旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


大正浪漫の香り漂うレトロなお宿「寸又峡温泉 翠紅苑」に泊まってきました【静岡大井川旅行】



かなり前に行った大井川旅行記の続きです。雨で濁った 悪夢の 夢の吊り橋を見終えた後は、冷えた体を温めに温泉に入りつつ宿泊したお宿をちょっと探検。

宿泊したのは寸又峡温泉にある翠紅苑、ちょっと大正ロマンな雰囲気の漂うお宿でした。

奥大井の寸又峡温泉について


夢のつりばし 静岡旅行 寸又峡温泉 翠紅苑 泊まった感想

宿のある寸又峡温泉は静岡県の山奥にあり、南アルプスの麓から湧き出す良質な温泉。

硫化水素系・単純硫黄泉で、湯上がりの肌のつるつるすべすべとした感じが特徴なんだそう。なので別名「美女づくりの湯」といわれているのだとか。

この辺りでは、秋冬は猪、鹿、山鳥などのジビエ料理が食べられます

寸又峡温泉 翠紅苑 食事の感想

写真に映える観光地としてとても人気の「夢の吊り橋」に徒歩で行ける場所である一方で、温泉としては小規模なのか宿泊できるところは結構少なめ。寸又峡温泉の観光ガイドによると6つのみ。

その中でも特に大人の女性向けで、古さはありますがこ綺麗な旅館がこの翠紅苑でした。

夢のつりばし 静岡旅行 寸又峡温泉 翠紅苑 泊まった感想

和と洋の混ざりあった、大正浪漫な雰囲気のある、落ち着いた温泉です。価格もそんなに高くなく泊まりやすい。


大正浪漫でレトロな雰囲気漂う寸又峡温泉 翠紅苑の館内散策


さて、銀河鉄道の夜の世界にタイムスリップしたようなSLを降りてバスに乗り換え、寸又峡温泉入口で下車。ちょっと坂を下って戻ってすぐのところにこのお宿はあります。

入口には、趣と迫力ある大暖簾!

夢のつりばし 静岡旅行 寸又峡温泉 翠紅苑 泊まった感想

この暖簾は季節によって変わるんだとか。

暖簾をくぐって左手にはロビーがあります。こじんまりとしていますが、ここはレトロ好きはちょっと心躍る空間。来る前に一番楽しみにしていたところかも。

夢のつりばし 静岡旅行 寸又峡温泉 翠紅苑 泊まった感想

和と洋の入り混じった、大正時代あたりを彷彿させるロビーになっているんです。

寸又峡温泉 翠紅苑

暗い茶色の柱と、そこに走る赤い装飾が私の好みです。ステンドグラスやタイル、千代紙なんかに似ているような、時代を感じる素朴な装飾があちこちに。

夢のつりばし 静岡旅行 寸又峡温泉 翠紅苑 泊まった感想

奥の囲炉裏にはヤカンがかかっていて―。

寸又峡温泉 翠紅苑

火のついた炭を見たのは久しぶりだわ。

寸又峡温泉 翠紅苑

ピアノまで。

日本で自動演奏のピアノがつくられはじめた時代の物なんだそう。もう自動演奏は動作できないけれども、この古びた感じが素敵。

夢のつりばし 静岡旅行 寸又峡温泉 翠紅苑 泊まった感想

この和洋の入り混じったレトロな温泉宿は、お部屋も洋室と和室、両方あります。洋室のある棟は、廊下も洋館風。

寸又峡温泉 翠紅苑

階段にもちょっとしたステンドグラスがあったりします。

寸又峡温泉 翠紅苑

寸又峡温泉 翠紅苑

和室の棟の方は、廊下は一般的な温泉っぽい感じ。私たちは和室だったのですが、洋室棟の方が好みだったかも。

寸又峡温泉 翠紅苑

でも和の方にある談話室的なところはなかなか良かった。

寸又峡温泉 翠紅苑

さて、チェックインを済ませて、部屋にあったお菓子なぞ食べながら雨が止むのを待ちます。

寸又峡温泉 翠紅苑

寸又峡温泉 翠紅苑

が、まったく止む気配はないのであきらめて雨の中ゆめの吊り橋へ向かいます。それについての詳細はこちら↓の記事へ。一言で言うと雨の夢の吊り橋は、夢は夢でも悪夢への吊橋なので、おすすめはしません。

雨の日の静岡 寸又峡の夢の吊り橋はミルキーブルーの水面が見れるか?実際に行った感想と注意点【静岡大井川旅行】 - 中部・関西

大井川鐡道でめぐる、レトロでノスタルジックな静岡旅の続きです。千頭駅でアンティークな雰囲気満載のSLを降り、路線バスに乗り換え、本日泊まる寸又峡温泉の翠紅苑(すいこうえん)へ。ここはミルキーブルーの湖面で有名な夢のつり橋(吊橋)に、徒歩で行ける大正ロマンなお宿です。雨足は激しくなり、バスを降りて駆け込むようにお宿に入る。部屋でちょっと荷物を解いて、お菓子を食べながら雨の様子をさぐるも、止む気配なし。ど...

さて、吊り橋から帰ってきたら、雨で冷えた体を温めに温泉に入りましょう。

温泉に行くには、ちょっとした庭を横切り-

寸又峡温泉 翠紅苑

鯉も泳いでる。

寸又峡温泉 翠紅苑

大浴場の中は撮影禁止なので写真はありません。

アルカリ単純硫黄泉。そんなに広くはなく、また、雨で露天風呂には入れませんでしたが、でもとろみがあるというかヌルッとしたお湯は肌あたり良くて気持ち良かったです。美女づくりのお湯と呼ばれているんだとか。

アメニティはノーブランドでそんなにこだわってないので、自分でもっていったものを使った方がいいかも。

寸又峡温泉の感想  翠紅苑 


夕食にはお待ちかねのジビエ!


さて、お風呂からあがったら、お待ちかねの夕食タイム!

お食事処のくちなし亭へ。

夢のつりばし 静岡旅行 寸又峡温泉 翠紅苑 泊まった感想

奥大井の季節の食材を使ったお料理が頂けます。

寸又峡温泉 翠紅苑 食事の感想

寸又峡温泉 翠紅苑 食事

いくつかプランがあって、私たちは冬期限定のジビエ料理プラン。ジビエ好きなので、この夕食をとても楽しみにしていました。

ちなみにジビエの他にも、囲炉裏テーブルで炭火焼が食べられるコースもあり。

寸又峡温泉 翠紅苑 食事の感想

猪だったかな?鹿だったかな?肉の味がしっかり濃くて、ほのかにユズの香りもしてとても美味しい。

寸又峡温泉 翠紅苑 食事の感想

その他、川魚や自然薯、ゆずなど。

寸又峡温泉 翠紅苑 食事の感想

素朴な感じの山料理いろいろ。おいしかった。

寸又峡温泉 翠紅苑 食事の感想

寸又峡温泉 翠紅苑 食事

デザートで〆て、お腹いっぱい。

部屋に戻るとお布団が敷かれ、隅ではお茶が炊かれていました。

茶香炉

落ち着く香りに包まれてお休みなさい。明日はレトロな雰囲気が堪らない、日本唯一のアプト式電車、南アルプスあぷとラインに乗ります。

【宿泊施設情報】
寸又峡温泉 翠紅苑
静岡県榛原郡川根本町寸又峡
オンライン予約はこちらから

 
       
 
         
関連記事