旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


ブルーライトにも着目したベアミネラルの乳液兼下地「CR ディフェンス モイスチャライザー」使ってみました



ベアミネラルの新アイテム、乳液 兼 下地の「CR ディフェンス モイスチャライザー」をモニター使ってみました!

私はベアミネラルは特にファンデーションを中心としたベースメイクが好きで、これまでブログで毎年あげている個人的なベストコスメにも何度もいれています。


しかしベースメイク中心で使っていたので、乳液を使うのは初めて。これは乳液ではありますが、日焼け止めや下地としての機能も兼ねるというので、ベアミネラルのベースメーク好きとしては期待して使ってみました!

ベアミネラル CR ディフェンス モイスチャライザーの特徴


ベアミネラル CR ディフェンス モイスチャライザー 使った感想 ブログ

CR ディフェンス モイスチャライザー SPF30・PA+++
50mL 4,800円

さて、この新しくでたCR ディフェンス モイスチャライザーには、ざっくりとまとめると以下のような特徴があります。

  • 保湿乳液・日焼け止め・化粧下地の3つの“多機能”効果
  • ブルーライト、PM2.5・花粉といった外的環境から守る
  • 紫外線吸収剤不使用、人口香料不使用、オイルフリー、アレルギーテスト済み

ベアミネラル CR ディフェンス モイスチャライザー 使った感想 ブログ

紫外線はもちろん、ブルーライトの影響にも着目したもの。

さらに植物由来成分が、大気中のPM2.5・花粉・ほこりなどが肌に付着するのを防ぐ等、肌に刺激を与える外的要因からの守りに重点を置いた乳液になっています。


使い方


使い方は普通の乳液と一緒。化粧水や美容液の後、お手入れの最後に2~3プッシュをとり、顔全体から首にかけてなじませます。

ベアミネラル CR ディフェンス モイスチャライザー 使った感想 ブログ

朝晩のお手入れ使えるそう。下地兼用なので朝使うという意識があったのでちょっとびっくりしたのですが、夜にも使えるんですね。ベースメイクというのではなく、あくまで下地にも使える乳液なので、付けたまま寝ても特に問題ないのでしょう。



使用感と感想、気になるところ


ベアミネラル CR ディフェンス モイスチャライザー 使った感想 ブログ

乳液、というカテゴリーなだけあって、これまで使ったことのあるベアミネラルの下地よりも保湿力が高く、しっとり滑らかな使い心地。

ベアミネラル CR ディフェンス モイスチャライザー 乳液 下地

一般の乳液と日焼け止め、その中間ぐらいのテクスチャーです。オイルフリーで、乳液兼下地のなかでは軽く伸び、むらなく塗りやすいテクスチャーだと思う。

酸化チタンが入っている、となると気になるのが白浮きするかどうか。伸ばしたては、やはり少し白くなるにはなります。でも肌に塗り広げてちょっとたつとフワッと肌が明るくなったと感じる程度に落ち着きます

ベアミネラル CR ディフェンス モイスチャライザー 乳液 下地

写真ではわからないぐらいの明るさにになりつつ、ツヤで軽く粗を飛ばしてくれる。別に色付きではないので肌色補正をしたりはしないのですが、ツヤ感が出るのでなんとなく粗が目立ちにくい感じに。

ノーメイクの時はナチュラルに粗を飛ばしてくれるし、下地としてはファンデーションの下にツヤを仕込む感じで使えます。

なお、公式での適量は2~3プッシュとありましたが、3プッシュだとかなり多いかなという印象。ここまで付けると結構白くなります(時間がたつと落ち着きますが)。

また、普通の乳液の場合、乾燥したら多少塗る量を増やしたり重ね塗りしたりして保湿具合を調節できますが、これは下地兼用というのもあって、あまり量を増やすという使い方は適さないと思います。

なのでもしかしたら真冬には保湿力が足りなくなりそうなので、その場合はこれを重ね付けするのではなく、これの前に馴染みのよいオイルを使って調節しようと思います。

ベアミネラル CR ディフェンス モイスチャライザー 使った感想 ブログ

すごい乾燥肌の人には正直向かない乳液兼下地だと思います。でもそうでなければ、夏場と比べて厚塗りマットになりがちな冬のベースメイクの土台に、ツヤと潤いを仕込んで明るい印象に仕上げられるアイテムですね。

取り扱いショップ
CR ディフェンス モイスチャライザー@cosme shopping
[ベアミネラル]CR ディフェンス モイスチャライザー 乳液小田急オンラインショッピング

 
       
 
         
関連記事