旅行鞄にクリスティ

物語の世界へ入り込むような旅、心ときめくストーリーのある物を愛でるブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


パリの香り漂う「ル・ショコラ・アラン・デュカス東京工房」で芸術的で大人なアフタヌーンティーを堪能する



先日、日本橋にある「ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房」で大人なアフタヌーンティーを堪能してきました。

ル・ショコラ・アラン・デュカスは、史上最年少で3つ星を獲得したフランス料理の巨匠。モナコの「ルイ・キャーンズ」やパリの「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」など世界に20以上のレストランを展開しています。

前にブログにアップした青山のビストロ ブノワ(BENOIT)はアラン・デュカスのビストロです。

青山ブノワでランチ

【関連エントリー】

青山BENOIT(ブノワ)でダイナースクラブ フランス レストランウィーク2018のランチを堪能する - 美味しい物・美味しいお店

毎年秋の風物詩、国内最大級のフランス料理イベント ダイナースクラブ フランス レストランウィーク2018が先日まで行われていました。フランス生まれの美食イベントで、期間中、参加一流レストラン・有名レストランにてランチ2,500円もしくは5,000円、ディナー5,000円という驚きの一律価格でコースを楽しむことができます。2018年のテー...


そのアラン・デュカスが手がけるショコラトリーが、「ル・ショコラ・アラン・デュカス」。日本には昨年上陸したばかり。私は今年のバレンタインにボンボンショコラを初めて食べたのですが、単なるチョコレートとは思えない奥深い味わいでほれぼれする味でした。

そのル・ショコラ・アラン・デュカスで今年の4月から、日本上陸1周年を記念してル・サロンのメニューに「LE GOUTER(ル・グテ)」が登場しています。

ショコラ尽くしのアフタヌーンティーセットが味わえるということで、日本橋の東京工房へ。工房という名前がついていますが、1階にショップ、2階にカフェがあります。なぜこういう名前なのかは後程。

もうね、店内がとっても素敵なんですよ。見てくださいよ!

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房

格好良すぎる!

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房

パリの本店の物と同じ調度品をそろえたのだそう。そして奥にはアランデュカス氏も使用しているソファがおいてあったりして。あぁ、隅っこでいいのでここで住まわせてほしい…。

と、お店に入っただけでぐわっと頭に血が上るほど素敵な店内なのですが、本日のメインは2階のル・サロン。

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房 ル・サロン

2階も素敵。茶色とオレンジのショコラ色の店内。落ち着いて、かつちょっと武骨なところのあるインテリアでまとめられていて、とても格好良いです。

部屋をこういう感じの書斎にしたいと思ったことがあるわ…。

この店内で頂けるのが、香り高いショコラ尽くしのアフタヌーン・ティセット。

ル・ショコラ・アラン・デュカス アフタヌーンティー LE GOUTER(ル・グテ)

これに好きなコーヒーか紅茶がついています。紅茶はさし湯でお替りが1度。

普段だったら紅茶を頼みますが、今日はショコラのアフタヌーンティーなので、コーヒーが飲みたくなって私はコーヒーに。

ル・ショコラ・アラン・デュカス アフタヌーンティー LE GOUTER(ル・グテ)

メニューは、トレーの上段が―

ル・ショコラ・アラン・デュカス アフタヌーンティー LE GOUTER(ル・グテ)

・タルトレット・トゥ・ショコ
・ショコラとパッションフルーツのシャンティークリームのシュー
・マカロン ショコラ

特にショコラとパッションフルーツのシャンティークリームのシューが絶品!

ル・ショコラ・アラン・デュカス アフタヌーンティー LE GOUTER(ル・グテ)

ショコラのほろ苦さとパッションフルーツの甘酸っぱさが、ちょと硬めのシュー生地に詰まっていて、一口の中にいろいろな味と食感が広がって…あぁ、また食べたい。

下段+αに移って。

ル・ショコラ・アラン・デュカス アフタヌーンティー LE GOUTER(ル・グテ)

