旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


横浜ロイヤルパークホテル高層階から横浜の夜景を一望するフレンチレストラン ル シエールで今年初ジビエを食す



結構前のことですが、今月頭に横浜ロイヤルパークホテルにある「フレンチレストラン ル シエール」にディナーを食べに行ってきました。

行くまで知らなかったのですが、ジビエメニューが始まっていました! もうそんなシーズンになったのね。ジビエと聞くと、その味ももちろんですが、アガサ・クリスティなどちょっと昔の伝統的なヨーロッパの雰囲気が頭に浮かんで心が躍ります。

横浜の夜景を一望する素敵なレストランで、今年初のジビエで山鶉を頂いてきたのでご紹介!

ヨーロッパの邸宅のようなフレンチレストラン ル シエールにてジビエを食す


横浜ロイヤルパークホテルは、みなとみらい駅から建物内のみを通って徒歩3分で行ける、好アクセスのホテル。

その高層階にあるフレンチレストラン ル シエールは、ベネチアングラスのシャンデリアをはじめとする、”ここはどこのお屋敷だ?!”と思ってしまうようなゴージャスなインテリア。これはヨーロッパの古城や邸宅をイメージしたものだそう。

非日常感ある特別な日にぴったりなイメージのレストランですね。

横浜ロイヤルパークホテルのフレンチレストラ「ルシエール」

横浜ロイヤルパークホテルのフレンチレストラ「ルシエール」

そしてその非日常感を盛り上げるのが、もう1点。このレストランがあるのは、横浜ロイヤルパークホテルの68F。つまり横浜の夜景を一望しながらフレンチが頂けるのです。

横浜ロイヤルパークホテルのフレンチレストラ「ルシエール」

四季折々の厳選食材を贅沢に使ったフランス料理。いくつかコースがあって、この日はちょうどその日からそ始まったばかりの「Menu Angelique(天使の喜び)」のコースに。

「フランス料理 ─伝統の継承と発展─」をテーマに、1990年代の料理を現代風にアレンジしたディナーコースなんだそう。

  • アミューズ ブーシュ
  • 彩り野菜の白ワイン蒸し コリアンダー風味
  • レンズ豆のスープにラングスティーヌのソテーを添えて
  • 真鯛のポワレ 赤ワインソース
  • グラニテ
  • メインディッシュを一品選択
    - 黒毛和牛フィレ肉のポワレ ポトフ仕立て、またはお好みのジビエ
  • お好みのデザートを一品
  • コーヒー


まずはシャンパンで乾杯したら、アミューズ ブーシュ。

ルシエールのディナーメニュー アミューズ ブーシュ

4種類ものって、一つ一つが凝っていて、これから始まるディナーへの期待が高まります!

前菜は―

ルシエールのディナーメニュー

彩り野菜の白ワイン蒸し コリアンダー風味

丸くころころとした野菜たちが、まるで宝石みたいな可愛いオードブル。散りばめられてたトリュフの香りがふわっと広がります。

ルシエールのディナーメニュー

スープはレンズ豆のクリーミーなポタージュ。

ルシエールのディナーメニュー

お酒の苦手な私は飲み物をソフトドリンクに。大好きなアラン・ミリアがありました。

ルシエールのディナーメニュー

ポワソンは真鯛のポワレ 赤ワインソース。

ルシエールのディナーメニュー

皮目がパリっと香ばしく、とてもおいしいです。

アラン・ミリアのブドウの赤も頼んじゃう。でもやっぱり白が好きかな。ちょっと畑の香りがするような、風味豊かな飲み物。

ルシエールのディナーメニュー アラン・ミリア

グラニテのシャーベットでお口直しをしたら、いよいよジビエ!

