旅行鞄にクリスティ

バッグにアガサ・クリスティをつめていく海外旅行を一番のご褒美に、日常の中の非日常・手の伸ばせる贅沢を愉しむブログです。


アンティークホテルの手動エレベーターとロウリーズ・ザ・プライムリブ編【ロサンゼルス&ラスベガス旅行】


9月17日後半 サンタモニカで買い物、ロウリーズ・ザ・プライムリブ 

帰りのバスは何も無く、無事にサンタモニカに戻ってきました。やっと海辺らしい天気。

サンタモニカ

サンタモニカプレイスのフードコートで、またしてもクレープでランチ代わりにします。屋外で食べられるので気持ちがいい。ビーチも少しは見える。

サンタモニカプレイス

さて、ホテルに戻り、しばし個人行動。ショッピングタイムです。まずはFred Segal(フレッド・シーガル)へ。

Fred Segal

うん、期待しすぎたかな。おしゃれだけど、ここで買わなくてもよいかな、という感じで。結局何も買わず、サードストリート・プロムナードのAntholoppologie(アンソロポロジー)へ。アメリカのブランドですが、わりと日本人好みのかわいいものが多くて好き。日本にお店が無いから機会があればちまちま買っています。今回もトップスを2枚購入。そしてアバクロでもカーディガンを購入。

 ⇒買ったものはロサンゼルス&ラスベガス旅行記ショッピング編

サードストリート・プロムナードサンタモニカ

またまた道にチョークで何かの宣伝。今夜7時に何があるんだ…。

買い物を終え、夕食に備えて黒いワンピースに着替える。今夜の夕食はLawry's The Prime Ribでプライムリブです。日本からOpenTableで予約しておきました。ホテルのロビーに降りて、レストランへ行くために呼んだタクシーを待つ。こじんまりとして、いい具合に古びて時代を感じます。古きよき時代のアメリカといった感じ。ちょうどこの時間は、ホテルから海に沈むサンセットが見られる。

ジョージアンホテルジョージアンホテルからの夕日

そうそう、じゃーん!

ジョージアンホテルの手動エレベーター

これがジョージアン ホテル名物?手動エレベーターです。ロビーの奥にあります。
乗るには…

ジョージアンホテルの手動エレベーター

まず右のボタンをおして待つ。と、チーンと鳴って…。

ジョージアンホテルの手動エレベーター

ガチャっと手で開けます。わかりますかね。これは内側から開けてますが、もちろん外からも開けられます。チーンと来ていないときは開けられません。いつもの調子でドアが自動で開くのを待ってると、そのまま行っちゃったりして?中は木製でなかなか年季入っています。1933年に建てられたホテルとのこと。アンティーク、ビンテージ、古びたもの、渋いもの好きとしては堪らないホテル。

ジョージアンホテルの手動エレベーター

ちなみにホテルの奥には、ホテルの歴史を示す写真が飾られていた。ここサンタモニカは古きよき時代のアメリカの面影を残すルート66の西端。これから行くラスベガスでも、ルート66で有名なセリグマンに寄った。所謂アメリカの古き良き時代のというと大体1950年代~80ぐらいまでをさすらしいので、このホテルはもっと古い時代になるけど、期せずしてこの旅は古い時代のアメリカを堪能する旅となりました。

ジョージアン ホテル

ジョージアンホテル

そんなことをしているうちにタクシーが来る。LAは広く、どこに行くにも車が必要。お金が飛んでいく~。

ロウリーズ・ザ・プライムリブ

ローリーズの店内は重厚な内装。綺麗な格好している人が多く、誕生日等の記念日らしき人たちもいた。テーブルを担当してくれた女性、スピニング・サラダといってサラダをグルグルまわしてドレッシングかけます。回した効果はわかりませんが、美味しいです。

プライムリブはテーブルの側で切って出してくれます。

ロウリーズ・ザ・プライムリブ

プライムリブ!大きさはカリフォルニアカット、女性はこれで十分だと思います。あぁ、今見てもよだれが出そう、いい具合にレアで…。プライムリブももちろんですが、柔らかいシュークリームの皮のようなヨークシャーパンプディングも美味しい。

ロウリーズ・ザ・プライムリブロウリーズ・ザ・プライムリブ
ロウリーズ・ザ・プライムリブロウリーズ・ザ・プライムリブ

デザートもつける。う~ん、満足。

お店の人にタクシーを呼んでもらってホテルへ帰る。ちなみにタクシー代は、行きは渋滞もあり51ドル、帰りは40ドル。明日はラスベガスへ移動です。

【宿泊ホテル情報】
The Georgian Hotelジョージアン ホテル
1415 Ocean Ave., Santa Monica, CA 90401
010 1 844-462-8547




にほんブログ村 旅行ブログへ
 
       
 
         
関連記事

 個人旅行,ロサンゼルス,アンティーク・ビンテージ,