旅行鞄にクリスティ

コスメ好きのトラベルライター&フォトグラファーによる、心身を癒す大人女子旅と美容の本音レポ。 忙しい日常はちょっと見て見ぬふりをして、ご褒美旅行や偏愛コスメの世界に逃避行し元気をチャージして戻ってくる、ひたすら自分に甘いブログです。


【芝パークホテル宿泊記】写真映えだけじゃない!クラシックなライブラリーホテルで本の世界に旅してきました【東京】



こんなところに、こんな素敵なホテルがあったとは…。

滞在中、何度思ったかしれないこの東京都内のど真ん中にある『芝パークホテル』、きっとこのブログを読んでくださっている方の中にも、はまる人が結構いらっしゃると思います!

クリスティ作品に出てくるような20世紀前半のイギリスのアンティークな雰囲気とか、ポワロさんの書斎とか、暖炉とか…そういうの、お好きですよね?

『芝パークホテル』は写真映えするフォトジェニックなホテルとしても最近注目を浴びているのですが、それだけでなくて本好き、クラシックな雰囲気好きの人にもぜひぜひ紹介したいホテルなんです。

私と同じく活字中毒な姉と一緒に行って、この素敵な世界にどっぷり浸って思う存分満喫してきたのでご紹介します!

芝パークホテル公式HPはこちら

実は歴史ある『芝パークホテル』


芝パークホテルのライブラリーラウンジ

都心部にありながら、伝統文化が今も根付く東京 芝。都営地下鉄三田線芝公園駅より徒歩2分、東京タワーと増上寺のすぐそばに建つ、1949年開業の老舗ホテルが『芝パークホテル』です。

私は今回泊まるまで、このホテルについてはほとんど知らなかったのだけれども、実は貿易庁の管理の下、外国貿易使節団ホテルとして開業し、運営受託人は当時の帝国ホテルの社長。歴史と伝統のあるホテルだったんですね。

2020年に「人、街、歴史をつなぐLibrary Hotel」をコンセプトにリブランド。落ち着いた居心地の良さはそのままに、書籍コレクションを備えるホテルとなりました。現在客室も段階的にリニューアル中。

芝パークホテル

後でも書きますが、私の大好きなTHANNのスパがある『パークホテル東京』とは系列が一緒みたいです。

『芝パークホテル』に来るのは初めてで、泊まる前にインスタ等をたくさんチェックして、差し色の効いたおしゃれなジュニアスイートや、あのフォトジェニックな本棚を見ていたため、ライフスタイルホテルみたいなちょっとパーッとした感じのイメージを持っていました。

実際に行ってみると、いい意味で落ち着いた雰囲気で、想像以上に高級感があって。

芝パークホテルのフロント

歴史を知って納得です。なんて素敵なところに泊まりに来たんだ…!

芝パークホテル公式HPはこちら


クラシックな館内で本の世界にどっぷりと浸る


芝パークホテルの大階段

「人、街、歴史をつなぐLibrary Hotel」であるこのホテルには、銀座 蔦屋書店のディレクションによる、約1300冊の本が所蔵されています。

ライブラリーホテルを名乗るからには、もちろん置いてある本は飾りではなく、読めますよ。


絶好の写真映えスポット!中央大階段のフォトジェニックな本棚


芝パークホテルの大階段

入口入ってすぐ目に入るのが、なんといってもこの高さ約7mの大書棚!中央大階段の吹き抜けに、天井近くまで続いています。

みんなが写真を撮っているフォトスポット。私もいろいろな角度から大量に写真を撮ってしまいました。

芝パークホテルの大階段

ちょっとホグワーツみたいな?

届く範囲にある本は手に取って読むのもOKみたい。でもここに置いてある本は館内のどこかにもう1冊あるそうで、それを探してみるものいいかも。

本が置いてある場所はここだけにあらず。他の場所も見ていきましょう。


永遠の憧れ、暖炉のある書斎的「ライブラリーラウンジ」


クリスティファンの人にぜひ見てほしいのが、1階のライブラリーラウンジ。なんと暖炉があるんです!

芝パークホテルの暖炉

茶色のクラシックで落ち着いた中に、キルティングのソファーが可愛いでしょう?

