旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


私の瞳の色に合わせたマキアージュのドラマティックスタイリングアイズD使ってみました



8/21に発売になるマキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD をモニターで一足早く使わせてもらっています。これ、面白いアイシャドウなんですよ。瞳の色研究から生まれたブラウンアイシャドウパレットで、自分の瞳の色に合ったものが選べるのです。

自分の瞳の色に合ったブラウンアイシャドウなら、瞳にとけこむようになじみ、自然に大きな目もとを演出できる。ということで、スマートフォンで写真をとって、診断ページに画像をアップロードすると、自動的に解析してぴったりのアイシャドウパレットを選んでくれます。

ブラウンの診断はこちら

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD

私の診断結果から導き出されたぴったりなアイカラーは、都会的でマニッシュな「GR714 ピスタチオショコラ」。カーキ系の恰好良いアイパレットです。普段全く買わない色なので新鮮。

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD GR714 ピスタチオショコラ

これは、左上①の黄色いカラーはアイシャドウベースになっています。その名も「ぬれ艶仕込みベース」。ジェル状オイルなのでまぶたが乾燥していてもしっかり色が乗り、そしてオイルの濡れたようなツヤが出ます。

ベースに関しては、ほぼ無色。スウォッチしてもほぼ映らないですが、光に当てると濡れたような自然なツヤがあります。

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD GR714 ピスタチオショコラ

このツヤでまぶたの立体感を強調しつつ、発色はほぼ透明なのでアイシャドウが濁らない。

使い方は、このベースを全体に馴染ませたあと、右上②のカラーをアイホールよりやや広めに、そして右下③のカラーを目の際から目尻をやや長めに。下瞼にも。

左下④のカラーを、まぶた中央のやや目頭寄りと、下瞼の目頭から1/3にのせたら、最後に再び①のぬれ艶仕込みベースを全体に。



塗り方を忘れてしまっても大丈夫。

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD GR714 ピスタチオショコラ

アイシャドウの上によくかかっている透明カバーに塗る位置が印刷されていて、しかもカバーは落ちないよう鏡の横にセットされている。これなら外出先で化粧直している時に透明カバーを落としてしまった!なんて悲劇も起こらない。私よくやってしまうんですよね…。

ドラマティックスタイリングアイズD GR714 ピスタチオショコラ スウォッチ 着画

恰好良い感じの色合わせ。なんかできる女風に見える気がする? あまり使ったことがなかったけれど、カーキ良いですね。ベースと、チラチラ瞬くラメのおかげで、全体的に潤んだ様なツヤ感が出てきれいです。そしてでか目効果は確かにありますね。

メイクで目を大きく見せようとすると、目の周りがやけに黒々として一昔前のメイクになってしまったり、黒すぎ大きすぎるカラコンを入れて魚みたいな不気味な顔になってしまったりと結構不自然さが目立つものですが、これはさすがに自分の瞳の色に合わせただけあって自然に馴染みます。

それにブラウンメイクは便利な一方ベーシック過ぎて変わり映えしない印象になりがちだったのですが、カーキだとまた雰囲気が変わって良い。ちなみに、カラーは通常5色、そして限定1色の全6色が出ます。どれも秋らしい、女っぽいカラーです。

これはこの秋のデイリーメイクの、定番のパレットになりそうです。


 
       
 
         
関連記事