旅行鞄にクリスティ

物語の世界へ入り込むような旅、心ときめくストーリーのある物を愛でるブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


リニューアルした「うるおい改善」美容液ONE BY KOSE セラム ヴェール使ってみました



9月1日にリニューアル発売になる美容液『ONE BY KOSEセラム ヴェールicon』を、モニターで一足お先に使わせてもらっています。

この美容液は、2017年発売以来保湿美容液としては売上№1なんだそう。

美容液を得意とするコーセーの、No1売り上げ保湿美容液


ONE BY KOSE は、KOSEの70年以上もの歴史をかさねて磨き上げられた、コーセー独自の技術力を結集した高効能ブランド。肌悩みにあわせて選べる4ラインが展開しています。

  • うるおい改善
  • 美白
  • シワ改善
  • てかり防止


これはうるおい改善のシリーズから出ている美容液です。2017年にブランドが登場した、まず一番最初のアイテムがこれだったんですよね。そこからも、この美容液にどれほど自信を持っているかがわかるというもの。

コーセーといえば、日本で初めて「美容液」を世に送り出したメーカー。美容液にかけてはお家芸ですね。その信頼度もあってか、2017年発売以来、保湿美容液としては売上No.1なんだそう。


「うるおい改善」の効能を認められた数少ない美容液


ONE BY KOSE セラム ヴェール

ONE BY KOSEセラム ヴェールicon 60ml 5,500円

さて、上でも書きましたが、この美容液は「うるおい改善」の美容液です。潤いを与える、とか潤った肌に導くスキンケアは多々ありますが、これは「改善」までできるところが大きなポイント

医薬部外品の効能として「皮膚の水分保持能の改善」という効能を謳えるスキンケアというのは、法律上の厳しい基準をクリアしなければいけないのですが、これはその基準をクリアした数少ない「うるおいを改善できる」美容液なんです。


ONE BY KOSE セラム ヴェールの特長


どうやって改善するかというと、まず肌が揺らぐ原因として、乾燥や肌あれの原因になる密度の低い「うるおいのすき間」があることに着目。

セラミドを増やしてうるおいのすき間を埋めることが必要、ということで開発されたのがこの美容液です。

特長を具体的に見ていくと―

  • 日本で唯一、肌の水分保持能を改善できる有効成分ライスパワー®No.11配合
    肌の水分保持力を改善し、潤いの隙間を埋め、しっとりハリがみちた滑らかな肌へと導きます。

  • 保湿成分を新たに配合
    今回のリニューアルでイリス根エキス・チョウジエキスを新たに配合。肌表面にうるおいのヴェールを張り巡らせます。

  • インナーブースト処方EX採用
    成分を角層最深部にまで届け、かたくなった肌をやわらかくほぐし、後から使用するスキンケアの浸透も高める、コーセーの独自処方


肌になじませた瞬間から、うるおいの効果感とともに、次に使う化粧水のうるおいも効果的に肌に届ける「薬用導入美容液」としてリニューアルしました。


使い方と感想


ということで使い方は、朝・夜の洗顔後、最初に使います。手のひらにポンプを2〜3回押した量をとり、肌にやさしくなじませる。その後化粧水を。

THANNのシャンプーEX/AWとトリートメントコンディショナー AWを使った感想
写真内アイテム:シャーレ

こんな感じで無色透明の、わずかにとろみのあるテクスチャー。

化粧水の後でなく洗顔後すぐにスルッと塗れる、粘りの無いすっとなじむ使用感。

香りはリニューアル前と変わりはないようです。爽やかなグリーンフローラルの香りとあったのですが、ほんのちょっと甘酢っぱさも感じるような気もする。いい香りです。

ONE BY KOSE セラム ヴェール 美容液使ってみた感想

ベタベタしすぎないので、この夏の顔面どろどろになる時期でも、朝使っても化粧崩れの元になったりせず、でもしっかり保湿してくれるので、デイリーに使いやすいです。

これは本当に保湿に特化していて、いかに心地よく、不快感なくしっかり保湿するか、ということを付きつめた美容液、という印象。

ONE BY KOSE セラム ヴェール
 ※クッション:Francfrancicon

なので乾燥に悩んだり、冷房環境に長時間いて(今年は特にみんなそうだと思うけど)肌に疲れが見えてきたような人に特におすすめです。

ONE BY KOSEセラム ヴェールicon

 
       
 
         
関連記事