メニューにあったのは、鴨や蝦夷鹿、森鳩、山鶉…

山鶉ときくと、ヒクソン版のミス・マープルがことあるごとに「やまうずら…!」と目の色を変えていたのが頭に浮かんできます。マープルさんの気迫に押されるように、山鶉をチョイス。

ルシエールのディナーメニュー

フィンガーボールも出してもらえたので、遠慮なく手で持ってカプっとかじりつき、余すところなく頂きます。

癖が無く淡白で、お腹がいっぱいと言いながら気がつけばペロッと完食。今年初ジビエ、とてもおいしかった。

最後はデザートとコーヒーで〆。

ルシエールのディナーメニュー

マロンのミルフィーユにカシスシャーベットを添えて

給仕してくれた方によると、このマロンのミルフィーユかクリームブリュレが一押しだそう。両方食べましたが、ほんとどっちも美味しかった。


食後は横浜湾に臨むラウンジに移動


帰る前にちょっとお腹を休めるために、この日はもう1件。

場所を同じく横浜ロイヤルパークホテルの最上階に変えて、スカイラウンジ シリウスで夜景を見ながらお酒を―

横浜ロイヤルパークホテルのバー シリウス

飲んだわけではなく、いつも通りこれはノンアルコールです。

生演奏の響く、プラネタリウムをイメージした最上階。フレンチの食事もできるようですが、バーとしての利用も可能。

窓からは、湾側の横浜が良く見えます。なので、ちょうどこの間のクルーズ旅行の発着地となった横浜港を見ながら、旅行のお土産話なんかをして、幸せな食事の余韻に浸りました。


ル シエールは予約方法によりドリンク1杯無料になります


ちなみにル シエールの方の「Menu Angelique(天使の喜び)」は、通常だとドリンクはついておらず別料金になるのですが、こちらのWEB予約からだとドリンクが1杯無料でつきます。公式HPからの予約よりお得になるので予約の際はご参考まで。

なお、 「Menu Angelique」のコースが頂けるのは10月~11月までです。12月以降もジビエがあるメニューが出るかはわからないので、ジビエのあるうちにまた行きたいな。今度は鴨が食べたい…!

-----------------------------------------------
フレンチレストラン ル シエール
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3 横浜ロイヤルパークホテル68F
TEL:045-221-1155(ただし電話予約は不可)
定休日:無休
web予約はこちら

スカイラウンジ シリウス
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3 横浜ロイヤルパークホテル70F
TEL:045-221-1155(ただし電話予約は不可)
定休日:無休
web予約はこちら

【ラグジュアリーホテル、ヴィラ 関連エントリー】

【Birth the suite宿泊記】備瀬のフクギ並木に泊まれる一日一組限定シークレットヴィラにて幻想世界に迷い込んできました【沖縄ホテル・ヴィラ】 - 九州・沖縄

写真で見かけてからどうしてもその中に入り込みたくなり、2年前に最初に訪れた沖縄備瀬のフクギ並木。異世界に迷い込んだような幻想的な並木道をサイクリングしながら、ふと小道にそれて生垣の中を覗き込んで見た一瞬で、とても目に焼き付いた建物がありました。それがこのBirth the suite。その時はホテル…?ギャラリー…?と何の建物かはわからなかったものの、ものごくおしゃれで、かつ フクギ並木の中にひっそりと溶け込む佇ま...


富士屋ホテルとオリエント急行でタイムトラベルしてきました【アンティークで大正浪漫な箱根旅行記】 - 関東・甲信越

インスタの方ではちょくちょく上げていましたが、5月に両親と箱根旅行に行ってきました。久しぶりの親子旅行、両親ももう年なのでホテルで休む時間を多めに取り、観光地をいろいろ回るよりも、ホテル自体が楽しめるような雰囲気のある良いホテルでのんびりしよう…ということで、まず登録有形文化財で日本のクラシックホテルの代表の一つ、箱根・宮ノ下の富士屋ホテルに泊まることから決定。今回はエースJTBを使用宿が決まったら申...

 
       
 
         
関連記事