ハンドクリーム

また、従来から人気だった、庭師のハンドクリーム等、修道院に伝わる伝統のナチュラルケアも健在なのでご安心を。

庭師のハンドクリーム

キャンドルやルームスプレーなども揃い、トータルで香りを楽しめるラインナップに。

クヴォン・デ・ミニム

ミニサイズのフレグランスのセットはギフトにぴったり。

クヴォン・デ・ミニム ギフト

そしてなアマランサスの花の浮かぶリマーカブル ボディオイルなんかもプレゼント映えするし。お土産で貰ったのですが、置くだけで絵になる、なんだか部屋が格上げされたような恰好良さ。

クヴォン・デ・ミニム
※トレイ:ブラススタンドトレー ワイド

男女問わずプレゼントに贈ると喜ばれそうです。

修道院の伝統のレシピを守り現代に届けるというコンセプトはそのままながら、本当にがらりとイメージが変わりましたね。以前はナチュラル&クラシックな物好きの女性向けのイメージでしたが、より間口が広がったような。

クヴォン・デ・ミニム ギフト

新しいクヴォン・デ・ミニムは、7月より世界15か国で展開スタート。日本では11月1日より本格的に展開(一部9月より)予定とのこと。楽しみです。阪神オンラインショッピングで取り扱いがあります。

 
       
 
         
関連記事

 香水,香り,フランスコスメ,