旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


【沖縄旅行記】備瀬のフクギ並木の早朝散歩とBirth the suiteの朝食バスケットで理想の朝を迎える【1日1組限定ヴィラ】



物語の中に入り込んだような備瀬のフクギ並木、その幻想的な雰囲気が味わえる一番の時間帯は、きっと早朝ではないでしょうか。

ということで、備瀬のフクギ並木の中にある憧れの一日一組限定のシークレットヴィラBirth the suiteに宿泊した旅行記2日目は、備瀬に泊まった特権で早朝の備瀬のフクギ並木を夜明けとともにお散歩。

そして映画に出てきそうな見るからにフレッシュな理想の朝食を頂き、海で遊び、名残惜しくチェックアウト。世界遺産の今帰仁城跡へと向かいます。

朝の澄んだ備瀬のフクギ並木を散策


波音と暗闇に包まれて眠った翌朝、日の出よりもちょっと前に起きて、少しづつ明るくなり始めたフクギ並木を散歩します。

まだ光に夜の紺色の名残が感じられる時間帯。まだ他の観光客もおらず、フクギ並木を独り占め。フクギ並木の中に泊まらないと、こんな時間にはなかなか散歩できませんね。

早朝の備瀬のフクギ並木を散歩

カーディガン:コントワー・デ・コトニエicon
靴:outletshoes

海岸沿いに並行して走る並木道なので、ちょっと脇の小道を抜ければ海が見えます。

早朝の備瀬のフクギ並木を散歩

犬を散歩させている早起きの地元の方とすれ違ったり。

早朝の静かなフクギ並木は、昼間よりも静謐で清らかな雰囲気です。空気も澄んでいる気がする。

早朝の備瀬のフクギ並木を散歩

なんだか森の精がいそうな神聖な雰囲気が漂っています。

ちなみにbirthのウエディングにはフクギ並木のフォトツアーもあるそう。確かに誓いをあげる場所にまさにぴったりな空気ですね。



さて、陽がのぼるとともに、爽やかなすがすがしさが増してきます。備瀬の集落がだんだん目覚めはじめるころに、ヴィラへと戻りましょう。

早朝の備瀬のフクギ並木を散歩


これぞ完璧な朝ごはん―birthの朝食バスケットを頂きます


散歩に出る頃にはまだちょっと暗かったヴィラも、戻るとすっかり明るくなっていました。

沖縄備瀬Birth the suite 宿泊ブログ

朝の光の差し込む美しいBirthに、またうっとり。

さて、散歩をしてすっかりお腹がすきました。そんな中待ちに待ったバスケットが届きました!

備瀬Birth the suite 朝食バスケット

せっかくなので外で…とテラスに持ち込み、オープン。

備瀬Birth the suite 朝食バスケット

まるで絵に描いたかのように完璧な朝ごはんです。

作りたてのトロットロの卵料理に南国フルーツ。

備瀬Birth the suite 朝食バスケット

ほんのりと暖かい、もっちりとしたいちじくのベーグル。

備瀬Birth the suite 朝食バスケット

このいちじくのベーグルとクルミのクリームチーズがとっても美味しかった!ものすごく美味しかった…!

置くだけで絵になるジャー入りのサラダは、島野菜がたっぷり。

備瀬Birth the suite 朝食バスケット

前日のディナーの時も思いましたが、島野菜は味が濃くてしゃきしゃきでとてもおいしい。旅行に行くと得てして野菜不足になりがちですが、birthに泊まっている限りはそんなこととは無縁でいられそうですね。

〆はヨーグルト!

備瀬Birth the suite 朝食バスケット

体中に染み渡るようなフレッシュな朝ごはん。朝食が美味しいというのは、その旅の幸福度を確実に上げますね。ボリュームもたっぷり。

しかもそれがピクニックのように可愛いバスケットに入れられて届くんですよ。なんたる理想の休日の朝。

バスケット入りなので、ヴィラの中でもどこでも食べても大丈夫。私は前日夕日をみながら乾杯した1階のアウトドアリビングがあまりに気に入ったので、そちらで食べましたが―

沖縄備瀬Birth the suite バース宿泊記

【関連エントリー】

【Birth the suite宿泊記】インルームダイニングでフクギと波音に囲まれたサンセットアペリティフ & フレンチディナーを頂く【沖縄女子旅】 - 九州

沖縄旅行で泊まった一日一組限定の憧れのシークレットヴィラBirth the suite。夕食もこの場所でしか味わえない、とっても素敵なものでした!私たちはBirthの「インルームダイニング」という、一流シェフによる沖縄食材のフレンチのコースをヴィラ内で頂けるプランを利用。これならチェックイン後はずっとヴィラにこもって、どこにも出ずに自分たちのペースで過ごせるのです。私は本当に備瀬のフクギ並木の中に、そしてBirthに泊ま...


2階のテラスで食べても素敵だろうな。

沖縄備瀬Birth the suite 朝食

こっちはさらに爽やかな雰囲気。ちなみに手に持っているのはヴィラの鍵です。可愛い。

備瀬Birth the suite 朝食バスケット

ゆっくり時間をかけて、朝食バスケット完食!ごちそうさまでした…!