芝パークホテルのライブラリーラウンジ

BGMは真空管アンプから流れてくるんです。

芝パークホテルの真空管アンプ

すぐ隣のロビーには、宿泊者が自由に入れられるコーヒーや紅茶が置いて会って、それをもってきてゆったりくつろいで読書タイム。

芝パークホテルのラウンジの無料コーヒー

暖炉にてらされながら、本を読む…!これ絶対、クリスティ作品とか好きな人は、憧れのシチュエーションですよね。

こんな感じの書斎、欲しかった。

芝パークホテルのライブラリーラウンジ

昼間も素敵ですが、夜になると間接照明と暖炉で照らされて、すごく雰囲気が良いんですよ…?

と言いながら映している写真ほとんど暖炉消えていますね…。写真はご飯食べ終わった後で撮ろうと9時ぐらいに再度行ったら、もう火が消えてしまっていたw ほんと素敵だったんですよ。

暖炉に当たりながら本を読みたい人、写真を撮りたい人は、もうちょっと早めの時間にどうぞ。ちなみに翌日はお昼の12時ぐらいに火がともりました。

芝パークホテルのライブラリーラウンジ

さらに2階のホワイエエリアにも本がずらり。

芝パークホテルのライブラリーホワイエ

置いてある本は浮世絵から隈研吾建築、AKIRAなど、一見ばらばらに見えつつ、芝の街やホテルの歴史背景を軸に、現在、未来へと連なっていくセレクションに。

普段手に取れない大きなハードカバーの本もたくさん。

芝パークホテルのホワイエ

これだけあるとなかなか選ぶのが大変ですが、おもてなしコンシェルジュがお勧めの本をその時々で3冊ピックアップしてくれているようです。

私たちが行ったときは村上春樹の短編集『回転木馬のデッド・ヒート』がピックアップされていました。

私も姉も、一時期村上春樹にどっぷりはまって、小説からエッセイから旅行記まで読み漁っていました。どんな短編があったんだっけ…?とみてみたら、なんか日常の中でふとした瞬間に思い出すけど、どの本に入っているかわからなかった話がいくつか!この本だったんだ。また読み返してみようかな。

ちなみにアガサ・クリスティは、私が探した限りはありませんでしたw

芝パークホテルのお階段

このホテルのどのライブラリースペースにもそれぞれテーマがあるのですが、過去、現在、未来と時を超えて受け継がれていくもの、というのが共通して流れるテーマのよう。

それが、後でも書きますがこのホテルにぴったりだと思ったんです。

私はここから1冊借りて(フロントに声をかけて借りられます)、お部屋にもっていきました。


秘密の小部屋的「イングルヌック」


もう一つ素敵な読書スペースが、各階のエレベーターホールのそばにある「イングルヌック」と呼ばれる小さな部屋。「暖かく心地の良い小部屋」という意味だそう。

イングルヌック

フロアごとにテーマがあって、私がいた階はファッション、その下は旅。

アルコーブのベッドとか、屋根部屋とか、そういう秘密の小部屋的が好きな人にはたまらない空間ですね。ブランケットを持ち込んでここにこもりたくなっちゃう。この本も客室にもっていって読んでいいんだそうです。

芝パークホテルのイングルヌック

ではお待たせしました、客室へまいりましょう!

芝パークホテル公式HPはこちら


居心地よくおしゃれなジュニアスイートの客室で本に浸る


芝パークホテル ジュニアスイートの客室

今回泊まったのは、リニューアルしたばかりのジュニアスイート。寝室部分とリビング部分に分かれた、44平米のお部屋。

芝パークホテル ジュニアスイートの客室


モダンな客室


パッと目に飛び込んできたリビング部分の、色遣いの可愛さといったら…

芝パークホテル ジュニアスイートの客室

棚にはもちろん本が!

芝パークホテル ジュニアスイートの客室

お部屋ごとにテーマがあるようで、私のところはファッションだったかな?