・ココナッツとライムのモエルー
・プラリネとオレンジのブリオッシュ
・サブレ・オ・ザマンド
・フリアンディーズ

ババ・オ・グリュエ・ド・カカオ 生クリーム添えは、まず香りからまず誘惑してくる魅惑のスイーツ。ラム酒にひたひたにつかっていて、幸福にもひたひたに浸かって…。

ル・ショコラ・アラン・デュカス アフタヌーンティー LE GOUTER(ル・グテ)

ツブツブしているのは、バニラビーンズではなくカカオニブなんだそう。

かなりお酒がきいているので、苦手な人は言えばお酒をぬくこともできるそうです。私はせっかくだからとそのままお願いしたのですが、お酒に強くない私にはやっぱり強く食べ終わるころにはちょっと酔っぱらいましたw 今度行ったらお酒はぬいてもらおう。

ブリオッシュにはこのプラリネとオレンジのコンフィチュールを付けていただきます。

ル・ショコラ・アラン・デュカス アフタヌーンティー LE GOUTER(ル・グテ)

スプーンが素敵。このまま一式持って帰りたいぐらい美味しかった。

みごとなまでのショコラ尽くしです。でもそれだけではないのです。ここでは見える景色も―

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房 ル・サロン

チョコレートを作っている! 「東京工房」の名前の通り、ここではチョコレートが作られていて、その様子をガラス張りになっている2階から眺めながら頂くことができるのです。

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房 ル・サロン

五感全てでショコラを堪能しながら頂くアラン・デュカスのアフタヌーンティは、どのメニューも甘さ控えめ。カカオのほろ苦さやコクが感じられる大人の味。

これだけショコラ尽くしだと最後の方は甘ったるくて飽きてしまいそう…と心配になるかもしれませんが、一つ一つのメニューが多様で複雑で、塩気のあるセイボリーメニューがないことも気が付かなかったぐらい。

一口の中で味や食感が様々に移り変わって、ちょっと変な例えですがスイーツを食べているというより食事を食べているような奥深さです。あぁ、アラン・デュカス…。

ワイワイ喋りながら食べるというより、一口食べては思わず二人共黙って各自口の中に広がる世界に集中。そんな至福のアフタヌーンティ、最後まで飽きることなく美味しく頂きました。

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房 ル・サロン ボンボンショコラ

幸せ。

現在ル・ショコラ・アラン・デュカスは、この東京工房と六本木店、日本橋髙島屋店の3店舗あるようですが、アフタヌーンティーが頂けるのはル・サロンの併設された東京工房と六本木店のみ。

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房

ワンピース:Noela
靴:outletshoes

これからチョコレートの美味しいシーズンがやってくるので、美味しいショコラを五感で堪能しにどうぞ行ってみてください。

なお、アフタヌーンティーは予約限定なのでご注意を! OZモールのサイトから予約可能です。

ル・ショコラ・アラン・デュカス 東京工房

【ラグジュアリーホテル、ヴィラ 関連エントリー】

【Birth the suite宿泊記】備瀬のフクギ並木に泊まれる一日一組限定シークレットヴィラにて幻想世界に迷い込んできました【沖縄ホテル・ヴィラ】 - 九州・沖縄

写真で見かけてからどうしてもその中に入り込みたくなり、2年前に最初に訪れた沖縄備瀬のフクギ並木。異世界に迷い込んだような幻想的な並木道をサイクリングしながら、ふと小道にそれて生垣の中を覗き込んで見た一瞬で、とても目に焼き付いた建物がありました。それがこのBirth the suite。その時はホテル…?ギャラリー…?と何の建物かはわからなかったものの、ものごくおしゃれで、かつ フクギ並木の中にひっそりと溶け込む佇ま...


富士屋ホテルとオリエント急行でタイムトラベルしてきました【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】 - 関東・甲信越

インスタの方ではちょくちょく上げていましたが、5月に両親と箱根旅行に行ってきました。久しぶりの親子旅行、両親ももう年なのでホテルで休む時間を多めに取り、観光地をいろいろ回るよりも、ホテル自体が楽しめるような雰囲気のある良いホテルでのんびりしよう…ということで、まず登録有形文化財で日本のクラシックホテルの代表の一つ、箱根・宮ノ下の富士屋ホテルに泊まることから決定。今回はエースJTBを使用宿が決まったら申...

 
       
 
         
関連記事