白い砂浜の備瀬湾をお散歩


さて、ご飯と幸せで満たされたお腹をこなそうと、目の前の海岸に散歩に行きます。

ヴィラの目の前の道を下ると、白い砂浜と「魚湧く海」 ともいわれる静かな美しい備瀬湾に出ます。

Birth the suite バース宿泊記

11月だとさすがに泳げないけれど、サンダルを脱いで足だけでも入ろうかな。

沖縄備瀬Birth the suite バース宿泊記

…という時のお約束で、もちろん洋服まで濡れました。洋服どころか砂浜に置いていたカメラ入りのエコバッグにまで波がかかって、危うくカメラをダメにするところでしたわ、危ない危ない。

Birth the suite バース宿泊記

服を乾かしついでに海岸線沿いを歩きましょう。

Birth the suite バース宿泊記

上にも書きましたが、並行して走るフクギ並木からこの海岸沿いに出る小道はいくつもあります。両脇に生えた木越しに小道から見える海岸の風景が、それぞれの小道によって異なっていて、そしてどれも美しく。

Birth the suite バース宿泊記

ちょっと小道を見つけてみては登ってみたりで、散歩しているとあっという間に時が経ちます。

ちなみに、海から小さな崖を神様が登ってきてそのまままっすぐとお祈りする「うたき」につながっている、神様の通り道と言われる小道があるのですが、それが実はbirthがある道なんです。

Birth the suite バース宿泊記 ブログ 備瀬のフクギ並木

そんな素晴らしいところにあるbirthでの滞在、名残惜しいですがお別れする時間が近づいてきました。

お気に入りのバズルームで足を洗って。

沖縄備瀬Birth the suite バース宿泊記

この鏡の前に立つのは本当に素敵な時間だった。また必ず戻って来たい。


宿泊したヴィラ「Birth the suite」周辺の観光


さて、最後におまけでBirth the suite周辺の観光地について。

まずはBirth周辺というかその場所ずばりというか、備瀬のフクギ並木ですね。上で書いたように散歩するだけでなく、レンタサイクルや牛車でぐるっと1周することができます。

備瀬(びせ)のフクギ並木 サイクリング

散歩で回るのとはまた違った心地よさがあり。レンタサイクルで回った様子は、以前の記事↓を参考まで。

物語の世界の入り口、備瀬のフクギ並木でサイクリング!【沖縄本部・名護・国頭エリア旅行記】 - 九州

ちょっと間が開いてしまいましたが、先月行ってきた沖縄旅行記です。沖縄北部には美ら海水族館や古宇利島など見どころがたくさんありますが、特に楽しみにしていたのがマングローブ林でのカヤックとこの備瀬(びせ)のフクギ並木です。マングローブ林が水の異世界なら、こちらは山の異世界。ここは写真を見た瞬間に行きたい!と思った、とても心を打つ情景がひろがっていました。備瀬(びせ)のフクギ並木備瀬(びせ)は沖縄の昔な...


そしてなんといっても美ら海水族館。Birthから車で5分、徒歩でも行ける距離。

美ら海水族館

【関連エントリー】

美ら海水族館に混雑をさけてお得に行くなら、道の駅許田で割引チケットを買って午前中に行くべし - 九州

沖縄旅行記だというのに、気が付けばアイキャッチ画像が見事に緑一色に。沖縄と言えば青ですよ!ということでようやく青い話題、美ら海水族館です。私はさほど魚に興味がないのと混雑が苦手なのとで、正直行く前はそこまで乗り気でもなく、でも有名だからとりあえず行ってみるかぐらいの気持ちだったのですが、行ってみたらやはりすごかった!感想は記事後半に詳しく書くとして、まずは美ら海水族館の概要とチケットをお得に買う方...


私達は両方とも前回体験したので、今回は世界遺産の今帰仁城跡に行きました。ちなみにチェックアウトの後に、birthの方に車で送っていただけました。チェックアウト後までいろいろやって頂いて…。

今帰仁城跡は、迫力ある石積みの城壁が曲線を描いてずっと続く美しいグスク跡です。

今帰仁城跡 世界遺産 備瀬の観光

美ら海水族館は那覇や沖縄中部から日帰りでも行けますが、今帰仁城跡はこっちに泊まっていないとなかなか行きづらいので、ぜひ。

アクセスは、備瀬のフクギ並木からはバスで行けます。「備瀬入口」から「今帰仁城跡入口」まで、10分ほどで到着。ただ、バス停は「今帰仁城跡入口」という名前なのに、今帰仁城跡まで実は10~15分ほど歩く。なのでちょっと余裕を持って計画を立てるべし。

今帰仁城跡

私たちは行ってからそれを知り、念のために場所を確かめにいったりしたのでもう写真を撮る間もないほど駆け足で周ることに。なので今帰仁城跡はもう一度リベンジしなければならぬ…!


さてこれにて、沖縄旅行記の夢のように美しい備瀬のフクギ並木 & Birth the suite滞在編は終了。旅程をちょっと巻き戻して、まだ書いていなかった初日の那覇編は年明けにでも。

----------------------------------
【宿泊先】
Birth the suite
住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬484
備考:1日1組限定ヴィラ
オンライン予約
----------------------------------

 
       
 
         
関連記事