旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


【ヴィーガンコスメ】3か月美容院に行けていない私の暴れ髪を落ち着けてくれるラザルティーグのヘアオイル


ラザルティーグ カラープロテクト シャンプー ユイル デ レーブ

ここ数年で日本でもちょっとずつ目にするようになってきたヴィーガンコスメ。

食事だけでなくコスメや衣料等日常における様々な分野でそういったものを目指す動きはじわじわと広がってきていており、これまで支持を得ていた通常のブランドもコンセプトを見直しヴィーガンブランドとして再出発する動きも出てきました。

その一つがこのラザルティーグ。パリの高級サロン発のプレミアム ヘアケアブランドで、去年の秋に“ボタニカル&ヴィーガン”のプレミアムブランドとしてリニューアルし、日本にも今年から再登場しました。

このブランド、実は一昨年ヴィーガン対応のボタニカルスキンケアブランドとしてリニューアルした、クヴォン・デ・ミニムiconの姉妹ブランドなのです。

これでスキンケアからボディケア、ヘアケアにフレグランスと、全身をヴィーガンコスメでケアすることができるようになったわけですね。どちらも主要デパートで扱われていて、品質的にも安心。

中でも特にオイルが、このコロナのせいで美容院に行けておらず暴れまくっている私の髪を落ち着けてくれて良いのですよ~。そんな安心してお勧めできるラザルティーグをご紹介します!

パリのサロン発のラザルティーグについて


ラザルティーグは、パリに高級サロンを持つJ. F. ラザルティーグが一人ひとりの髪質にあわせたこだわりのテーラーメイドのヘアケアを提供する目的で、1976年に設立したプレミアム ヘアケアブランド。


ヴィーガンやオーガニックというと、成分や主義の部分が先行して効果は二の次で、使ってみるとちょっといまいちな仕上がり…、ということもあります。でもこれはサロン生まれだけあって仕上がりももちろん重視。

プロの高い技術力をベースに一人ひとりの髪の悩みに寄り添いその人に合ったケアを提案するヘアケアプランドになっています。

全13ライン25アイテムを展開。シャンプーだけでも11種類もあるんですよ! ヘアタイプや頭皮の悩みにきめ細やかに対応してくれるアイテムが見つかるはず。


ラザルティーグ カラープロテクトシリーズ使ってみました


さて、特段髪の傷みは感じませんが定期的にカラーリングをしている私は、カラープロテクトのシリーズを使ってみました。

ヴィーガンコスメ ラザルティーグ 使ってみた感想
写真内アイテム:ベイシンシュシュネックレス

このシリーズは、カラーリングした髪を保護するのに最適な4.5pHレベルでキューティクルを整え、カラーを髪に定着させるのだそう。

高濃度のオメガ6が含まれるカメリアオイル(ユチャ種子油)を配合し、髪の保水・保湿。硫酸塩、シリコーン、パラベン、ミネラルオイルはフリー。

まずはシャンプーから。

ラザルティーグ カラープロテクト シャンプー 使ってみた感想

カラープロテクト シャンプー

カラーリングを維持・定着させ、色落ちを防ぎながら、ハリのある髪へ導くシャンプー。さわやかなシトラスとアロマティックな香りとのことで、甘さをほとんど感じない爽やかな柑橘系の香りがします。

ラザルティーグ カラープロテクト シャンプー 使ってみた感想
写真内アイテム:シャーレ

泡立ちはまずまず。モッコモコの泡とまではいかないものの、よく泡立ちます。

洗い流す時にほんのちょっときしむかなという感じはしますが、手が引っかかる程度ではなく。

ラザルティーグ カラープロテクト コンディショナー 使ってみた感想

カラープロテクト コンディショナー

カラーリングを維持・定着させる、なめらかなコンディショナー。 より美しい発色を楽しむことができます。

ラザルティーグ カラープロテクト コンディショナー 使ってみた感想

これ、手に取った感触はねっとり感も少なく軽めの使用感で、使う前はちょっと不安を感じていました。軽すぎて、おさまりが悪いんじゃ…。

でもお湯で洗い流している時から手先に伝わってくるトゥルットゥルの潤い感。髪を乾かすと、全体的にフワッとしつつまとまる感じです。良いです。

カラーで傷んだ髪をケアしつつ、仕上がりとしてはとにかくしっとりボリュームを押さえたいという人よりも、根元の立ち上げはキープしつつ髪をまとめたい人におすすめしたいシリーズ。


