トラベルブロガーmugiの大人女子旅ブログ「旅行鞄にクリスティ」

トラベルライター兼フォトグラファーによるラグジュアリー女子旅、ウェルネス旅行と美容の口コミレポ。 忙しい日常はちょっと見て見ぬふりをして、ご褒美旅行や偏愛コスメの世界に逃避行し元気をチャージして戻ってくる現実逃避ブログです。当ブログはプロモーションを含みます。


NY土産の定番ファットウィッチベーカリー(Fat Witch Bakery)の人気フレーバー6点セット頂きました

※当ブログはプロモーションを含みます


NY土産の定番の一つが、ブラウニー。そしてブラウニーの人気ショップと言えばチェルシー・マーケット内にある「Fat Witch Bakery(ファットウィッチベーカリー)」、頂きました。

Fat Witch Bakery(ファットウィッチベーカリー) ブラウニー 食べた感想 NY土産の定番

この魔女の絵のついたブラウニー、見たことがある人も多いのかな。

オーナーがお母さんに教わったレシピを元に作ったのが始まりで、1998年にチェルシー・マーケットにお店をオープン。2016年の京都のお店を皮切りに、いつのまにか日本でも実店舗が関西に3店舗オープンしていたようです。オンラインでの販売もあり。

いろんなセットがあって、これはNY店で人気の、Fat Witch Bakeryを代表するブラウニーが6種つまったもの。

Fat Witch Bakery(ファットウィッチベーカリー) ブラウニー 食べた感想

【公式】ファットウィッチベーカリー BASICSブラウニー6個入り

  • オリジナル
  • ブロンド: ケーキのような食感のブラウニー
  • ダブルチョコ: チョコチップ入り
  • レッド: ドライチェリー入り
  • ウォルナッツ: くるみ入り
  • スノー: くちどけのやわらかいやさしい味のブラウニー

私はウォルナッツが一番好き。日本限定のフレーバーを集めたセットなんてのもあるそう。

Fat Witch Bakery(ファットウィッチベーカリー) ブラウニー 食べた感想 NY土産の定番

食べた瞬間はサクッとしているんですが、中はしっとり濃厚。

”くずれたひとかけらでも満足できるほど濃厚なブラウニー”というキャッチコピーどおり、こぼれたくずもつい食べたくなってしまう。

Fat Witch Bakery(ファットウィッチベーカリー) ブラウニー 食べた感想

でも甘さは控えめ。濃厚なブラウニーだと、最初の1口は美味しくても食べていくうちに甘さがしつこくなるものもありますが、これはチョコ感はしっかりありつつ甘すぎないので、最後の一口まで美味しく食べられます。

甘い幸せに浸ってふと箱の底を見ると―

Fat Witch Bakery(ファットウィッチベーカリー) ブラウニー 食べた感想

魔女がthank youと言っている! アメリカのお菓子ってこういうところも可愛いです。NY、まだ行ったことがないから行ってみたいな。

当初年単位で海外渡航不可能かと思われていたコロナも実際は想定されたよりも危険度が低く過度な自粛不要で、世界の動きと統計を見るとなんだか意外と早く海外に行けるようになりそうですね。

次に行ける時を心待ちにしながら、今はお菓子で海外旅行欲を紛らわせます。ごちそうさまでした。


【公式】ファットウィッチベーカリー BASICSブラウニー6個入り

【関連エントリー】

リンドールを全種類食べ比べるという幸せ 【リンツ全20種類のフレーバー比較感想】 - 美味しい物・美味しいお店

お店の棚に並ぶ、あるいは大きなボックスに詰まった色とりどりのリンドール。できることなら全種類いっぺんにひたすら食べ比べてみたいと思ったことは、きっと誰しも一度ならず二度三度とあることでしょう。子供時代の夢の一つですね…いやもっと正直に言えば、大人になっても見るたびに思っていますね。どれを食べてもおいしいリンドールですが、中でもこれぞマイベスト、一番美味しいリンドールがあるはず。沢山のリンドールに囲...

 
       
 
         
関連記事