レストラン「ザ ダイニング」の洋食ディナー

ソファーにはクッションがたくさん。

旅行の際に泊まる場所というだけでなくて、じっくり時間を過ごせる室内になっているので、本に囲まれてゴロゴロ寛きながら好きなだけ読書に没頭できます。

読書のお供の、お茶やコーヒーもたっぷり。

芝パークホテル お茶コーヒー類

芝パークホテルのお茶類

ミネラルウォーターは、プラスチックボトルではなく紙製品のハバリーズ。

芝パークホテル お茶コーヒー類

ワイングラスまで備え付けられているところがさすがジュニアスイート。

芝パークホテルのお茶類

レターセットを置いてあるボックスも、本型になっていて可愛いんです。

芝パークホテルのアメニティ

寝室はシンプルで、ヘッドボードの可愛さがスパイスに。

芝パークホテルのジュニアスイート

寝室にもカウチソファーがあり。

芝パークホテル ジュニアスイートの客室

このジュニアスイートはくつろぐ場所がありすぎて、どこでまったりしようか悩んでしまうw 家族で泊まってもよさそうだな~。TVは両方の部屋についています。

ちなみに、デラックスダブルルームもチラッと見せてもらえました。

芝パークホテルのデラックスダブルルーム

部屋の仕切りがない分、こちらは全体的に日光が回って明るいです。広々と使えるので、一人で泊まるんだったらこっちのお部屋もおすすめ。


環境に配慮したバスルーム


芝パークホテルのバスルーム

バスルームはこんな感じ。広くはありませんが、トイレは別についていて機能的。

芝パークホテル アメニティ

アメニティーはミレニアムオーガニックス ブルーレーベル。植物・ミネラル由来成分90%以上配合。

歯ブラシやかみそりなどは、原料に藁(わら)を混ぜてプラスチック使用量を減らした、環境にやさしいものになっています。

芝パークホテル アメニティ

面白い形をしたドライヤーはシャープのもの。初めて使いました。

プラズマクラスター搭載で、髪が潤う設計になっているんだそう。口が広くて、いい感じに風が当たって、あっという間に髪が乾きます。

芝パークホテル ドライヤー

ゆずの香りのバスソルト。お風呂が楽しみだ。

芝パークホテルの入浴剤 バスソルト

でもその前に夕食へまいりましょう。

芝パークホテル公式HPはこちら


同じレストランで和洋中のコースが選べる「ザ ダイニング」


今回の滞在では夕食と朝食をつけて、ホテルにチェックイン後は一歩も外に出ず、本の世界に浸っていました。

さて、夜になったので、お待ちかねのディナーの時間に。

和、洋、中のコースを選べるディナー


レストラン「ザ ダイニング」の洋食ディナー

ホテルのレストランは、「ザ ダイニング」1つ。ですがここだけで、芝パークホテルが誇る歴史ある「プリムラ(洋食)」と「北京(中国料理)」、そして「花山椒(和食)」の3種類のお料理を、その時の気分でチョイスできるんです。

これってすごいですよね、だって和食が好きな人も洋食が好きな人も、一緒にコース料理を食べれられるわけですよ。

レストラン「ザ ダイニング」

小さい子は中華がいいけど、おばあさんはあっさりした和食じゃないと…とかいう3世代旅行とかでも、誰も我慢せずに美味しいものが一緒に食べられるわけです。

こんな素敵な場所で、祖母と来たらよろこんだだろうな…と昨年亡くなってしまった祖母を思い出しちょっとほろりときましたわ。

私は洋食、姉は中華をチョイス。

レストラン「ザ ダイニング」の洋食ディナー

お重に入っているのはサラダ。ベリーコンポート添えのフォアグラソテーが絶品!

レストラン「ザ ダイニング」の洋食ディナー

春を感じさせる美味しい料理が次々と。詳しいメニューや金額は公式HPを参照ください。

レストラン「ザ ダイニング」の洋食ディナー

メインのお肉がサーブされたときに、予想外の大きなペッパーミルが出てきたのですが、びっくりしてうまく撮影できなかったわw

これは皆さん泊まってのお楽しみということで…。

レストラン「ザ ダイニング」の洋食ディナー

お食事は、ホテルで現在行われている展示とコラボしたカクテル「葉桜」と一緒に頂きました。

芝パークホテルでは、職人が紡いできた伝統(ものがたり)を季節ごとにテーマを設けて、書籍とともに日本文化を軸とした「職人ものがたり」展を開催していて、現在のテーマは【萌】。

職人ものがたり

色とりどりの裂を咲くかの如くまとった“江戸木目込人形”と、その人形に華を添えてきた “人形造花”の二つの工芸が、いたるところに展示されています。

コラボメニューは、桜の散り際と密やかな芽吹き、そんな季節の瞬間をグラスに表現した可憐なカクテル。

レストラン「ザ ダイニング」の洋食ディナー

桜味って美味しいものとダメなもの両極端に分かれがちだと思うのですが、これはとってもおいしいです。ほんのり桜の塩気が効いて、お食事ともぴったり。ぜひ一緒にどうぞ!

