旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


【公式サイトで半額セール中】クスミティー(KUSMI TEA)のエクスピュア インテンス飲んでみました―大人気アディクトと飲み比べた感想


クスミティー(KUSMI TEA) エクスピュア インテンス アディクト 比較感想

これまでにも何度かブログにも載せているんですが私はパリのティーメゾン「クスミティー(KUSMI TEA)」が好きで、上の写真にもあるように家には常にクスミティの缶が大小ゴロゴロ転がっている状態。特に好きなのはアナスタシアカシミールチャイ、そしてなんといってもエクスピュア アディクト

エクスピュア アディクトはウェルネスティの内の一つで、フルーティーで香り高く、色々なものをすっきりしてくれて大好きなんです。そのアディクトと同じエクスピュアシリーズの、インテンスを初めて飲んでみたのでご紹介します。

ちなみに、商品の入れ替えがあるのかなんだかわかりませんが、現在公式サイトで半額で売っていますよ!

【クスミティ公式】エクスピュア インテンス

ロシア皇帝に愛されたパリのティメゾン クスミティ


丸い缶に、印象的な異国情緒あふれるパッケージが置くだけでとても絵になる、おしゃれなクスミティ。現在はパリのティメゾンとして名高いですが、始まりは1867年のロシアです。

クスミティー ONE モーメント ONEティー ギフトセットの飲み比べ・味の比較感想

ロシア皇帝たちに愛されながらも、ロシア革命の混乱を経てパリに拠点を移し再び花開いたという、激動の歴史ある老舗プレミアム ティーメゾン。

多彩なフレーバーが揃っていて、なかなか選ぶのが大変。もしどれを飲もうか迷ってしまったら、まずお勧めしたいのが日本人に人気の代表格、このエクスピュアシリーズ

心身の健康とバランスの取れた美しいライフスタイルをサポートするウェルネスティで、デトックス等に興味のある人に人気のようです。

  • エクスピュア オリジナル:マテ茶をベースに緑茶とレモングラスをブレンドした爽やかな味わい
  • エクスピュア アディクト:緑茶 、マテ茶 、ルイボスティーをベースにガラナとタンポポをブレンドし、グレープフルーツフレーバーをたっぷり効かせた味わい
  • エクスピュア インテンス:緑茶、マテ茶、ルイボスティーをベースに、ハーブとパイナップルの香りが心地よい味わい


エクスピュア インテンス


さて、エクスピュアシリーズの中の青い缶、インテンス。昔は「デトックス」の名前で売られていました。昔から人気なので、そちらの名前で憶えている人もいるかも。

クスミティー(KUSMI TEA) エクスピュア インテンス デトックス

エクスピュア インテンス

中身は一緒で名称だけ変更になっています。

クスミティー(KUSMI TEA) エクスピュア インテンス デトックス

茶葉は緑ですね。

マテ茶をベースに、緑茶・レモングラスを配合。口元に持って行くと、まずフワッとフルーティーな香りが鼻先に、そしてとレモングラスの、ミントのような爽やかさが口に広がります。

クスミティー(KUSMI TEA) エクスピュア インテンス アディクト 比較感想
写真内アイテム:オリーブトレイ

ちょうど大好きなエクスピュア アディクトがあったので、並べて比べてみました。茶葉の見た目はほとんど変わりません。

実際に飲み比べてみると、アディクトの方がフルーティーでほんのり甘く華やか、インテンスはすっきり。

クスミティー(KUSMI TEA) エクスピュア インテンス デトックス

フルーティー好きの私は比べたらアディクトの方が好みですが、でもどっちも美味しいです。アディクトは食事と一緒に、インテンスは仕事の合間の気分転換やスポーツの後に飲みたい感じ。

迷ったら、ウェルネスティーがミニサイズでいろいろ試せるウェルネス ティー アソートメントパックで飲み比べてみる手もあり。

でも、最初にも書きましたが、現在エクスピュア インテンスはクスミティ公式サイトでなんと半額セールになっています。なのでまずはこれを試してみるのもお得かも。

ただしサイズによっては、というか既にもうほぼ売り切れ。気になる方はお早めに。


【クスミティ公式】エクスピュア インテンス

【クスミティ関連エントリー】

【追記:50%オフセール本日まで】クスミティー & インフューザースプーンという写真映えする紅茶のギフトセット「ONE モーメントONEティー」が届きました - 美味しい物・美味しいお店

鮮やかなパッケージが印象的なパリのティーメゾン「クスミティー(KUSMI TEA)」から、素敵なギフトセットが届きました。ロシアで生まれパリで拠点再び花開いた、150年の歴史があるプレミアム ティーメゾン。そんな歴史を豊富させる異国情緒あふれるカラフルなパッケージは、一つでも可愛いですが、たくさんゴロゴロ集まっているとさらに可愛い。Instagramを見ていても、クスミティーに関してはティーカップだけでなく缶と一緒に写...

 
       
 
         
関連記事