大人気で欠品中のユイル デ レーブ


そして、ラザルティーグの中でも私が特に気に入ったのが、この洗い流さないトリートメントオイル

これはブランドとしてもスターアイテムなんではないかな?大人気でしばらく品切れが続いています

ラザルティーグ ユイル デ レーブ ヘアオイル使ってみた感想

ユイル デ レーブ

フランス語で「夢のオイル」という意味だそう。ガラスのボトルに入ったゴールドのオイルが美しい。全てのヘアタイプの人に使えるドライオイルです。

天然由来成分95%。アルガンオイル、髪をやわらかくするアプリコットオイル(アンズ核油)、髪を強くするカメリアオイル(ユチャ種子油)、髪を補修してくれるゼラニウムエジプトオイル(ニオイテンジクアオイ花油)を配合。

シリコンやミネラルオイルは含んでいません。

ラザルティーグ ユイル デ レーブ 使ってみた感想

使い方は、適量を手に取り、手のひらで温めて、毛先を中心に髪に馴染ませます。適量は普通の髪質で4~6滴が基準で、髪の太さやまとまりにくさによって増減させる。

シャンプー後のドライヤー使用の前や、ドライヤー使用後のスタイリング、夜寝る前のナイトマスクや、シャンプー前の髪の保護・保湿になんかも使えるそう。

私は主にシャンプー後のドライヤー前か、朝のスタイリング前に使っています。肩下ぐらいのセミロングで、まず最初に5滴ぐらいを髪に馴染ませて、ドライヤーで9割がた乾かしたらさらに3滴塗布している。

ラザルティーグ ユイル デ レーブ 使ってみた感想

パッと見は濃厚なオイルに見えましたが、意外にもかなりサラッとしています。ドライオイルなのでべたつかず、髪も重くならない。

私の髪は、全体的にうねるような軽いくせがあってごわつきやすいのですが、これをつかうと髪が柔らかくまとまって、ツヤも出て良いんです。もちろんクセがまっすぐになったりはしないのですが。

私このコロナで2月末から早くも自粛をしてしまったおかげで、美容院には1月末に行ったっきり3か月以上行けておらず。もういま髪が暴れて大変なことになっているのですが、これをつかうとかなり落ち着いてまとまってくれて感動しました。しかも髪サラサラ。

さっき商品説明を読んだら、髪をやわらかくするアプリコットオイル配合とあって、なるほど、と思いましたわ…。

かなり前から、オイルに関しては成分、使い心地、香り等も総合的に見てフランスブランドが別格である(ヘアケアに限らずボディやフェイスも含めて)と思っていたのですが、今回のラザルティーグでもそれを再認識した次第でございまする。

ラザルティーグ カラープロテクト シャンプー ユイル デ レーブ
写真内アイテム:オリーブトレイ天秤きりふき

ということで、私が使っている3アイテム、どれもいいのですがもしどれか一つ最初にラザルティーグで買うなら、特にこのオイルぜひおすすめ!

…と言いたいのですが、現在人気のため主要デパートもネットショップもどこも欠品中のようです。在庫を見かけたら即買いをお勧めします。


【クヴォン・デ・ミニム関連エントリー】

クヴォン・デ・ミニムから氷の世界を思わせる凛とした香り ANORI(アノリ)が新登場【ヴィーガンコスメ】 - ボディケア

素敵な香りがクヴォン・デ・ミニムから届きました! ANORI(アノリ)という香りで、コンセプトが「北極海に吹く冷たく凛々しい風」なんです。香水とはちょっと思えないような文言ですが、でも聞いただけで凛と冴えわたる情景が目に浮かんできて心を射抜かれましたわ…!クヴォン・デ・ミニムはフランスの、17世紀に創設された修道院に伝わるレシピを元に作られた、100%ヴィーガン対応のボタニカルスキンケアブランドです。以前のナ...


100%ヴィーガンの植物フレグランスブランドに ―新生「クヴォン・デ・ミニム」のプレス発表会に行ってきました - 新商品発表会・コスメイベント

フランスの、17世紀に創設された修道院に伝わるレシピを元に作られたボタニカルスキンケアブランド「クヴォン・デ・ミニム」。伝統的なコスメレシピで有名で、ロクシタンの姉妹ブランドとして記憶にとどめている方もいると思いますが、じつは昨年初めにロクシタングループからは抜けています。HLDグループの傘下となり、植物原料と展開物の排除にこだわった100%ヴィーガンの植物フレグランスブランドとしてリブランディング。その...


 
       
 
         
関連記事