ディナーを食べ終わったら、またライブラリーラウンジから本を選んで、お部屋に積み上げてゴロゴロしながら好きなだけ読んで、おなかがこなれてきたら、ゆずの香りがするバスソルト入りのお風呂に入って…。

そんな感じで静かに夜は更けていくのです。


朝食はアメリカンブレックファースト


さて、翌朝。朝食です!夕食と同じ「ザ ダイニング」で、アメリカンブレックファーストを頂きます。

芝パークホテルの朝食

オレンジジュース、ベーコン、ソーセージ、温野菜、ヨーグルト、フルーツ盛合わせ…。テーブルからはみだしそうになるぐらいもりもりの朝ご飯。

卵料理はスクランブルエッグ、オムレツ、目玉焼きから選べるます。

バターが本型のボックスに入っているのがかわいい。

芝パークホテルの朝食

特に、ベーコン、ソーセージが美味しかった!はち切れそうなお腹をかかえ、ご馳走様。昨夜からもう、おなかがずっと幸せ。

そして食べ終わった後は、チェックアウトまで本に囲まれた世界を満喫しました。


いろいろな人をつないでいくクラシックなホテル


芝パークホテルのジュニアスイート

フォトジェニックでありながら、落ち着いた居心地の良さがあって。滞在中はいろいろな年齢の方が利用しているのを見ました。きっとそれぞれの世代の人がそれぞれの楽しみ方で寛げる場所なんでしょう。

今回は本好きの姉と来ましたが、滞在中は写真好きの友人、落ち着いた老舗の好きな祖母、食いしん坊な甥っ子、連れてきたい人が次々に浮かび。

過去からいろいろなものを受けつき未来へと手渡していくこのホテルは、いろいろな世代の人の心に訴えかけ、心をつないでいくホテルなんだろうな。

きっと、このブログを読まれている方ははまるに違いありません。大切な人と、ぜひどうぞ!


芝パークホテル
住所:〒105-0011 東京都港区芝公園1丁目5−10
アクセス:
 都営地下鉄三田線芝公園駅より徒歩2分
 都営地下鉄大江戸線・浅草線大門駅より徒歩4分
 JR・東京モノレール浜松町駅より徒歩8分

おまけ:大好きなTHANNのスパのある『パークホテル東京』とは姉妹ホテル


thannサンクチュアリー spa汐留 ペアルーム

最後におまけの情報。以前何度かブログで書いたことのある、大好きなTHANNのスパがある『パークホテル東京』、ちょっと名前が似ていますが、この『芝パークホテル』と経営元が一緒なんだそう。私は初めて知りました。
THANNのスパを利用した時の記事(その時は宿泊はなしでスパのみ)は、こちらを参照。

THANN サンクチュアリー SPA汐留でアロマトリートメント体験してきました@パークホテル東京 - 新商品発表会・コスメイベント

先日行ってきた汐留の高層ホテル パークホテル東京にある、1室限定の特別室「THANN CASA」。タイの高級ナチュラルホームスパコスメブランドTHANN(タン)のコンセプトルームで、THANNの世界観が五感で味わえる特別な客室になっています。そんなせっかくのリラックス空間をさらに堪能するために、何はなくとも忘れてはいけないのがスパですね! パークホテル東京に入っているスパは、もちろんTHANNのスパ「THANNサンクチュアリー」...


そちらはアートを軸にした、美術館のようなホテル。

しかもお部屋から富士山をバッグにした東京タワー、そしてその向こうに沈む夕日が見えて、私がこれまで泊まったホテルの中でも1・2を争うビュー!

パークホテル東京

どちらも素敵なホテルだったので、東京滞在の参考にぜひどうぞ。



パークホテル東京
東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー25階
都営大江戸線「汐留」駅直結

芝パークホテル
東京都港区芝公園1丁目5−10
芝公園駅より徒歩2分、大門駅より徒歩4分
 
       
 
         
関連記事