旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


【今年の母の日は宅配で】花の配送のプロの日比谷花壇から花瓶なしでそのまま飾れるカーネーションブーケ届きました


日比谷花壇 母の日 配送 そのまま飾れるブーケ

外出もままならない日々が続いていると、お花や緑が恋しくなります。私もこの週末に庭にアスターの種を撒き、またサフィニアの苗も注文したので今届くのを待っているところです。

そんな週末に日比谷花壇から届いた宅配便、箱を開けた瞬間にうわ~っと気分が明るくなりました。カーネーションの生花ブーケ。そうかそろそろ母の日か。しかもこれすごいんです、花瓶いらず水やり要らずでそのまま飾れる

コロナのせいで、今年の母の日のお花は配送で送る人が増えるのでしょうね。離れて住んでいる場合は顔を見に行ったりせず、特に親が高齢者である場合は絶対にご両親に直接会うのは避けるべきなのでしょう。

しかしお花は配送だと傷みやすくつぶれやすく、トラブルがつきもの。お花屋さんならどこでも配送可でちゃんと綺麗な状態で届くはず…と思っていると届いた時の惨状に泣きを見ます。でも老舗の「日比谷花壇」は、梱包もさすが素晴らしかった。

配送でも、貰った瞬間に気分が晴れやかになる綺麗なお花を送りたい。そんな今年の母の日に安心して贈れるブーケをご紹介します。

日比谷花壇オンラインショッピング

花瓶いらずでそのまま飾れるカーネーションブーケ


母の日といえばやっぱりカーネーションですね。家の中に閉じ込められて自然の恋しくなるこのご時世、やはり生のお花が部屋の中にあると良いものです。

しかし生のお花だと綺麗に飾れないとか、お手入れするのが大変という人もいる。届いたのは、そんな花を贈られる側の負担を一挙に解決した、可愛いブーケでした。

日比谷花壇 母の日 配送 そのまま飾れるブーケ
提供元:日比谷花壇
【日比谷花壇】母の日 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」 3,300円

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

これのまず素晴らしい点は、花瓶一体型のブーケ。花束の持ち手の部分にカップが入っていてブーケが自立するので、届いたままの状態で何もせずそのまま置いて飾れるところです。

日比谷花壇 母の日 配送 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」

つまり花瓶はいらないし、生ける作業も要らない。

しかもカップには鮮度保持剤のエコゼリーが入っているので、水やりも不要。もちろん生花なんですよ!

日比谷花壇 母の日 配送に安心

届いたそのままの状態で飾ればいいだけなんです。なので、花をきれいに生けるのが苦手な人でも、花瓶の無いお家でも、手間と負担をかけずに美しい生のお花が楽しめる。

もちろんブーケをばらして、好きなように生けなおすこともできます。

使われているお花は、ピンク系のグラデーションカラーでまとめたカーネーション。ところどころぱっと目をひく珍しい複色のカーネーションがアクセントになっています。

日比谷花壇 母の日 配送 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」

イミテーションのいちごのピックもちょこっと入っていて、とても可愛らしい。

日比谷花壇 母の日 配送 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」

ピンクでまとめられたブーケは、ポンと置くだけでその場が華やかになります。

大きさは、一般的な花束よりは小ぶりなサイズ。実際に持った写真だとわかりやすいかな?

日比谷花壇 母の日 配送 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」

ワンピース:イーザッカマニアストアーズ
腕時計:nordgreen 

高さ:約18cm 幅:約20cm 奥行き:約20cm。そんなに場所をとらないので玄関等にも置きやすい。

自立するので、同居している人はこんな風に玄関にメッセージと一緒に置いておいてサプライズなんていうのもいいかも?

