旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


11月の沖縄旅行の気温と女子旅的写真に映える服装・ファッションについて【女性向け】


11月の沖縄旅行の女性の服装

11月に備瀬を中心とした沖縄旅行に行って来た時の、服装・ファッションについてまとめました。

沖縄といえどいくら何でも11月、ジャケットは必要でしょう… いや、でも気温的には夏、半袖いけそうだ…。でもさすがに麦わら帽子は季節外れ…?

でも冬に入りかけた都内から、いったいどんな格好をして行けばいいのか。以前冬に南国へ海外旅行に行く時の服装についての記事を書きましたが、国内でも冬に暑い場所に行く旅行はとにかく服装が悩ましいですね。

また今回は、備瀬で泊まったヴィラがもう素晴らしくおしゃれなところで(多分今まで泊まったホテルやヴィラの中でいろんな意味で一番素敵!)。コンセルジュもいて至れり尽くせりで、周りの幻想的な備瀬のフクギ並木と相まってもう夢のような場所だったので、実用一辺倒な恰好はしたくない。

そして異世界に入り込んだかのようなフクギ並木では、森の緑に映えるワンピースを着て写真を撮りたい…。という女子旅的な希望もあり。

ということで、写真に映えるという点にもこだわって着て行った服装と実際の感想を、写真多めでご紹介します。

11月の沖縄の気温


さて色々な情報を見るに、11月の沖縄のは平均気温が22.1度、雨は少なし。日中は天気によっては汗ばむときもありますが過ごしやすく、夕方は薄手の上着が必要に。海で水着で泳ぐのはちょっときつい。そんな感じのようです。

琉球茶房 あしびうなぁ

いわゆる、半袖から長袖まで対応できるよう、重ね着で脱ぎ着しやすい服装、という旅行時の定番の格好ですね。

日中は半袖でも天気によってはありかもしれない、でもさすがにノースリーブは無理か?と思いつつ、どうしても沖縄の緑に映えそうなピーチオレンジのワンピースが着たかったので持って行くことにしました。


実際の沖縄旅行中の服装・ファッション


ここからは、実際に着て行った服を、気温と予定と写真付きでご紹介。


初日:フライト


この日は那覇に付くのが夕方でほぼ観光はできないので、機内でのゆったり快適さを重視した服装に。といいつつ観光していないのでろくに服装がわかる写真がありませんが。

11月の沖縄旅行の女性の服装

パンツ:イーザッカマニアストアーズ
バッグ:ガストン・ルーガ

飛行機内はとても冷えるので、足元まである服装が必須。ということでいつもパンツかロングスカート、靴はスニーカーです。

この時は、ウエストの後ろ側がゴムで履いていて楽ちんなパンツをはいていきました。スニーカーはコンバース。

都内では、Tシャツの上にセーターとニット系の薄いコートを羽織り、機内は寒いのでそのままの格好で、那覇空港についてからセーターを脱いで写真のカーディガンをはおりました。


2日目:ノスタルジックな那覇観光&ものっすごいおしゃれなヴィラへ


2日目は基本那覇の街中を観光、しかもにぎやかなところではなくて昔のノスタルジックな風景を巡り↓
【関連エントリー】

【那覇】車なしモノレールのみでノスタルジックな那覇を観光してきました【沖縄女子旅】 - 九州・沖縄

さて、先に備瀬でのステイについて書き始めていた沖縄旅行、旅程をまきもどって到着日に1泊した那覇での観光について書いていきます。当初はレンタカーで沖縄を回るつもりだったものの、この旅行の前に足を少し痛めており、高速運転中に痛みが振り返すと危ないので、車なしで公共交通機関のみで回ることになってしまいました。しかし公共交通機関といっても、バスは本数が少なく短い滞在で使うのは難しい。となるとモノレールのみ...


しかもその後はあのものっすごくおしゃれなヴィラBirth the suiteに宿泊する、という予定だったので、黒いノースリーブワンピースに1日目と同じグレージュのカーディガンで、南国浮かれ気分は控えめにした落ち着いた格好にしました。

11月の沖縄旅行の女性の服装
ワンピース:JUNGLE JUNGLE
バッグ:My Little Box
靴:outletshoes

11月の沖縄旅行の女性の服装

琉球茶房 あしびうなぁ 冬の沖縄旅行の服装

ノースリーブにゆったりした7分袖カーディガンだと、小雨もぱらついた那覇市内ではちょっと肌寒かった時もあり。でもまぁ普通に過ごせました。

クールで荘厳なBirthのお風呂にもぴったり。

沖縄備瀬のBirth the suiteのアメニティ 琉白

Birth the suite 備瀬のヴィラ バース

【関連エントリー】

【Birth the suite宿泊記】備瀬のフクギ並木に泊まれる一日一組限定シークレットヴィラにて幻想世界に迷い込んできました【沖縄ホテル・ヴィラ】 - 九州・沖縄

写真で見かけてからどうしてもその中に入り込みたくなり、2年前に最初に訪れた沖縄備瀬のフクギ並木。異世界に迷い込んだような幻想的な並木道をサイクリングしながら、ふと小道にそれて生垣の中を覗き込んで見た一瞬で、とても目に焼き付いた建物がありました。それがこのBirth the suite。その時はホテル…?ギャラリー…?と何の建物かはわからなかったものの、ものごくおしゃれで、かつ フクギ並木の中にひっそりと溶け込む佇ま...


