旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


近赤外線による光老化が怖いのでナチュラグラッセのUV化粧下地「UVプロテクションベースN」を使ってみる


UVプロテクションベースN 使ってみた感想

紫外線対策、そして近年その脅威が言われるようになったブルーライトにも着目しているUV下地はちらほらと見かけるようになったものの、近赤外線まで着目したものとなるとなかなかないのではないでしょうか。

近赤外線は地表に届く太陽光の中で一番割合が多いのですが、最新の研究で他の光以上に悪影響が指摘されているのだそう。

最近知って驚いたのですが、肌の老化は加齢によるのは実は2割程度で、太陽光線による「光(ひかり)老化」の影響が8割を占めているとのこと。(参照:日経Gooday

ならば、ダメージを受けてからわざわざ高いスキンケアであれこれエイジングケアするよりも、まずは光ダメージから肌を守る方が先だろうう、ということで、先日行ってきたコスメセミナーで紹介してもらったナチュラグラッセのUV化粧下地「UVプロテクションベースN」を使ってみることにしました。

これは近赤外線もふくめた3つの光から守ってくれるUV化粧下地なのです。

ナチュラグラッセはどんなブランド?


ナチュラグラッセは、「植物の力で日々を健やかに彩る」をコンセプトに、1974年にネイチャーズウェイから生まれた日本発のナチュラルコスメブランド。

メイクでありながら スキンケア仕立ての処方になっており、原料は100% 天然由来にこだわってつくられているのが特徴です。

以前は茶色のチョコレートの様な可愛いパッケージでしたが、一昨年の秋にリニューアルしすっきりとお洒落な印象に。

ナチュラグラッセ



優しい使い心地は持ちろんのこと、この白いパッケージと全体気に小ぶりで細くスタイリッシュな外見が可愛く、また場所も取らず、気が付くと持ち歩いている、そんなブランドです。

ナチュラグラッセ ルージュモイスト 06ブライトピンク

ちなみに、以前ブログに載せたことのあるチャントアチャーム(chant a charm)はナチュラグラッセの姉妹ブランドです。あちらはスキンケアがメイン。

【関連エントリー】

チャントアチャーム(chant a charm)トライアルセット使ってみました【ナチュラグラッセの姉妹ブランド】 - スキンケア

可愛いパッケージが目を引く国産オーガニックブランドのナチュラグラッセに、chant a charm(チャント ア チャーム)というスキンケア中心の姉妹ブランドがあるらしい。それを聞いたときはちょっと使ってみたいなと思ったものの、私はこれまで他のオーガニックブランドのスキンケアを使ったときに肌に合わないことがあっため、オーガニックのスキンケアには気軽に手が出せずにいました。が、この春ガラッとリニューアルしたという...



ナチュラグラッセのUV化粧下地「UVプロテクションベースN」の特徴


このナチュラグラッセから昨年登場したのがこの日やけ止め兼化粧下地。。

UVプロテクションベースN 使ってみた感想

ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN
全1色 / SPF50+ PA+++ / 内容量30mL

特徴をザックリとまとめると以下の通り。

  • 3種類の光ダメージから肌を守る
  • 潤いのある日焼けしにくい肌へ導く
  • 酸化チタン配合ですが自然なトーンアップ
  • 石鹸で落とせる

ひとつずつ見ていくと―


紫外線、ブルーライト、近赤外線の3つの光から守る


紫外線に関してはSPF50+ PA+++、紫外線散乱剤の酸化チタン配合でしっかり跳ね返します。

スマホやPCなどから発せられるブルーライトはキサントフィル(=ルテイン)配合で97.2%カット、そして気になる近赤外線も92.9%カットされているという、第三者機関による検証結果がでています。


潤いのある日焼けしにくい肌へ導く


また、上述のとおりメイクでありながらスキンケア仕立ての処方になっているナチュラグラッセのコスメ。

今回のUVプロテクションベースNも、元は美容液として使える内容のエッセンスをベースに、光対策のミネラルを加えて作られています。

UVプロテクションベースN 使ってみた感想

この黄色のが、ベースになっている美容液。なのでつけていて美容液としての役割も期待できるのですが、それは肌が潤って嬉しいというだけでなくて、潤いのある肌は日焼けしにくいのだそう

