旅行鞄にクリスティ

バッグにアガサ・クリスティをつめていく海外旅行を一番のご褒美に、日常の中で手の届く贅沢を愉しむブログです


スノーコロシアムでオーロラ鑑賞、かわいいキルナの街編【北欧オーロラ旅行記】


1月12日後半 オーロラ観賞 

宿泊したホテルは、スカンディック フェラム キルナ(スカンディックフェルム)。ベッドに机、以上!といった感じの、必要最低限のもののみある感じの簡素なホテル。コーヒーメーカーとかはない。ホテルというより誰かの家に来たような。でも清潔でかわいい感じのホテルです。

2013_0113_022913-P1130151.jpg

2013_0113_022947-P1130152.jpg


 部屋のゴミ箱は、一個のゴミ箱で3種のごみが捨てられる。
 分別やシンプルなデザインが北欧っぽい。


さて、オーロラ鑑賞に備えて着替えやホッカイロで準備し、ホテルの側にある防寒具レンタル屋さんへ。つなぎ服と厚底のブーツ、分厚い手袋に、ロシア兵のような帽子をかぶります。防寒具の下は、たしかヒートテック2枚にカットソーとセーター、下はあったかパンツにヒートテックのタイツと靴下重ね履きだったような。それにカイロもつけたかな。首にはスノボ用のネックウォーマー。手袋は前述のとおりのカメラ仕様の重ね履きで。キルナがこの旅程の中でたぶん一番寒いので、完全武装しました。

2013_0113_030920-P11301551.jpg

持っているかばんは機内持ち込み用のかばん。なんと街歩き用に持ってきた皮のパッチワークバッグ、ベトナムで買ってこの旅で初めて使ったのですが、完全な不良品で使い物にならず。側面部分で皮と皮を太目の糸(というか紐)でザクザク縫ってあるのですが、その糸が異常に滑りやすくすぐ解け、結んでも結んでもしばらくするとほどけているという。ほっておいたら鞄がパックリ綺麗に2つに分解しそう。これを持ち歩くわけにいかないので、重くて大きな機内持ち込み用のかばんを使うことに。でも大きいので分厚い手袋や三脚などをガシガシ入れられたので、結果的には便利だったかも。機内持ち込みかばんが適当なバッグじゃなくて、持ち歩いても恥ずかしくないデザインだったのが不幸中の幸い。


何台かの車に分乗し、いざオーロラ狩りへ出陣です。暗くてよく見えませんが、山の中のような森の中のような道をずっと進む。ついたと言われ降りると、目の前の空に白い天の川のようなもやが…。あれがオーロラかも、とか言ってる。かも?え?オーロラのようです。わー、白い…。とりあえず見れた…。それ以外の感想はないな。白いもやが、天の川なのか雲なのかオーロラなのか解らないときは、写真にとるといいらしい。オーロラだと肉眼では白に見えても写真なら緑に写る。

とりあえず道の左手にある、開けた明かりのない鑑賞ポイントへ向かう。真っ暗で、カメラどこ?懐中電灯どこ~!手探りで懐中電灯を探し、暗い中どうにか三脚をセットし撮影。

2013_0113_041206-P1130178.jpg

中央にうっす~らと緑の帯。目の錯覚ではありません。オーロラなんです!これが。一眼レフみたいなすばらしいカメラをお持ちの方々からは、「写った!凄い!」と黄色い歓声が上がる。しかし私のへっぽこコンデジではこんなのが限界…でもオーロラなんです

写真では緑に見えても、肉眼ではただの白いもや。動きもしない。ずっと見ていると、10分前よりは広がっていたりするけれど、カーテンのように揺らめいたりもしない。ただの白い帯。

寒くなってきたし、どうがんばってもこれ以上カメラに写らないしで、小屋みたいなところに退散。ここはサーメ人の移動住居コタとのこと。ここで食事を作ってもらう。

2013_0113_044013-P1130199.jpg

火が焚いてあって暖かい…、とここで猛烈にカメラが曇ってくる。やばいやばい!慌てて鞄にしまいます。

ザ・男の料理!という感じで作ってもらったのはトナカイ肉とポテトのシチュー。トナカイ肉は日本で食べた鹿の肉に似てるような。トナカイも鹿の一種だったけか?弾力があって噛み切りづらいけどおいしかった。そしてコーヒーはものすごい苦くて明らかに失敗していたw

2013_0113_044750-P1130205.jpg

その後スノーモービルみたいな橇みたいな乗り物に乗って、凍ったトルネ川の上につくったスノーコロシアムに行き、再度オーロラ鑑賞に挑戦。が、前よりさらに小さくなってる…。でも写真には映った。心霊写真のように。

2013_0113_055209-P1130211.jpg

スノーコロシアムは、氷の壁で丸く囲まれていて、壁には氷のベンチがついていて、そこにスノーモービルについていたトナカイか何かの毛皮を敷いて座る。が、スノーモービルについていたので、当然毛皮も凍っている。氷の上にすわるよりは全然ましなんだろうけど、お尻がつめたい。コロシアム内に焚き火もあるけど、あたってる前面だけ、しかもちょっとでも離れるとひえるのでぬるくあったかいのみ。

