旅行鞄にクリスティ

日々のあれこれを忘れ、手の届く贅沢で自分を甘やかし明日への活力を養うブログです。バッグにアガサ・クリスティを詰めて行く海外旅行が最大のご褒美。


お土産ショッピング・サピ島でシュノーケリング編【コタキナバル旅行記】


サピ島

7月7日 4日目 ショッピング、サピ島 

観光できるのは今日が最後。ですがホテルで朝ごはんを食べていると、ザーッとスコールが…。ひぇ~午前中に離島に泳ぎに行く予定が…。

パシフィックステラは、ホテルから直接離島に行けるのが非常に便利。とりあえずサピ島に行くためにステラ ハーバー リゾートのマリーナにあるシークエストで予約をするのですが、何時に止むかもわからないので予約するわけにもいかず。ホテルのマンダラスパに行こうにも10時まで開いておらず、街に行ってもお店が開いてないし、しょうがないのでホテルの部屋でダラダラすごす。たまにプールに出て雨をチェックするも、見える風景はどんより。

パシフィックステラ

少し陽が出てて止みそうに見えるのに、何時間もだらだら降り続く雨。10時になったので、午後に行く予定だった買い物に先に行くことにする。

センターポイント地下のスーパーで、買おうと思っていた食べ物系のお土産は全部買えました。cocoalandのLot100のマンゴーグミはコタキナバルのお土産に人気なようで、その時もいっぱい買ってる人がいたけど、食べてみたら個人的にはそんなに美味しくなかった。その他にすっぱいオレンジグミ(これは美味しい)、ネスカフェのホワイトコーヒーの3 in 1、BOHティーにサバティー。どっさりと買い込む。

P7290492_convert_20140729114058.jpg

スーパー以外はあまり見たいお店もなく、この時間に開いているお店ということで歩いて5分ほどのカダイクに行ってみる。外に出ると晴れてる!暑い~。カダイクに向かうまでの道すがら、よく見なかったけれど、目の端にちらっとブルーシートの立ち並ぶ屋台村のような場所が映ったような。ちょうど旅行の時期が断食月に重なって、食事のできる夕方に備えて屋台が立ち並ぶラマダンバザールが見られるとのことで楽しみにしていたのですが、そう言えば見れなかったなと思っていた。が、今から考えるともしや、あれはラマダンバザールだったのでは…。見逃した!あ~。

カダイクは、サバ州政府観光局直営のお土産屋さん。サバ州で生産したものだけを集めている。かごバッグがかわいかったのですが、欲しいサイズがなく。マレーシアのお土産で、バティックにつつまれたなまこ石鹸がよくあるけれど、化粧品でアレルギーを起こしたことがあるから、こういう珍しいものは怖くて買えない。お土産にいいかもとも思ったけど、友達も肌を気にしてるからな…、止めておくほうが無難か。このお店は他のお店と比べてもわりとおしゃれな小物があったけれど、籠バッグの他にはいまいち好みに合うものがなく。バッグやバティックの雑貨を買おうと思っていたのに、時間的にもう買う機会ないな、あとはホテルの売店ぐらいかな…ととぼとぼホテルに戻る。

 ⇒買ったもの詳細はコタキナバル ショッピングお土産編参照

 《ショップ》
 カダイク(Kadaiku)
 Lot 5, Ground Floor L, Sinsuran Complex, 88000 Kota Kinabalu, Sabah
 定休日:日曜

なお、カダイクの住所は↑であっているのですが、これをグーグルマップでみると実際にお店のある場所と違う場所が表示される。実際にあるのは、そこから北西に斜め向かいのこのあたり↓。


ランチは、再びホテルのレストラン「シルクガーデン」で飲茶。初日に食べられなかったので、リベンジです。一人RM55。美味しいです。飲茶好きなので満足。食べた後はそのままマリーナの方へ歩いていき、シークエストで13:30発サピ島行きの船を予約する。そして部屋に戻って、急いで水着に着替えて準備する。

