旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


べアミネラルのみずみずしいツヤ系ファンデーションの比較と使い分け【CR ティンテッドジェルクリーム & CR ハイドレイティング ファンデーション スティック】



毎年選んでいる個人的なベストコスメでも、たびたび選んでいるぐらい私のベースメイクの定番となっているブランドの一つがベアミネラルです。

特にCR ティンテッドジェルクリームは、年をまたいで連続でベストコスメに入れた唯一のコスメかも。それぐらい、生肌っぽいつややかな仕上がりが気に入っているのです。

服装が厚着になる冬は、艶よりマット系の肌の方が服に合いやすいので、これはしばらく使っていませんでしたが、相変わらず好きですね。

そのCR ティンテッドジェルクリームがこの冬リニューアルに。新生CR ティンテッドジェルクリームを、昨年発売になったCR ハイドレイティングファンデーションスティックと合わせてモニターさせてもらいました。

ベアミネラル CR ティンテッドジェルクリーム

数あるベアミネラルのファンデーションの中で、この2つはどちらも、生肌っぽいナチュラルなそしてみずみずしい仕上がり。

マットではなく、そしてギラギラとパールで発光するツヤでもなく、水分を含んだ肌の様なつや肌が好きな人に向いているファンデですね。その比較と感想を交えてご紹介します。

ベアミネラル CR ティンテッド ジェル クリーム


まずは大好きなCR ティンテッド ジェル クリーム。

ベアミネラル CR ティンテッドジェルクリーム

CR ティンテッド ジェル クリームicon
SPF30・PA+++
全8色 4,000円(税抜)

下地、ファンデーション、UVケア、スキンケアまでカバーする高機能ベースメークです。

メイク感のないとても自然な仕上がり。生肌っぽいぬめり感がまるで本来の肌から潤って光っているかのように見える、艶っぽい肌になるんです。

CR ハイドレイティング ファンデーション スティック使った感想

その分カバー力は弱め。色むらをカバーする程度で、ツヤ感でいろいろなアラは目立ちにくくはなるものの、シミや濃いめの赤みなどをカバーしたい場合には向きません。

かなりナチュラルかつ水分系のツヤなので、職場によってはこれは向かないかも。お堅い仕事にはツヤ系よりセミマットの方がしっかり感があって上品ですよね。私はこのつや感好きですが、どうしても水分系のツヤはカジュアルな印象なので。

ベアミネラル CR ティンテッドジェルクリーム

リニューアルした変更点の大きなところは、以下の2つのアプローチを採用し、水系成分増量でさらにみずみずしい仕上がりになった点。

  1. "水"系の成分そのものの量をアップさせ、肌にさらなるみずみずしさを届ける

  2. 「潤いで満ちた肌印象」も目指し、「ハリ感・透明感・ツヤ」といった3要素に、ミネラルと植物の恵みで多角的にアプローチ

価格もその分ちょっと上がって、3,800円(税抜)から4,000円(税抜)に。カラーも7色から8色に増えています。

私は標準色のバター クリーム使用です。

ベアミネラル CR ティンテッドジェルクリーム使った感想

実際に使ってみると、言われてみればちょっと潤い感がアップしているかも…? といいつつ、以前の物を使っていたのがしばらく前なので使っていてあまり違いは判りませんが、もともととても好きな仕上がりだったので、これもかなり好きです。

これは特に春から夏にかけて薄着になるシーズンにぴったりな肌になるので、それまでとっておこう。使うのが楽しみ。


CR ハイドレイティングファンデーションスティック


こちらは初めて使うファンデーション。去年の夏に発売になったものです。

CR ハイドレイティングファンデーションスティック

CR ハイドレイティング ファンデーション スティックicon
SPF25 / PA+++
全8色 4,200円(税抜)

スティック状というと硬くてしっかりで厚塗り、というイメージがありますが、これはウォーターベースのリキッドファンデーションをそのままスティック状にしたかのようなみずみずしさ

ミネラル豊富な水系成分を30%以上も含んでいます。

そしてなんといっても気に入っているところは、スティック状でとにかく塗るのが早い。外出先でも塗りやすい。

CR ハイドレイティングファンデーションスティック

カバー力は上のティンテッド ジェル クリームよりあります。素肌感を損なわずに、気になるところを程よくカバー。

ベアミネラル CR ティンテッドジェルクリーム使った感想

でも意外なことに、ティンテッド ジェル クリームの方がUVカット力は高いんですね。といって、どちらも日常使いに申し分ないぐらいのSPFはあるのでそんなに差はないですが。