3日目:備瀬のフクギ並木と今帰仁城跡

 
さて、最終日3日目。幻想的な備瀬のフクギ並木の緑と、Birthの鬼格好よい入口のグレーに映える色を、ということで、もう気温抜きで選んだ完全夏向きのワンピです。

でもこの日は暑かったのでこれでちょうど良かった!

Birth the suite バース宿泊記 ブログ

早朝の備瀬のフクギ並木を散歩
カーディガン:コントワー・デ・コトニエicon
靴:outletshoes

このカーディガンもとても便利。大好きなブランスのブランドコントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)iconのものです。

リネンなので程よく涼しくかつ暖かく。前が短く後ろが長くなっているデザインで、ワンピースにもパンツにも合わせやすいので、1枚持っていると非常に着回しが効く。上質なリネンでとろみ感があって、動くとタランと揺れて写真にも映えるんです。

ちなみにワンピースは既に売り切れなので割愛。

Birth the suite バース宿泊記 ブログ バスルーム

この日は快晴で、気温も上がり。朝は上みたいにカーディガン羽織っていられましたが、昼間はもう陽ざしが照り付けるわ今帰仁城には日陰はないわで、ノースリーブ1枚でも汗だく。

今帰仁城跡 世界遺産 備瀬の観光

11月の沖縄は、晴れたらまだまだ暑くて汗かくぐらいの気温ですね。

【関連エントリー】

【沖縄旅行】備瀬のフクギ並木の早朝散歩とBirth the suiteの朝食バスケットで理想の朝を迎える【1日1組限定ヴィラ】 - 九州・沖縄

物語の中に入り込んだような備瀬のフクギ並木、その幻想的な雰囲気が味わえる一番の時間帯は、きっと早朝ではないでしょうか。ということで、備瀬のフクギ並木の中にある憧れの一日一組限定のシークレットヴィラBirth the suiteに宿泊した旅行記2日目は、備瀬に泊まった特権で早朝の備瀬のフクギ並木を夜明けとともにお散歩。そして映画に出てきそうな見るからにフレッシュな理想の朝食を頂き、海で遊び、名残惜しくチェックアウト...


そして帰りの飛行機では、チェックイン前にこの上に行きに着て行ったセーターをかぶり、足元はサンダルからスニーカーに履き替えタイツを履き。

夏のワンピースにタイツと見た目が若干(いや、だいぶ)おかしなことになっていましたが、もう帰るだけだし、写真撮らないし、夜中だからだれにも見られないしどうでもよい。


11月の沖縄に麦わら帽子はありかなしか


さて、行く前に悩んだのが麦わら帽子を持って行くかどうか。南国に行くからには、やっぱりノースリーブに麦わら帽子みたいな恰好がしたい。

麦わら帽子があると写真が映えるし、髪が多少ぐちゃぐちゃでもごまかせる。しかし11月ですよ…?しかもキャリーケースの中で結構場所とるし。

Birth the suite バース宿泊記

ということで悩んで、旅行前にInstagramのストーリーでアンケート機能ありますよね?それで帽子持って行くべきかどうかアンケートを取ったんです。

そしたら「持ってきなされ」「いらん」が2:1ぐらいの割合、そして数週間前に沖縄に行った方や、沖縄出身の方、そして現在沖縄に住んでいる方が満場一致で「もってきなされ」に投票していたので、頑張って持って行きました。

結果、曇りがちだった1・2日目は気温的にも天気的にもいらなかったのでちょっと持て余しましたが、3日目は晴れて汗だくだったし途中の今帰仁城は上にも書いたようにずっと日陰がなかいししで、麦わら帽子は大活躍でした。

そして実用面だけでなくて、やっぱり写真を撮る時に麦わら帽子があったほうが映える。

Birth the suite バース宿泊記

ビーチサンダル:crocsicon

【関連エントリー】

今期のお気に入りサンダル:crocs(クロックス)スウィフトウォーター サンダル - プチプラファッション・大人カジュアル

crocs(クロックス)の今期の新作の中で、実用とデザインと値段トータルで考えて一番!と思ったのがこれ。オールラウンドに使える優秀サンダル。スウィフトウォーター サンダル(Swiftwater Sandal) 3,980 円色は無地が全4色(内2色はWEB限定)、その他柄タイプも2種あって、私はベーシッ、...


南に行くなら、やっぱり麦わら帽子は外せないですね。

沖縄 備瀬のフクギ並木

もし迷っている人がいたら、持って行くことをお勧めします!

----------------------------------
【宿泊先】
Birth the suite
住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬484
備考:1日1組限定ヴィラ
楽天トラベルでチェックする
一休.comでチェックする
----------------------------------

 
       
 
         
関連記事