日比谷花壇 母の日 配送 そのまま飾れるブーケ
写真内アイテム:天秤馬の置物icon

ちなみに、一番人気は、ピンクから白へと徐々に花色を変える可愛らしいカーネーションのバスケットだそう(画像クリックで詳細に飛びます↓)



これはお花が長く楽しめて、特に今の時期にお庭がなくて自然が恋しい人に特に喜ばれそうですね。

2位・3位は↓





王道な、外れの無いカーネーションのアレンジ。


今年の母の日は会わずに宅配で贈ろう


さて、上でも書きましたが、コロナが高齢者が重症化しやすく死亡率が高い、そして潜伏期間が長いせいで感染している人が見つけにくく、自分が感染していても気づかずに多くの人が過ごしてしまっているという特徴がある以上、高齢者に会うことは絶対に避けなければいけません。

日比谷花壇 母の日 配送 そのまま飾れるブーケ
ロングカーディガン:Happy急便

これまでは実際に会って顔を見せて喋るのが最大の親孝行というような風潮でしたが、今はどんなに親が帰って来いと言ったとしても会わないのが親孝行であり子供の義務でしょう。

イタリアで広がり始めた時に、コロナにかかっているのに気づかず親元に帰省して親にコロナをうつしてしまい親が死んでしまったなんてしゃれにならない事態が報道されていました。

ちょっと寂しいですが、同居していない場合は今年の母の日の贈り物は配送で手配するのが愛なんだと思います。


トラブルの多い生花配送は慣れたお店を選ぶべし


お花の配送

しかし、このご時世多くのお花屋さんが配送には対応していると思いますが、やはりお花屋さんならどこでも安心というものではなく。傷みやすくつぶれやすいお花の配送は、トラブルがつきもの

私は生け花をやっていることもあって知人に花好きが知られているせいか、折に触れて配送で花を送っていただくことがちょくちょくとあります。

が、箱を開けてみると花弁や葉がところどころ折れて茶色くなっていたり、アレンジが崩れていたり水がもれたような感じで届いたことが少なからずあり。残念ながらお花屋さんならどこでもお花を良い状態で届けられる梱包ができるというものではないようです。

そんな中で、以前もブログに書いたことがありますが、お花の配送の技術が素晴らしいのが日比谷花壇です。目上の方や仕事でのお花の配送の手配に選ばれているお店だけあって、しっかりした責任感ある梱包技術に安心感あり。



花のアレンジに合わせて一つ一つ梱包方法を開発して、その花の鮮度を保つ最適な方法で配送しているんだそう。生き生きとした上質な花を届けるんだという、老舗のプライドを感じるこだわりです。

今回届いたのはこんな感じでした↓

日比谷花壇 母の日 配送に安心

お花はどこかにぶつかったりつぶれたりしていると、そこから茶色く傷んでしまうもの。日比谷花壇の梱包は、こんな風にお花がどこにもぶつからず、浮いているかのような梱包に。

それと同時に、手に持つ部分はこんな感じでがっちりとホールドされてしっかり固定されているので安心です。

日比谷花壇 母の日 配送に安心

大事な人に配送で花を送る際に、覚えておきたいお花屋さん。

現在日本の情況は諸外国に比べれば死者もかなり少なく恵まれているとはいえ、日に日に増える感染者に不安は募る一方ですね。今私達一般人にできるのは医療従事者のお荷物にならないよう外出を控え、人との接触を最小限にすること。

外の自然から隔絶された家の中にカーネーションの生花が届いたら、きっとパッと気分が明るくなるはず。対面でお祝いしたり言葉を伝えたりできないのは残念ですが、今年の母の日は親を思えばこそ安全を第一に、配送で贈り会いに行くのを控える。今はそれが一番の愛情表現ですね。

日比谷花壇 母の日 配送 そのまま飾れるブーケ

ちなみに、デパート等オンラインでのショッピングが休止になっているお店もちらほらと出ていますが、日比谷花壇オンラインショッピングは営業。

日付指定配送は、これまで受けた分に関しては日付しては指定通りに、緊急事態宣言の出た4/8(水)以降の申し込みについては、5/10のみの指定はできませんが5/6~5/10の間のいずれかに届けてくれるそうです。

きっと他のショップも配送についてはこんな感じで今後の流通の情況によっては日付指定不可になる可能性もあると思うので、母の日に贈り物を考えている人は早めの申し込みが良いと思います。

【日比谷花壇】母の日 そのまま飾れるブーケ「ストロベリーピンク」
 
       
 
         
関連記事