旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


オフィスではけて足が痛くならないLady Workerの秋色パンプス届きました



2か月ほど前に両足疲労骨折らしきものになり数週間ほどまともに歩けなかった私に(1メートル歩くのに数秒かかる有様)、天国からの贈り物が届きました。アシックス商事さんからの頂き物で、「Lady Worker(レディワーカー)」の秋の新作パンプスです。

レディワーカーは働く女性の声から生まれたブランド。つまり立ち仕事でのパンプスや、事務仕事でのオフィスシューズ等、オフィスではける見た目と足の快適さの両立を目指したブランドということですね。

前にもブログに書いたような気がしますが、私は昔から両足の甲に押すと痛む点があって歩きすぎるとすぐそこがズキズキと痛み出すため、元々あまりヒールが履けない&酷使できない足の持ち主です。

なのでレディワーカーも前から持っていて、以前ブログに載せたことがあります。

Lady worker(レディワーカー 着用画像
1・2か月ほど前からちょっと長時間歩くことが増えていたのと、足にキンキン響く靴を何度か無理して履いたせいなのかなんだかで、細かな衝撃が蓄積されてつもりつもってボキッといったということなんでしょうかね、気がついたら足の痛みとしびれが半ばないことになって歩けなくなり。今はしびれと痛みがあるけど、ペタンコ靴なら歩けるぐらいに。

ちなみに、別に病院に行って診断されたわけでもないし、この靴なら疲労骨折でも履けるよという趣旨の記事ではもちろんないです。誤解のなきよう。足が痛い人はまず病院へ。


Lady worker(レディワーカー)のパンプスの特徴


さて、前置きが長くなりましたが、この秋色パンプスについて。

Lady Worker(レディワーカー) パンプスLO-16030 履いてみた感想

靴:Lady worker(レディワーカー) アシックス商事 5,292円

ホホホ真っ赤だわ、素敵…! 沢山あるLady worker(レディワーカー)のシューズの中でも、このパンプスは営業職等のたくさん歩く人に向けたオフィスにも私服にも合う軽量パンプス。

ヒールは約5.5センチ。

Lady Worker(レディワーカー) パンプスLO-16030 履いてみた感想

ウイズは3E相当で結構広めで、見た目にも普通のパンプスよりはちょっと横幅があるなという感じはします。

でももっさり感はさほどなくて、スーツやオフィスで履いても違和感がない程度。ラウンドトゥなので指先もキュッとならず楽ちん。

Lady Worker(レディワーカー) パンプスLO-16030 履いてみた感想

このつま先部分には、消臭繊維MOFFを採用しているのだとか。さすが…。仕事用のだと長時間履くので、やっぱりにおいは気になってくるよね。

インナーソールはやわらかくて、履くとクッション性があるのがわかります。

Lady Worker(レディワーカー) パンプスLO-16030 履いてみた感想

土踏まず部分はもちろん、そのちょっと上あたりにも丸く出っ張っているところがあって、足裏のカーブに合うように。

アウターソールは接地部分に反発性のあるE.V.A.素材を採用。

Lady Worker(レディワーカー) パンプスLO-16030 履いてみた感想

その他、かかと抜けに配慮したパッドがはいっていたり、静音性に配慮したTPUリフトになっていたりと、細かな技が効いたパンプスに。

素材はスウェード調。色は秋らしい5色展開。ブラック、グレー、ブラウン、ダークブラウン、プラムで、私はプラムにしました。ほんのちょっと紫ががった赤。

Lady Worker(レディワーカー) パンプスLO-16030 履いてみた感想

この秋冬はプラムとか赤系の色にはまっているのか、最近買ったのはこんな色ばかり。

実はこの間大好きなコントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)iconで深紅のトレンチコートも買いました。なかなか記事を書く時間がないのでとりあえずここで一緒に紹介しちゃいますが、この↓写真の隅に映っているやつです。

ドラマチックな赤ですが、落ち着いた深い色なので思いのほか合わせやすい。とっても素敵なトレンチコート。

Lady Worker(レディワーカー) パンプスLO-16030 履いてみた感想

トレンチコート:コントワー・デ・コトニエicon
スカート:コントワー・デ・コトニエicon
その他に実は青山店先行で発売されたワンピースiconも買っている。コートも欲しかったけれども、散財しすぎなので諦めました。

話はパンプスに戻って、最初は無難に黒にしようかと思ったのですが、黒いパンプスはちょっと飽きてきたので、思い切って赤に。

実際はいてみると色々合わせやすいです。黒や白はもちろん、茶色もベリーチョコレートみたいな感じですごく合うし、濃いグレーやカーキ、ピーコックグリーン、そして上の写真みたいにベージュもぴったり。

秋冬っぽい色ならなんだって行けそうな感じ。

実際に履いてみた写真は、画質が悪くてもうしわけないのですがこんな感じ。

Lady Worker(レディワーカー) パンプスLO-16030 履いてみた感想

ワンピース:Noela
靴:outletshoes

【合わせたアイテムの感想】
秋色2wayお嬢様ワンピース買いました


このワンピースは、この間ブログにあげたやつです。そういえばこれもベリー色。

Lady Worker(レディワーカー) パンプスLO-16030 履いてみた感想

ということで、勇気を出してひっさびさにヒールの靴を履いてみると、やはりペタンコの靴よりはちょっと負担感はあります。なのでまだ長時間は履いておらず。

でも履くことすらできない通常のヒール靴と比べれば雲泥の差ですね。5.5センチというヒールの高さとは思えないわ。

私の普段のサイズは22.5か23で、これは23でぴったりな感じ。

まだ足は完全には治っていないので、基本はペタンコ靴で、様子を見ながらこれを1時間とかほんのちょっとの間だけ履くという感じで、じょじょに慣らしていこうと思います。


 
       
 
         
関連記事

 ,