しばらく待ちましたが、オーロラは薄くなるばかりだし寒いしで、皆でホテルへ引き上げました。いいんだ、ここまで来てオーロラが見れなかった、ということは無くなったからいいんだ…。


1月13日 キルナ散策、ハシュタへ移動

朝起きてすぐ、姉とホテルの外に出て、周りに人がいないのを見計らい日本から持ってきたシャボン玉を取り出す。氷点下では凍ると聞いたので、100円ショップで買って持ってきていた…Oh!キャップが取れて漏れている。まぁいい、気を取り直して吹いてみる。

…普通に飛んで割れました。夜の間だったら凍ったのかな…。しょうがないので姉と二人で普通に吹いて遊ぶ。

ホテルの朝食はそこそこ種類がある。ワッフルを自分で焼ける器具があって焼いてみる。初めてだ~。ほかに、北欧名物のにしんのマリネがある。わ~いと思ってがっつりとって頂きます…マズッ!一度に取りすぎたのもあってか、お酢にやられたのか妙なすっぱさで食べることが出来ず。なんじゃこりゃ~!すっぱいものも、お酢もマリネも大好物なのですが、これはなぜか食べられませんでした。にしんのマリネは美味しいときいていたので、たまたまこのホテルのがまずかったのか、種類が悪かったのか…。でもまあその他の料理は普通に美味しかったです。

朝食を食べた後は、ひとりで外に出て、真っ白な街を散策。薄暗いですが、時計にあるとおり10時半。日曜日だからかな、お店はほとんど閉まっていて、スーパーしか開いていない。

2013_0113_170507-P1130216.jpg

とりあえずはキルナ教会へ行ってみる。こんな道まで完全に雪に覆われたところを歩くのは何年ぶりだろう。歩いていくと、少し高くなっているところに教会があった。葉の落ちた木に囲まれた教会、なんだか童話に出てきそうな雰囲気。

旅用に新たに買ったカメラの機能を試すべく(今頃?)、ドラマティックモードとやらで撮ってみたらこんなことに。魔女がいそうな家じゃない?でも教会です。

2013_0113_171707-P1130227.jpg

同じツアーらしき人達が来ていて、「中も見せてもらえますよ」と教えてくれる。では中へ。中は素朴な感じ。小さいころ教会でお習字を習っていたのですが(どんな組み合わせだw)、なんとなくそれを思い出したり、小さいころ読んだクリスマスの話を思い出したり。なぜだか懐かしい感じの教会です。

2013_0113_171205-P1130221.jpg2013_0113_171914-P1130229.jpg
2013_0113_172037-P1130230.jpg2013_0113_173745-P1130250.jpg

2013_0113_172440-P11302391.jpg2013_0113_172848-P1130242.jpg

他に行くところもなく、街中をあてもなく散策する。普通のお店がおしゃれです。こじんまりとした街だけど、とてもいい雰囲気。お店が開いてないのが残念だな。犬の散歩は橇でするのね。お国柄。

2013_0113_174209-P1130255.jpg2013_0113_174154-P1130254.jpg
2013_0113_174657-P1130260.jpg2013_0113_175245-P1130266.jpg

こちらは屋根の雪下ろし中。

2013_0113_175029-P1130264.jpg

さて、部屋に戻って、チェックアウトの準備をすませて、ホテルのレストランへ。添乗員さんが言うには本当はナルヴィークで昼食の予定だったけれど、ホテルの好意で昼食を用意してもらえたとかなんとか。テープルセットがかわいい。簡単なビュッフェ形式のもので、味は普通。でも赤いジュースがとっても美味しく(リンゴンベリー(コケモモ)ジュースかな?)何杯も飲んでしまう。これから列車に乗るのに、危険だわ。レストランの窓から見えたのは風車?

2013_0113_190253-P1130275.jpg2013_0113_194116-P1130277.jpg

トイレに行ったりして準備を整え、スーツケースをもってロビーに。ロビーはこじんまりとしていますがかわいい。

2013_0113_195049-P1130280.jpg

2013_0113_195444-P1130283.jpg

 ロビーの机にあった小人の人形。なんか北欧っぽい。


そこで欧州最北鉄道ノールランストーグのチケットをもらいキルナ駅へ移動します。
レンガ造りのかわいい駅。列車に乗り、次の宿泊地ハシュタへ向かう。

2013_0113_202222-P1130284.jpg2013_0113_202256-P1130286.jpg
2013_0113_202341-P1130288.jpg2013_0113_202421-P11302912.jpg

宿泊ホテルスカンディック フェラム キルナ


にほんブログ村 旅行ブログへ

JALチャーター直行便で行く感動のオーロラ アラスカ



 
       
 
         
関連記事

 キルナ,オーロラ,