旅行鞄にクリスティ

物語の世界へ入り込むような旅、心ときめくストーリーのある物を愛でるブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


子どものころから使っている我が家の1家に1台基本クリーム「ザーネクリーム」がリニューアル



以前もブログに書いたことがありますが、私の母親が産後肌が弱くなって何を使っても皮がむけて大変だった時に、助産師さんに教えてもらったのがザーネクリーム。

これだけはぬれる!ということでそれからうん十年たっても母はザーネクリーム一筋で、手だけでなく体も顔もこれでお手入れ。

なので私も小さなころからクリームといえばザーネ、手の皮がむけたらまずザーネ塗りなさい、ひじの内側が乾燥したらザーネ塗…とザーネクリーム原理主義的すり込みのもとで育っており。

ザーネクリーム リニュール 使ってみた感想

どんなにおしゃれで美容的観点からも素晴らしくお気に入りのハンドクリームが出てきたとしても、それはそれでおいておいて、とりあえず一家に一台家族みんなで使う基本クリームとして置いておくべきクリームはザーネクリームであります(※個人の見解による)。

気兼ねなくがしがし使えるよう大容量でドーンと家のあちこちに置いている。そんな感じなので、ザーネクリームといえば白いジャータイプの容器と思っていたのですが、こんなチューブタイプもあったのですね。

ザーネクリーム リニュール 使ってみた感想

ザーネクリームは、肌あれ・あれ性のために製薬会社のエーザイが開発した薬用クリームで、発売から65年以上たつロングセラーアイテム。

この8月1日に処方はそのままに香料を低減してよりマイルドな香りに変更、パッケージデザインも一新しリニューアルしたとのことで、モニターで頂きました。

中身は従来通り、有効成分の天然型ビタミンEと、消炎成分のグリチルリチン酸二カリウムを配合。あれた手・肌をケアし、さらに大豆由来のレシチンが肌の水分を保ち、しっとりと保ちます。

実際に使ってみると―

ザーネクリーム リニュール 使ってみた感想

言われてみれば香りが弱く、というかほぼ無臭になったかも?

あまりに使い慣れ過ぎてしまってこれまでのザーネクリームに香りが付いていることすら気が付かなくなっていましたが、言われてみれば旧バージョンはちょっと粉っぽいようなクリームっぽいような香りはあったかも、言われてみれば。

ザーネクリーム リニュール 使ってみた感想

これまでの旧バージョンになんら気になる点がなかった私としては、リニューアルで変わってしまうのがちょっと心配でしたが、優しくべたつき控えめな使い心地はそのままだったので一安心。

これからも私と我が家のお守りクリームとして君臨し続けることでしょう。


 
       
 
         
関連記事