旅行鞄にクリスティ

物語の世界へ入り込むような旅、心ときめくストーリーのある物を愛でるブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


きれい目派でもすっきり履けるクロックバンド、crocs(クロックス)のプラットフォームシューズ



休日の日常的なお出かけにはもうちょっとこなれた気楽感のある恰好がしたい、でも生まれてこのかた困った時は取りあえず万人受けするきれい目コーデをすることで世の中渡ってきたから、カジュアルな恰好は苦手なんだ…

そんなカジュアルダウン苦手女子(…私ですが)に役立ちそうなシューズを、crocs(クロックス)iconで見つけました。先日見てきた2018年秋冬のクロックス新作の中で、一番気になったのがこのシューズです。

見た瞬間に感じたのが、スポーツタイプでボリュームシルエットですっごい今どきな靴だな、ということ。でもきれいめコーデ派の人でも違和感なく履けそうなんですよ。

クロックス crocs クロックバンド プラットフォーム クロッグ

Crocband™ Platform Clogicon 全5色

これは人気定番サンダルのクロックバンドが、厚底になったバージョン。約4cmのプラットフォームスタイルになっています。

クロックス crocs クロックバンド プラットフォーム クロッグ

クロスライト素材なのでむにむにとしたクッション性があって歩きやすい。しかも。クロスライト素材は軽いので、これだけ厚みを増しても重くなく、歩いていても疲れません。

ストラップは、前後に倒せる可動式。

クロックス crocs クロックバンド プラットフォーム クロッグ

厚底で存在感はあるのですが、この四角いすっきりした底のせいか、なんとなく通常のクロックバンドよりもすっきりスポーティーな印象です。




直線的な底のせいでクロックバンドのコロンと丸いカジュアル感が緩和されるのか、もうちょっとシャープで都会的な雰囲気に。

クロックバンド プラットフォーム クロッグ 着用画像
トップス:PETIT BATEAU
スカート:GILT(ギルト)で買ったthree dotsのニットスカート


パンツはもちろんのこと、スカートで履いても違和感なかった。

クロックバンド プラットフォーム クロッグ 着用画像

底にぐるっと一周履いた細いラインが、また良い。

クロックバンド プラットフォーム クロッグ 着用画像

色は5色展開で、ピンク以外はモノトーン系。ピンクはかなりカジュアルな印象ですが、その他の色はきれい目系の人でも受け入れやすそうです。

クロックバンド プラットフォーム クロッグ 着用画像



私は黒か紺が気に入っています。モッズコートとか、ちょっと格好いい感じの服に合わせたいな。

冬は上半身がコートやセーターでボリュームが出るので、足元にもある程度ボリュームを持ってこないとバランスが悪くなってしまう。なのでひたすらブーツばかりになりがちなのですが、たまにはブーツじゃなくて靴タイプも履きたい。

そんな時に、パンプスやブーツだとちょっとコンサバになってしまい一昔前感が出てしまう服でも、これなら今どきにカジュアルダウンできそう

今年は服もコートもオーバーサイズが流行っているので、この厚底のボリューム感は特に活躍しそうです。セールになるかどうかちょっと待ってみてから、折をみて買おうと思っています。

クロックバンド プラットフォーム クロッグ クロックス

なお、私は普段足の大きさは22.5~23cm。でもクロックスの場合は全体的に大きめの作りが多いので、普段だと私は小さめのW6(=22センチ)を選ぶことが多いです。でもこの靴に関してはW7、つまり他ブランドの靴を選ぶ時と同じサイズを選んだ方が良さそうでした。

ここらへんのクロックスのサイズ感は、商品ページiconにいろんな人が口コミをしてくれているので、そちらもご参考まで。

ちなみに、今クロックスではブラックフライデーのセールをやっているようです。残念ながらこの靴はセールにはならなかったのですが、他の靴はMAX60%オフになっていました!

【crocs公式オンラインショップ】クロックバンド プラットフォーム クロッグicon


クロックス 公式オンラインショップ
 
       
 
         
関連記事

 ,クロックス(crocs),