旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


KOSEインフィニティの新化粧水「コンセントレート ローション II」を使ってみました


インフィニティ コンセントレート ローション IIを使った感想

KOSEインフィニティから今月新しく登場する化粧水「インフィニティ コンセントレート ローション II」をモニターさせてもらっています。

『インフィニティ』が展開するベーシックスキンケアラインをリニューアルし、新たに「コンセントレート」ラインとして登場するようです。

この化粧水は、コーセーのナノ化技術を採用しているものとのことで楽しみにしていました。コーセーのナノ化と言えば、モイスチュア リポソーム等の名品の根幹をなす技術ですよね。

コンセントレート ローション IIの特徴


ベーシックな「コンセントレート」シリーズは、ハリを支える力の源に着目した、エイジングケアが気になってきた肌向けのスキンケア。


インフィニティ コンセントレート ローション IIを使った感想

シリーズから新しく登場する化粧水は3タイプに分かれていて、私は IIのとてもしっとりタイプを使用。

Ⅰ:しっとり
Ⅱ:とてもしっとり
Ⅲ:特濃

特徴は、lコーセーのナノ化技術により、肌の素と似た生体類似成分・スキンフュージョニングオイル・美肌成分をカプセル化した「スキンフュージョニングエレメント」を新採用。

そして、肌になじませていくとオイルが滲み出て濃縮感のあるリッチなタッチに変化すること。


とても高保湿な使用感


容器はプッシュタイプ。使い方は、手のひら、またはコットンにポンプを3~4回押した量をとり、やさしくパッティングするように肌になじませます。

kose インフィニティ コンセントレート ローション II 

手に取って伸ばした時は、とろみがありつつ、この暑い時期でも心地よく使えるぐらいみずみずしい使用感。

それが肌に馴染ませていると、美容液のような濃縮なテクスチャーに。

インフィニティ コンセントレート ローション IIを使った感想

「Ⅱ:とてもしっとり」でこの高保湿感ということは、「Ⅲ:特濃」だとどれぐらいになるんだろう。

ちなみに私の肌は混合肌。私には「Ⅱ:とてもしっとり」はこれからの季節にちょうど良さそうな保湿感。真夏は「Ⅰ:しっとり」の方が合っているかも。

なおハリに関しては、使って1週間だとまだわからないというのが正直なところ。

でもクルーズ旅行で焼けてしまった肌に、じんわりと馴染んでいく高保湿な化粧水。これを使うと乾燥気味の疲れた肌が、じんわりとやさしく、濃厚に潤される感じがします。

kose インフィニティ コンセントレート ローション II
鏡:mercipresent
ポット:mercipresent

フレッシュフローラルブーケの華やかで清楚な香りも良し。発売は9/16からです。
 
       
 
         
関連記事