 ⇒離島への船の詳細はコタキナバル旅行記 ホテル編参照

パシフィックステラ シルクガーデンの飲茶

時間になって出発です。もんのすごい飛ばします。揺れが凄い。横揺れでなく縦揺れ。勢いよく波を乗り越えるので、何回か宙に浮いた気がします。ジェットコースターで降りるときのフワッとした感触が苦手な人は乗れないかも。私は結構好きです。
あんまり揺れたので思わず動画をとる↓



20140707_381_convert_20140729041650.jpg 20140707_394_convert_20140729041708.jpg

この桟橋を通って島に上陸。シークエストの係りの人が島内を案内してくれる。シャワーや売店の場所を教えてくれ、「トカゲ見たい?」と。トカゲだけ日本語だった。みんな見たがるのかなwレストラン近くの山肌にある柵のところに大トカゲがいた。柵の外のレストラン側に出てきているやつもいる。結構近くまで寄れ、触ろうと思えば触れそうですが、触ると危ない。そして匂いが結構凄いwので、早々に退散する。

20140707_403_convert_20140729041717.jpg

さ~、借りたシュノーケルセットをつけて、いざ泳ぐぞ~!水は、午前の雨のせいもあってか少し濁っていますが、魚はいっぱい居る。そして思ったより大きい…色も白~灰の、観賞用ではなく食用っぽい色でちょっと怖いw でも、1箇所ウニウニとしたイソギンチャクの居るところがあって、ニモがいた。姉と交代で海に入りながら、砂浜で寝転んで読書。今度は、日本の明治時代の話ではなくwアガサ・クリスティの「白昼の悪魔」。島のリゾートが舞台の殺人事件の話で、まぁなんてぴったりwアガサ・クリスティは昔から大好きで、旅行物が多いので旅行時にはいつもかならず何冊かつれていきます。

⇒『白昼の悪魔 』読書感想はこちら:ビーチリゾートに持っていくミステリー 『白昼の悪魔』(アガサ・クリスティ)

せっかく北欧旅行用に買った-10℃まで耐えたれる防水カメラOLYMPUS TG-620を試してみようと思ったのに、魚があまりに食用の色していたのでw撮るのを忘れてしまった。じりじりと暑く、海日和で気持ちいい。雨が降った時はどうなるかと思ったけれど、来れてよかった。

と、海から上がった姉が「刺された!」と近寄ってくる。腕に小さな斑点がぽつぽつぽつぽつ。クラゲかと思いましたが、後で空港への送迎ガイドさんに聞いたところ、クラゲに刺されるとひどい人は死ぬというので、これはクラゲではなく魚に噛まれたのかな?でも実際くらげは出るようです。姉はたいして痛くも無いようで、そのまま泳いでいました。

20140707_415_convert_20140729041727.jpg

島から帰る最終便は5時で、4時前には結構な人が帰り支度をしていた。帰りの船も1時間に1本。私達も4時の船で帰ります。帰りはそんなに揺れることもなく。風がとっても気持ちいい。これでコタキナバルともお別れ、旅行も終わりだな~と、明日帰れないことも知らずのんきに思っていた。

夕食はスリムラカに食べに行こうかと思ったけれど、ホテルにもどってシャワーを浴びたりしたら疲れてしまったので、ホテルですますことにします。今度は、マリーナにあるレストランMarina Cafeへ。しかし席に座ると、oh!ハエが…。ちょっと無言になりながらも、チキンライスとナシゴレンを頼む。味は正直微妙です。チキンライスはシンガポールのと比べてしまうので、お肉がぱさぱさで残念だった。でもメニューに大好きなブレッドプディングがあり、そっちは結構な量あって美味しかったのでまあよしとしよう。

最後のディナーは微妙だったけど、海は楽しかったし、明日はゆっくり朝食を食べて帰るだけ…のはずだった。

ステラ ハーバー リゾート




海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
 
       
 
         
関連記事

 ボルネオ島,お土産,海・ビーチ,飲茶,パリ,旅行ショッピング,