皮脂や水分が不足して乾燥した肌は肌の奥まで刺激を受けやすく、日焼けし安い状態。なので肌に潤いを与えるというのは日焼け対策の観点から見ても重要なんですね


酸化チタン配合ですが自然なトーンアップ


紫外線散乱剤として酸化チタンを配合している時に気になるのは白浮きですが、これは全然浮きません。これについては、後述の実際に付けた写真のところで詳しく見ていきます。


石鹸で落とせる


これは個人的に重視しているポイント。クレンジングは肌の負担になるので、老化が怖くて光を防いでも、それを落とすのにクレンジングして肌に負担をかけては本末転倒というもの。

ナチュラグラッセ UV化粧下地「UVプロテクションベースN」

それに、ファンデーションの肌負担はよく言われますが、そもそもの下地が石鹸で落とせるタイプでなければ、軽く落とせるファンデを使っても何の意味も無くなってしまう




実際に付けてみた感想


さて、では実際に使ってみると…

「UVプロテクションベースN 使ってみた感想

ほんの少しベージュがかった、ゆるい乳液状。優しいいい香りがします。付けたては良く伸びますが、肌にのせてちょっと経つと指が引っ掛かるような感じになるので、手早くのばしていった方が良さそうです。

上述の通り、これは酸化チタンを配合したタイプの日焼け止め。ということは、白浮きが気になるところですが…

ナチュラグラッセ UV化粧下地「UVプロテクションベースN」

ナチュラグラッセ UV化粧下地「UVプロテクションベースN」

肌にのばすと色は全然残りません。何の色も付かないので肌色の補正効果等はありませんが、ほんの少しパールがかったような感じで自然にトーンアップする感じ。白浮きに関しては全然問題なしですね。

また、見ての通りとてもゆるく軽いテクスチャー。これでSPF50+ PA+++という高い紫外線カット力とは…!美容液仕立てで作られているだけあって、肌にのせた感触も気持ちよく、被膜感もありません

使用感の悪い物もみうけられるSPF50+ PA+++のUV下地の中では、かなり使い心地のよい部類に入ると思います。

近赤外線やブルーライトのカットに関しては、目では見えないものなので使っていて実感することは難しいため、実際につかってどうだったかの感想を書くことはできませんが、それ以外の部分でも使っていて気になる点がなく気持ちよく使えるので気に入っています。

UVプロテクションベースN 使ってみた感想

ナチュラグラッセ UVプロテクションベースN

塗り心地も、付けた仕上がりも、落とすときもストレスなく使えるので、デイリーの光対策に組み込みやすい下地だと思います。


トリートメントリップオイルも新発売


ちなみに、ナチュラグラッセでは最近トリートメントリップオイルも新発売になったとかで、その展示もありました。

トリートメント リップオイル モア

ナチュラグラッセ トリートメント リップオイル モア  全3色

皮むけ・縦ジワ・血色の悪さという、唇の三大悩みをトリートメントするオイル。こちらもスキンケア仕立てで、ハリ成分「コラゲニア™」配合。

ジェル状のオイル色はピーチ、オレンジ、レッドの3色。パッケージで見ると結構違いますが、実際に腕に塗ると3色でそこまで差はなく、ごく淡くニュアンスや血色感添える感じ。品のあるツヤ感がきれいです。

トリートメント リップオイル モアの全種類スウォッチ

チップにもこだわっていて、マッサージできるほどよい硬さになっているそう。ちなみにこのアイテムは2/14、まで送料無料キャンペーン中です。つまり明日なので、気になっている方はお急ぎを。


【ナチュラグラッセ公式オンラインショップ】
UVプロテクションベースN
トリートメント リップオイル モア


 
       
 
         
関連記事