普通にファンデーションとして使ってもいいし、CR ティンテッドジェルクリームの上からコンシーラーとしてつかっても、同じような水感のある仕上がりなので境目に違和感なく

商品説明によると、CR ティンテッドジェルクリームを下地として、CR ハイドレイティングファンデーションスティックをファンデとして、というような重ね付けもお勧めのようですね。


流行のシリコンパフも登場


さて、どちらもみずみずしい仕上がりなので、普通のスポンジよりはこういうしみこみ過ぎないタイプのものの方が使いやすいかも。

デュアルサイド シリコン ブレンダー

デュアルサイド シリコン ブレンダーicon 1,800円(税抜)

最近シリコン系のパフが流行っていますが、CR ティンテッドジェルクリームのリニューアルに合わせて、ベアミネラルからも登場です。シリコンとスポンジの両面仕様になっています。

シリコン面は水分を吸収しないため、潤いやスキンケア成分を肌全体に均一に送り届け、つややかさあふれる仕上がりになるそう。

といいつつ、私はベルベット面で塗るのが好きです。

デュアルサイド シリコン ブレンダー

スポンジ面は軽く抑えるだけで肌へのフィット感を高め、肌表面をフラットに整え、ベルベットのようなソフトマットな仕上がりに。

シリコンは、ファンデーションによってはちょっとムラになりやすいかな? 私の使い方が悪いだけかもしれませんが。

特にスティックの方はシリコンだと塗りづらいのでベルベット面か、前からずっと愛用している同じくベアミネラルのリュクス パフォーマンス ブラシ iconを使っています。

ベルベットといっても毛足が短いので、ファンデがそんなに吸い取られてしまわず、少量でうっすら均一に塗布できます。スポンジより吸い取られないのでファンデが無駄にならない所も良い。

デュアルサイド シリコン ブレンダー


ベアミネラルのツヤ系ファンデーション比較とまとめ


ということで、ベア峰あるの中でも特に瑞々しい仕上がりのこの2つのファンデ。どちらも私好みの、生肌っぽいツヤ感のある肌に。そして厚着の時期ではなく肌を露出し始める春夏にかけて使いたくなる仕上がりになります。

「CR ハイドレイティングファンデーションスティック

CR ティンテッド ジェル クリームは一つで下地としても(上に他のファンデを重ねてOK)、ファンデとしても(下地に別の物を使ってもOK)使えて、かつこれ1本のみで使うことも可能。つまり忙しい時はこれだけザザっと塗れば完成なのでとても楽です。

一方スティックファンデは下地は要りますが、スティック状なので塗るのがとても速い。なので時短系のお手軽ファンデを探している人にはどちらもおすすめ

大きな違いはカバー力と、仕上がりの印象ですね。

ベアミネラル CR ティンテッドジェルクリーム使った感想

よりナチュラルで、リラックスした感じの印象になるCR ティンテッドジェルクリームは休日に、多少しっかり感のあるCR ハイドレイティングファンデーションスティックは平日や、外出先に持ち運ぶのに良さそうです。


ベアミネラル
CR ティンテッド ジェル クリームicon
CR ハイドレイティング ファンデーション スティックicon
デュアルサイド シリコン ブレンダーicon

※以前書いたCR ティンテッド ジェル クリームの詳細な感想はこちら↓

【使い切り感想】ここ数年のマイベストベースメイク、ベアミネラルのCR ティンテッドジェルクリーム - ベースメイク

これ大好きなんですよ。去年、そして一昨年の個人的ベストコスメにも入れたベアミネラルのベースメイク、2年連続で入れたのはこれだけ。メイクアップコスメは使い切ったら終わりで殆どリピートして使うことが少ない私がリピートしている、数少ないコスメの一つです。自然な感じのヌーディーなツヤ肌にしたい時に、真っ先に手が伸びるのがこのCR ティンテッド ジェル クリーム。これとルミナイザーは、私のツヤ肌メイクの鉄板アイテ...

 
       
 
         
関連記事

 ファンデーション,